単価設定

AdWords では、ビジネスで重視する内容に応じて広告の入札方法を選ぶことができます。

AdWords API では、入札に関わるすべてのパラメータを次のいずれかまたは両方を使って管理します。

どちらのオブジェクトでも biddingStrategyType フィールドか biddingScheme フィールド、またはその両方を使用して入札方法を指定できます。biddingScheme フィールドでは指定した入札方法に合わせてパラメータを追加できます。フィールドを 2 つとも使用する場合は入札方法を合わせる必要があります。

戦略のタイプ

下の表の「有効なコンテキスト」列は、特定の BiddingStrategyType とそれに関連する BiddingScheme タイプが、上記のどのコンテキストで使用できるのかを表します。

  • 標準入札戦略と BiddingStrategyConfiguration オブジェクト。
  • ポートフォリオ入札戦略と SharedBiddingStrategy オブジェクト。
BiddingStrategyType BiddingScheme 名前 有効なコンテキスト
BUDGET_OPTIMIZER

サポート終了TARGET_SPEND をお使いください。

BudgetOptimizerBiddingScheme 予算オプティマイザー 標準
CONVERSION_OPTIMIZER

サポート終了TARGET_CPA をお使いください。

ConversionOptimizerBiddingScheme コンバージョンを重視 - コンバージョン単価を使用 標準
ENHANCED_CPC EnhancedCpcBiddingScheme 拡張 CPC ポートフォリオ
MANUAL_CPC ManualCpcBiddingScheme クリックを重視 - 上限クリック単価を使用 標準
MANUAL_CPM ManualCpmBiddingScheme インプレッション重視 標準
PAGE_ONE_PROMOTED PageOnePromotedBiddingScheme 検索ページの目標掲載位置 ポートフォリオ
TARGET_CPA TargetCpaBiddingScheme 目標コンバージョン単価 - 利用条件あり ポートフォリオ
標準
TARGET_OUTRANK_SHARE TargetOutrankShareBiddingScheme 目標優位表示シェア ポートフォリオ
TARGET_ROAS TargetRoasBiddingScheme 目標広告費用対効果 - 利用条件あり ポートフォリオ
TARGET_SPEND TargetSpendBiddingScheme クリック数の最大化 ポートフォリオ
標準

BiddingStrategyType または BiddingScheme を不適切なコンテキストで使用するとエラーになります。

  • ポートフォリオ向けの入札方法を標準入札戦略のコンテキストで使用すると、INVALID_ANONYMOUS_BIDDING_STRATEGY_TYPE という理由で BiddingErrors エラーになります。
  • 標準向けの入札方法をポートフォリオ入札戦略のコンテキストで使用すると、BIDDING_STRATEGY_NOT_SUPPORTED という理由で BiddingErrors エラーになります。

入札単価を設定する

入札単価は広告グループ単位かグループ条件単位で設定できます。優先順位はグループ条件に設定された入札単価、広告グループの入札単価の順になります。

1 つの入札戦略で同時に複数の入札方法を使用し、複数の単価を設定することができますが(CpcBidCpmBid など)、選択した biddingStrategyType に一致する入札単価だけが使用されます。

レポートでも現在有効な入札単価のみが返されます。別の入札方法に切り替えると、それに対応する入札単価が使用されます。

次のコードサンプルは mutate オペレーションを呼び出し、広告グループ単位でクリック単価を追加します。

// Create ad group bid.
BiddingStrategyConfiguration biddingStrategyConfiguration =
    new BiddingStrategyConfiguration();
CpcBid bid = new CpcBid();
bid.setBid(new Money(null, 10000000L));

// You can optionally provide this field.
bid.setContentBid(new Money(null, 20000000L));

biddingStrategyConfiguration.setBids(new Bids[] {bid});
adGroup.setBiddingStrategyConfiguration(biddingStrategyConfiguration);

// Create operation.
AdGroupOperation operation = new AdGroupOperation();
operation.setOperand(adGroup);
operation.setOperator(Operator.SET);
AdGroupOperation[] operations = new AdGroupOperation[] {operation};

// Update ad group.
AdGroupReturnValue result = adGroupService.mutate(operations);

入札単価を削除する

BiddingStrategyConfiguration から入札単価を削除するには、bid フィールドを Money オブジェクトに変更して、microAmount0 に設定します。

入札戦略の変更

入札戦略を変更するには、対応するサービスへの mutate() 呼び出しを実行し、新しい戦略フィールドを指定します。次の例では別の biddingScheme を設定することで、キャンペーンの入札方法を変更しています。

// Create a new local Campaign object.
Campaign campaign = new Campaign();
campaign.setId(campaignId);

// Create a new biddingStrategyConfiguration.
BiddingStrategyConfiguration biddingStrategyConfiguration =
    new BiddingStrategyConfiguration();

// You can specify either type or scheme, or both.
biddingStrategyConfiguration.setBiddingScheme(new ManualCpcBiddingScheme());
campaign.setBiddingStrategyConfiguration(biddingStrategyConfiguration);

// Create SET operation.
CampaignOperation operation = new CampaignOperation();
operation.setOperand(campaign);
operation.setOperator(Operator.SET);
CampaignOperation[] operations = new CampaignOperation[] {operation};

// Update the campaign.
CampaignReturnValue result = campaignService.mutate(operations);

ポートフォリオ入札戦略

ポートフォリオ入札戦略はキャンペーン、広告グループ、またはキーワードの単位で使用できます。

SharedBiddingStrategy を作成してパラメータを設定するには BiddingStrategyService を使用します。たとえば既存のポートフォリオ入札戦略をキャンペーンで使用する場合は、その戦略の ID を設定してキャンペーンの biddingStrategyConfiguration を更新します。

BiddingStrategyConfiguration biddingStrategyConfiguration = new BiddingStrategyConfiguration();
biddingStrategyConfiguration.setBiddingStrategyId(strategyId);

campaign.setBiddingStrategyConfiguration(biddingStrategyConfiguration);

コンテンツ ネットワークの条件項目

コンテンツ ネットワークに掲載されている広告には、広告グループの入札単価を設定することの できるさまざまな詳細項目があります。異なる項目に複数の単価が設定されている場合は、contentBidCriterionTypeGroup フィールドを使用して絶対単価に使用する項目を指定できます。検索ネットワーク上の広告には、 常にキーワードの入札単価が適用されます。

絶対単価が指定された項目に 含まれない条件がある場合には、入札単価調整で設定することもできます。設定には BiddableAdGroupCriterionbidModifier フィールドを使用してください。

単価調整比

キャンペーンや広告グループの単位で入札単価調整を行うと、AdWords キャンペーンの入札単価をきめ細かく管理でき、特定の条件に合わせて入札単価を調整できます。

AdWords API ではキャンペーン単位の調整は CampaignCriterionService、広告グループ単位の調整は AdGroupBidModifierService を使って行います。

入札単価調整値を取得する

既存の入札単価調整値を取得するには、CampaignCriterionService または AdGroupBidModifierServiceget() メソッドか query() メソッドを使用します。他のサービスと同様、get() メソッドで汎用セレクタを利用できるため、応答フィールドの選択や結果セットへのフィルタ適用が可能です。

次のコードでは、すべてのキャンペーンを対象に既存のキャンペーン単位のプラットフォーム条件(最初の 10 件)を取得できます。

// Get the CampaignCriterionService.
CampaignCriterionServiceInterface campaignCriterionService =
    adWordsServices.get(session, CampaignCriterionServiceInterface.class);

// Create a selector that limits to the first 10 platform criteria found.
Selector selector =
    new SelectorBuilder()
        .fields(
            CampaignCriterionField.CampaignId,
            CampaignCriterionField.Id,
            CampaignCriterionField.CriteriaType,
            CampaignCriterionField.BidModifier)
        .equals(CampaignCriterionField.CriteriaType, "PLATFORM")
        .equals(CampaignCriterionField.IsNegative, "false")
        .limit(10)
        .build();

// Make a 'get' request.
CampaignCriterionPage campaignCriterionPage = campaignCriterionService.get(selector);

// Display the results.
if (campaignCriterionPage.getEntries() != null) {
  for (CampaignCriterion campaignCriterion : campaignCriterionPage.getEntries()) {
    String value =
        campaignCriterion.getBidModifier() == null
            ? "unset"
            : String.format("%.2f", campaignCriterion.getBidModifier());
    System.out.printf(
        "Campaign ID %d, criterion ID %d has campaign level bid modifier %s.%n",
        campaignCriterion.getCampaignId(), campaignCriterion.getCriterion().getId(), value);
  }
} else {
  System.out.println("No campaign criteria found.");
}

入札単価調整の追加、更新、削除

入札単価調整を追加または修正するには、CampaignCriterionService または AdGroupBidModifierServicemutate() メソッドを使用します。

  • 新しい単価調整比を追加するには ADD 演算子を使用します。
  • 既存の入札単価の上書きを新しい値に変更するには SET 演算子を使用します。
  • 単価調整比の上書きを削除するには REMOVE 演算子を使用します。

次の例ではキャンペーン単位のモバイルの入札単価調整を追加します。

// Get the CampaignCriterionService.
CampaignCriterionServiceInterface campaignCriterionService =
    adWordsServices.get(session, CampaignCriterionServiceInterface.class);

// Create mobile platform. The ID can be found in the documentation.
// https://developers.google.com/adwords/api/docs/appendix/platforms
Platform mobile = new Platform();
mobile.setId(30001L);

// Create criterion with modified bid.
CampaignCriterion campaignCriterion = new CampaignCriterion();
campaignCriterion.setCampaignId(campaignId);
campaignCriterion.setCriterion(mobile);
campaignCriterion.setBidModifier(BID_MODIFIER);

// Create SET operation.
CampaignCriterionOperation operation = new CampaignCriterionOperation();
operation.setOperand(campaignCriterion);
operation.setOperator(Operator.SET);

// Update campaign criterion.
CampaignCriterionReturnValue result =
    campaignCriterionService.mutate(new CampaignCriterionOperation[] {operation});
for (CampaignCriterion campaignCriterionResult : result.getValue()) {
  System.out.printf("Campaign criterion with campaign ID %d, criterion ID %d, "
      + "and type '%s' was modified with bid %.4f.%n",
      campaignCriterionResult.getCampaignId(),
      campaignCriterionResult.getCriterion().getId(),
      campaignCriterionResult.getCriterion().getType(),
      campaignCriterionResult.getBidModifier());
}

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。