Google アナリティクスと統合する

Google アナリティクスはユーザーによるウェブサイトの利用状況を把握できるツールです。アクセス経路、滞在時間、閲覧ページなどの情報を確認できます。

AdWords の目的はウェブサイトにユーザーを誘導することですが、サイトにアクセスしたユーザーの行動は Google アナリティクスで分析できます。これら 2 つのツールを組み合わせることで、クリックやコンバージョンにつながりやすい広告などを確認し、キャンペーンを改善して成果の高い広告にリソースを集中できます。

設定方法

設定作業ではアナリティクス アカウントと AdWords アカウントをリンクし、自動タグ設定を有効にします。

Google アナリティクスと AdWords をリンクする

Google アナリティクス アカウントと AdWords アカウントで同じログイン情報を使用している場合、それら 2 つはすでにリンクされています。それ以外の場合は、こちらの手順により手動でリンクする必要があります。

この設定は最初に 1 回だけやれば十分ですが、API ではできないので、AdWords 管理画面にログインしてアカウントをリンクする必要があります。

リンクは双方向なので AdWords アカウントでアナリティクスのデータを取得するだけでなく、Google アナリティクス アカウントで AdWords のデータにアクセスすることもできます。

自動タグ設定を有効にする

自動タグ設定はアカウントのすべての広告とキャンペーンに適用されるアカウント単位の機能です。これを有効にすると、URL にトラッキング情報が追加されるので、どの広告をクリックしてランディング ページにアクセスしたのか特定できます。Google アナリティクスではこの情報を基に、ランディング ページへのアクセスとそのアクセスにつながった広告の関係を把握できます。

Google アナリティクスと AdWords アカウントを連携する場合は、自動タグ設定を有効にすることが重要です。そのためには CustomerServiceCustomer クラスのブール値を true に設定します。自動タグ設定は AdWords 管理画面で有効にできます。

レポート

AdWords アカウントと Google アナリティクス アカウントをリンクし、AdWords の管理画面を通じてアナリティクスのデータを AdWords のレポートに読み込むと、AdWords のレポートにアナリティクスの表示項目が追加されます。そうした表示項目には、広告をクリックしたユーザーのウェブサイトでの行動に関するデータが表示されます。データはランディング ページだけでなく、サイト全体を対象にしたものです。AdWords API で利用できるアナリティクスの 4 つの表示項目は次の表で確認してください。

説明
BounceRate 広告をクリックしてサイトにアクセスしたユーザーが、何もせずにそのまま離脱した割合。
AverageTimeOnSite 広告をクリックしたユーザーがサイトに滞在した平均時間。
AveragePageViews 広告をクリックしてサイトにアクセスしたユーザーが閲覧した平均ページ数。
PercentNewVisitors 広告をクリックしたユーザーの中で、過去にサイトにアクセスしたことのない人の割合(推定)。

API ではアナリティクスのすべてのレポートタイプを利用できます。アナリティクスの表示項目はそうしたレポートに表示されるので、アカウント内の目的のレベルでデータを分割表示することができます。表示項目にデータが適切に表示されるようにするには、Google アナリティクスのデータを AdWords のレポートに追加する設定手順をご覧ください。

Analytics API

AdWords アカウントと Google アナリティクス アカウントをリンクすると、AdWords でアナリティクスの基本的なデータを確認できますが、Google Analytics API を使って AdWords のデータを取得することもできます。

Google Analytics API の利用登録をすると、Core Reporting API を使って AdWords のデータを取得するクエリを実行できます。CampaignIDAdGroupIDCriterionID といったフィールドを取得し、Google アナリティクスのデータと AdWords 側のソースを対応付けることができます。そうしたリクエストの設定や発行の方法については、AdWords の統合に関する Google アナリティクスの記事をご覧ください。また、Google Analytics API で利用できる AdWords のディメンションのリストも合わせてご覧ください。

リマーケティング

AdWords API を使ったリマーケティングは、Google アナリティクス アカウントや AdWords アカウントで設定したリマーケティングからは独立して機能します。リマーケティング リストは共有できず、各メソッドには専用のレポートがあります。アナリティクスや AdWords のリマーケティングの詳細については、次の記事をご覧ください。

関連情報

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。