AdWords API のお申し込み

AdWords API を使用するには、下記の手順でリクエストを行ってアクセスの許可を得る必要があります。

手順 1: 適切なクライアント センター アカウントを選択する

API へのアクセス権の取得を申し込むためには、クライアント センター(MCC)アカウントが必要です。まだお持ちでない方は作成してください。クライアント センター アカウントは、既存の AdWords アカウントで使用しているものと同じメール アドレスで作成することはできません。AdWords アカウントとは関連付けられていないメール アドレスで作成してください。

選択したクライアント センター アカウントによって、API トークンでアクセスできる AdWords アカウントが変わることはありません。ただし、このクライアント センター アカウントを企業の有効な AdWords アカウントとリンクさせれば、API を利用してアカウントを管理するためのお申し込みの審査手続きを効率化し、認証手続きの必要回数を減らすことができます。詳細については、アカウントのリンクを設定する手順をご覧ください。

手順 2a: クライアント センター アカウントで AdWords API へのアクセス権の取得を申し込む

クライアント センター アカウントにログインすると、AdWords API へのアクセス権の取得を申し込むことができます。右上の歯車アイコン、[アカウント設定] の順にクリックしてから、左側の [AdWords API センター] を選択します。その後、手順に従って AdWords API へのアクセス権の取得を申し込んでください。

その際には情報を正しく入力し、会社のウェブサイトの URL が有効であることをご確認ください。会社のウェブサイトが無効な場合、お申し込みは処理されません。

開発者の方の連絡先には、日常的に受信箱をチェックしているメール アドレスを指定してください。このアドレスで連絡が付かないと、お申し込みは処理不可能となり却下されます。連絡先のメール アドレスは、クライアント センター アカウントで右上の歯車アイコン、[アカウント設定] の順にクリックすることで編集できます。

Google からのサービス関連の重要な情報を受け取れるよう、この情報はお申し込み手続きが終わった後も常に最新の状態に保ってください。

お申し込みの送信後は、間もなくこちらからご連絡いたします。その際には、お客様が AdWords API で使用するツールやソフトウェア アプリケーションが利用規約必須の機能要件(該当する場合)に準拠していることを確認するため、追加情報を提供していただきます(以下の手順 2b を参照)。

現在の予想では、お申し込みの送信後 1 週間以内にこちらからご連絡いたします。それまではテスト アカウントで API をお試しください。

手順 2b: お申し込み手続きを進める

手順 2a を終えたら、以降のお申し込み手続き用のフォームへのリンクを記載したメールが、adwordsapi-tokens@google.com から AdWords API センターで指定されているアドレス宛に送信されます。このフォームに記入して以降のお申し込み手続きを進めてください。

このメール アドレスが使用できなくなった場合やメール チェックの頻度が少ない場合は、Google からの連絡を確実に受け取れるよう、上記の手順 2a に従って AdWords API センターのメール アドレスを変更してください。その後、以降のお申し込み手続き用のフォームを送信していただけば、2 営業日以内にこちらから連絡いたします。

手順 3a: 開発者トークンが承認された場合

API アクセスのお申し込みが承認されると、割り当てられた開発者トークンが有効になります。トークンは AdWords API センターで参照できます。お申し込みに使用したクライアント センター アカウントの [アカウント] メニューから参照してください。Google のシステムと連携する際にこのトークンをリクエスト ヘッダーに含めることで、API にアクセスできるようになります。

連絡先のメール アドレスには、必ず最新のものを使用してください。サービスの問題や緊急の変更内容など、重要な情報はすべてこのアドレス宛に送信されます。

また、将来的にツールに変更を加える場合は、AdWords API の利用規約のセクション II-5 に定めるとおり、Google にその変更内容を報告していただく必要があるのでご注意ください。変更内容はこちらのフォームから報告できます

手順 3b: お申し込みが不承認となった場合

お客様が AdWords API へのアクセスのお申し込み時に入力した情報は、トークン審査チームによって調査され、お客様のソフトウェアが AdWords API の利用規約必須の機能要件(該当する場合)に準拠しているかどうかが審査されます。

お申し込みが不承認となる一般的な理由には、次のようなものがあります。

  • 開発者の方の連絡先に指定されているメール アドレスを使用しても連絡が付かない場合
  • サードパーティのツールで開発者トークンが必要となることが理由でお申し込みを送信した場合
  • アプリケーションが利用規約の他の条項に違反している場合
  • アプリケーションに必須の機能要件が実装されていない場合(該当する場合)

AdWords API のポリシーに準拠するよう API ツールに変更を加えた場合、またはお申し込みの不承認が誤りであると考えられる場合は、クライアント センター アカウントの [AdWords API センター] ページにある [再申し込み] をクリックすれば、お申し込みを再度送信することができます。

次のステップ

予定日数を過ぎてもお申し込みに関するメールが届かない場合は、こちらの手順をご覧ください。その他ご質問がある方は、こちらのフォームからお問い合わせください。

AdWords API へのお申し込みが完了したら、クライアント ライブラリをダウンロードし、デベロッパー ガイドもご覧ください。AdWords API の機能についてご質問がある方は、デベロッパー フォーラムにコメントを投稿してください。

AdWords API メーリング リストに参加したり、Google+ ページAdWords API ブログを定期的にチェックしていただくことで、重要な最新情報をご確認いただけます。AdWords API に関する変更内容や最新情報については主にブログで取り上げているので、定期的にブログをチェックすることをおすすめします。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。