大規模レポートの作成

AdSense Host API のレポートは、デフォルトでは最長で 10 万行に制限されています。レポートの行数がこの制限に近い場合やデータ処理の際にパフォーマンスの問題が発生する場合は、ここで紹介するヒントを参考にしてください。

レポートのサイズを縮小する

レポートのサイズを縮小する場合、まずはレポートに含まれているディメンションの数を減らすことを検討します。行数はディメンションの数に比例して増加するため、必要なディメンションのみを使用するようにします。

レポートを分割する

レポートは、非常に正確なデータが必要となる部分と、それほど詳細なデータが必要ない部分に分けられる場合があります。たとえば、前月については非常に正確な詳細データ(1 日ごとの国別、チャネル別の収益)が必要ですが、それよりも前の月については国別のデータのみが必要であるとします。この場合、前月については複雑なレポートを作成し、それ以前については簡単なレポートを作成するようにします。

CSV 形式に変更して JSON 解析が実行されないようにする

AdSense Management API では、通常の JSON 形式ではなく CSV 形式でレポートを受け取ることができます。この場合、リクエストに alt パラメータを追加して「CSV」に設定します。

例:

DATE,CLICKS
2014-01-01,2
2014-01-02,1
2014-01-03,4
2014-01-04,1
2014-01-05,1

制限を引き上げる

レポート内のすべてのデータが必要な場合は、10 万行の制限を引き上げることができます。リクエストに alt パラメータを追加して「media」に設定すると、制限が約 100 万行に引き上げられます。レポート サーバーでは条件によっては 200 万行まで処理できるため、この値は概算値です。

レポートの結果は gzip 形式で圧縮された CSV ファイルで返されます。このため、ファイルを解凍すると前のセクションと同じ形式になります。

次のステップ

フィードバックを送信...