構造化スニペット

構造化スニペットで、広告内で商品やサービスの特定の側面を強調できます。こうした広告表示オプションを使用すると、ユーザーは広告をクリックする前に商品やサービスの特性を知ることができます。

各スニペットではヘッダーと強調したい特徴のリストを設定できます。広告にはヘッダーを 2 つまで表示可能です。表示されるヘッダーはアルゴリズムによって最適な組み合わせが決まるので、ビジネスに関連するヘッダーをなるべく多く設定することをおすすめします。

以下に、スニペットを使った広告の例を紹介します。赤く囲んだ部分がスニペットで、「Styles(スタイル)」というヘッダーに 4 つの値「Chukka、Combat、Cowboy、Chelsea)が表示されています。

ヘッダー

ヘッダーはスニペットのカテゴリを決めるものです。このリストのいずれかのカテゴリと正確に一致している必要があります(各国語への翻訳についてはこちらをご覧ください)。ヘッダーの例には Amenities(設備)、Brands(ブランド)、Destinations(到着地)、Models(モデル)、Styles(スタイル)などがあります。

この場合の値とは、特に強調したいおすすめの商品やサービスのことです。値の設定では次の点にご注意ください。

  • 値の設定は 3 つ以上ですが、4 つ設定することをおすすめします。
  • 値の文字数は半角 25(全角 12)文字までです。
  • モバイルでは、半角 12(全角 6)文字以下にすることをおすすめします。
  • スニペットの値は AdWords のポリシーに準拠し、一般向けものを選んでください。

構造化スニペットを広告に設定する

構造化スニペットは広告表示オプション設定サービスを使用して、ユーザーキャンペーン、または広告グループの単位で設定できます。

他の広告表示オプションと同じようにフィード アイテムを作成し、目的の設定に追加してください。新しい StructuredSnippetFeedItem を作成してキャンペーンと関連付ける方法は、次のコードで確認してください。

package adwords.axis.v201609.extensions;

import com.google.api.ads.adwords.axis.factory.AdWordsServices;
import com.google.api.ads.adwords.axis.v201609.cm.ApiException;
import com.google.api.ads.adwords.axis.v201609.cm.CampaignExtensionSetting;
import com.google.api.ads.adwords.axis.v201609.cm.CampaignExtensionSettingOperation;
import com.google.api.ads.adwords.axis.v201609.cm.CampaignExtensionSettingReturnValue;
import com.google.api.ads.adwords.axis.v201609.cm.CampaignExtensionSettingServiceInterface;
import com.google.api.ads.adwords.axis.v201609.cm.ExtensionFeedItem;
import com.google.api.ads.adwords.axis.v201609.cm.ExtensionSetting;
import com.google.api.ads.adwords.axis.v201609.cm.FeedType;
import com.google.api.ads.adwords.axis.v201609.cm.Operator;
import com.google.api.ads.adwords.axis.v201609.cm.StructuredSnippetFeedItem;
import com.google.api.ads.adwords.lib.client.AdWordsSession;
import com.google.api.ads.common.lib.auth.OfflineCredentials;
import com.google.api.ads.common.lib.auth.OfflineCredentials.Api;
import com.google.api.client.auth.oauth2.Credential;
import java.rmi.RemoteException;

/**
 * This example adds structured snippets to a campaign. To create a campaign,
 * run {@code AddCampaigns}.
 *
 * <p>Credentials and properties in {@code fromFile()} are pulled from the
 * "ads.properties" file. See README for more info.
 */
public class AddStructuredSnippets {

  public static void main(String[] args) throws Exception {
    // Generate a refreshable OAuth2 credential.
    Credential oAuth2Credential = new OfflineCredentials.Builder()
        .forApi(Api.ADWORDS)
        .fromFile()
        .build()
        .generateCredential();

    // Construct an AdWordsSession.
    AdWordsSession session = new AdWordsSession.Builder()
        .fromFile()
        .withOAuth2Credential(oAuth2Credential)
        .build();

    AdWordsServices adWordsServices = new AdWordsServices();

    Long campaignId = Long.valueOf("INSERT_CAMPAIGN_ID");
    runExample(adWordsServices, session, campaignId);
  }

  public static void runExample(AdWordsServices adWordsServices, AdWordsSession session,
      Long campaignId) throws ApiException, RemoteException {

    StructuredSnippetFeedItem amenitiesStructuredSnippetFeedItem =
        createStructuredSnippetsFeedItem(
        "Amenities", new String[] {"Free Wi-Fi", "Breakfast", "Swimming Pool", "Fitness Center",
        "Restaurant"});

    StructuredSnippetFeedItem destinationsStructuredSnippetFeedItem =
        createStructuredSnippetsFeedItem(
        "Destinations", new String[] {"Paris", "London", "Berlin"});

    // Get the CampaignExtensionSettingService.
    CampaignExtensionSettingServiceInterface campaignExtensionSettingService =
        adWordsServices.get(session, CampaignExtensionSettingServiceInterface.class);

    CampaignExtensionSetting campaignExtensionSetting = new CampaignExtensionSetting();
    campaignExtensionSetting.setExtensionType(FeedType.STRUCTURED_SNIPPET);
    ExtensionSetting extensionSetting = new ExtensionSetting();
    extensionSetting.setExtensions(
        new ExtensionFeedItem[] {amenitiesStructuredSnippetFeedItem, 
            destinationsStructuredSnippetFeedItem});
    campaignExtensionSetting.setExtensionSetting(extensionSetting);

    CampaignExtensionSettingOperation operation = new CampaignExtensionSettingOperation();
    operation.setOperand(campaignExtensionSetting);
    operation.setOperator(Operator.ADD);

    // Create your campaign extension settings. This associates the structured snippet
    // with your campaign.
    campaignExtensionSetting.setCampaignId(campaignId);

    // Add the extensions.
    CampaignExtensionSettingReturnValue returnValue =
        campaignExtensionSettingService.mutate(new CampaignExtensionSettingOperation[] {operation});
    if (returnValue.getValue() != null && returnValue.getValue().length > 0) {
      CampaignExtensionSetting newExtensionSetting = returnValue.getValue(0);
      System.out.printf("Extension setting with type %s was added to campaign ID %d.%n",
          newExtensionSetting.getExtensionType(), newExtensionSetting.getCampaignId());
    } else {
      System.out.println("No extension settings were created.");
    }
  }

  private static StructuredSnippetFeedItem createStructuredSnippetsFeedItem(String header,
      String[] values){
    StructuredSnippetFeedItem structuredSnippetFeedItem = new StructuredSnippetFeedItem();
    structuredSnippetFeedItem.setHeader(header);
    structuredSnippetFeedItem.setValues(values);
    return structuredSnippetFeedItem;
  }
}

構造化スニペットのレポート

フィード アイテムの掲載結果を表示するプレースホルダ フィード アイテム レポートでは、構造化スニペットごとに掲載結果データを確認できます。プレースホルダ レポートにはフィードに基づく広告表示オプションの掲載結果が表示され、すべての構造化スニペットの掲載結果データを確認できます。プレースホルダ タイプ ID が 24 の ExtensionPlaceHolderType で表示を絞り込むと、構造化スニペット表示オプションだけが表示されます。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。