並行トラッキングについてのよくある質問

リダイレクト時に URL に静的パラメータを追加します。どのような選択肢がありますか?
ランディング ページにリダイレクトしている間に静的パラメータを追加している場合は、Google 広告の finalUrl または finalUrlSuffix フィールドに入力します。ブラウザにランディング ページが直接読み込まれる場合は、並行トラッキングが有効になると、ランディング ページにパラメータが自動的に送信されます。
リダイレクト時に URL に動的パラメータを追加します。どのような選択肢がありますか?

動的パラメータが一意のクリック ID の場合は、自動タグ設定を有効にするか、{gclid} パラメータを使って URL に Google クリック ID を追加することをおすすめします。この値を使用すると異なるデータセットが結合され、クリックが測定できるようになります。それ以外にも、AdWords API を使用して Google 広告のクリック パフォーマンス レポートから属性を取得して結合することもできます。詳しくは、クリックごとの ID に関するセクションをご覧ください。

ランディング ページ パラメータのセクションで説明しているように、他の動的パラメータはサポートされていません。その場合は、静的パラメータの使用に切り替える必要があります。

リダイレクト時にファーストパーティの Cookie を設定しました。どのような選択肢がありますか?

並行トラッキングでは、Cookie はサードパーティのコンテキストでメインのブラウザの jar に書き込まれます。他の方法はありません。

Google 広告アカウントで更新する内容をクライアントが知っている場合はありますか?

ほとんどありません。クライアントの Google 広告アカウントへのアクセス権がある場合は、許可を得てクライアントに代わって URL の変更を行うことをおすすめします。これが不可能な場合は、最終ページ URL、トラッキング URL、最終ページ URL のサフィックスの各フィールドの変更内容をクライアントに詳細に説明する必要があります。

Google 広告で URL を追加または編集すると、広告は一時停止され、再審査されますか?

グループ単位(アカウント、キャンペーン、広告グループ)で変更を行う場合、現在の広告は引き続き配信されますが、再審査プロセスも並行して始まります。広告が再審査で不承認にならない限り、それ以上の変更などの対応は必要ありません。広告自体を編集すると、再審査が完了するまで広告配信が一時停止されます。ほとんどの場合、再審査は 2 時間以内に完了しますが、最大 24 時間かかることがあります。詳しくは、こちらのヘルプセンターの記事をご覧ください。

一度にすべてのアカウントを移行する必要がありますか?

この変更は多くのアカウントに影響する可能性があるため、移行中は通常の再審査件数を上回ると予想されます。多数のアカウントを一括で移行すると広告審査が未処理として記録される恐れがあるため、数週間かけて段階的に移行することをおすすめします。

HTTPS を使用するようにすべてのトラッキング テンプレート URL を更新する必要がありますか?

クライアントのアカウントへのアクセスを許可されている場合は、クライアントに代わって更新することをおすすめします。HTTPS が入力されていない場合は、移行がスムーズに行われるように、Google 広告により最初のトラッキング コールが常に HTTPS に書き換えられます。これにより、トラッキング テンプレートの URL を HTTPS に更新しなくても、並行トラッキングが確実に機能します。詳しくは、リダイレクトのセクションをご覧ください。

最終ページ URL フィールドで HTTPS を使用する必要がありますか?

いいえ。最終ページ URL は、HTTP または HTTPS のいずれでもかまいません。ただし、より安全なユーザー エクスペリエンスを提供するため、すべての広告主様に HTTPS の使用をおすすめします。

広告主のランディング ページの参照 URL は何ですか?

ランディング ページは、サーバー側のリダイレクトを発行するトラッカー経由で広告のクリックがルーティングされている場合でも、google.com(または google.co.jp などの国固有のドメイン)を参照 URL としています。これは、並行トラッキングの場合にも引き続き当てはまります。

ページベースのリダイレクト(サーバー側のリダイレクトとは対照的に JavaScript など)を使用している場合、ランディング ページはドメインを参照 URL としています。並行トラッキングはコンテンツの実行をサポートしていないため、JavaScript リダイレクトのようなページ上のメソッドを使用するリダイレクトの仕組みは、並行トラッキングでは機能しません。サーバーベースのリダイレクトをサポートするには、お客様側で変更を加える必要があります。詳しくは、リダイレクトのセクションをご覧ください。

並行トラッキングはランディング ページのサイト分析とコンバージョン トラッキングのタグに影響を及ぼしますか?

URL パラメータにタグを設定する場合や、アナリティクス プロバイダが特定の URL パラメータ(Google アナリティクスで使用される utm_ パラメータなど)を取得する場合は、Google 広告のトラッキング テンプレート フィールド、最終ページ URL フィールドまたは最終ページ URL のサフィックス フィールドにそれらのパラメータを入力して、継続的にパラメータがランディング ページに送信されるようにする必要があります。これは、URL パラメータを処理するページのどのスクリプトにも当てはまります。

すべての Google 広告のクリックに対して並行トラッキングが機能しますか?

現時点では機能しない場合があります。現在のところ、並行トラッキングは Android の Chrome からの検索広告とショッピング広告のクリックに対してのみ使用できます。今後数か月以内に、より多くのキャンペーン タイプとブラウザが利用可能になり、オプトインしたアカウントでは自動的に有効になります。

サポートされているキャンペーン タイプやブラウザからのクリックに対してのみ最終ページ URL のサフィックスが適用されますか?

いいえ。最終ページ URL のサフィックス フィールドは、並行トラッキングとは関係なくすべての広告クリックに適用されます。

最終ページ URL のサフィックス フィールドに値を入力しても URL の再構成は適用されますか?

はい。トラッキング テンプレート フィールドと最終ページ URL のサフィックス フィールドに正しいエンコード方法に沿って入力されたパラメータは、両方ともランディング ページに送信されます。

並行トラッキングが必須になるのはいつですか?

2018 年 10 月 30 日以降、すべての Google 広告アカウントで並行トラッキングが必要となります。

トラッキング テンプレートにすでにランディング ページのパラメータが設定されています。それらを最終ページ URL のサフィックスのフィールドに移動する必要がありますか?

すべてのランディング ページのパラメータを、最終ページ URL のサフィックスのフィールドに入力することをおすすめします。そうしない場合は、URL 再構成機能によってトラッキング テンプレートのパラメータが解析され、エンコード ルールが正しく使用されている場合はランディング ページに送信されます。いずれの場合も、いずれかのフィールドにのみランディング ページのパラメータを指定するようにしてください。

どこで追加のサポートを受けることができますか?

さらなるサポートが必要な場合は、ads-clicktracking-support@google.com までメールでお問い合わせください。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。