ターゲット候補を生成する

AdWords 管理画面のキーワード プランナーを使うと、既存のキーワードやウェブサイトに基づく新しいキーワード候補を確認できます。さらに、キーワードの過去の統計情報(平均クリック単価、月間検索ボリュームなど)から、キーワード候補を使用するかどうかを判断できます。

AdWords API で同様の目的を達成するには、TargetingIdeaService を使います。これを使って自分のツールやプラットフォームからターゲット候補を取得して、アカウントの改善を自動化できます。

使用例

TargetingIdeaService を使うと、次のようなさまざまな要素に基づく新しいキーワード候補を取得できます。

  • ベース キーワード
  • ベース広告グループ ID
  • 対象のウェブサイト
  • 地域
  • 言語
  • 商品とサービスのカテゴリ
  • その他

たとえば、新しいキャンペーンを作成する際や既存のキャンペーンを改善する際は、TargetingIdeaService を使って、既存のキーワードの分類に基づくキーワード候補のリストを取得できます。

このサービスを使って、次のようなキーワード プランナーの操作と同様の結果を得ることができます。

  • フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使用して新しいキーワードを検索する
  • 既存のキーワードを組み合わせて新しいキーワードを取得する
  • 検索ボリュームと傾向を取得する

キーワード プランナーの 4 つ目の機能である [クリックと費用の掲載結果予測を取得] では、TrafficEstimatorService が使用されています。

キーワード候補を取得する

TargetingIdeaService がベースとする主な要素は、TargetingIdeaSelector です。次の例では、ベース キーワードをいくつか使って、TargetingIdeaService からキーワード候補を取得する方法を示しています。

リクエストを作成する

まず、TargetingIdeaSelector を作成して、リクエストの目的がキーワード候補の取得であることを示すパラメータを設定します。

TargetingIdeaSelector selector = new TargetingIdeaSelector();
selector.setRequestType(RequestType.IDEAS);
selector.setIdeaType(IdeaType.KEYWORD);

次に、取得が必要な属性を選択します。属性とは、キーワードに関連する個別の列やフィールドとして考えることができます。

selector.setRequestedAttributeTypes(new AttributeType[] {
    AttributeType.AVERAGE_CPC,
    AttributeType.COMPETITION,
    AttributeType.CATEGORY_PRODUCTS_AND_SERVICES,
    AttributeType.KEYWORD_TEXT,
    AttributeType.SEARCH_VOLUME
});

最後に、RelatedToQuerySearchParameter を使って、新しいキーワード候補を生成する際にベース キーワードのリストを指定します。

// Get ideas related to query search parameter.
RelatedToQuerySearchParameter relatedToQuerySearchParameter =
    new RelatedToQuerySearchParameter();
relatedToQuerySearchParameter.setQueries(new String[]
    {"bakery", "pastries", "birthday cake"});

selector.setSearchParameters(
    new SearchParameter[] {relatedToQuerySearchParameter});

TargetingIdeaSelector を設定したら、get オペレーションを使って送信し、キーワード候補を取得します。

// Get keyword ideas.
TargetingIdeaPage page = targetingIdeaService.get(selector);

レスポンスを処理する

レスポンスは、TargetingIdea オブジェクトのリストで構成されています。各 TargetingIdea オブジェクトには、Attribute に関連付けられた AttributeType のマッピングが含まれます。各 TargetingIdea オブジェクトがデータ行、各 AttributeType が行のフィールドまたは列、対応する Attribute がデータセルの値であると考えると簡単です。

for (TargetingIdea targetingIdea : page.getEntries()) {
    Map<AttributeType, Attribute> data =
        Maps.toMap(targetingIdea.getData());

    StringAttribute keyword =
        (StringAttribute) data.get(AttributeType.KEYWORD_TEXT);
    IntegerSetAttribute categories = (IntegerSetAttribute)
        data.get(AttributeType.CATEGORY_PRODUCTS_AND_SERVICES);
    LongAttribute averageMonthlySearches = ((LongAttribute)
        data.get(AttributeType.SEARCH_VOLUME)).getValue();
    …
}

このリクエストの例では4 つの属性が選択されているため、レスポンスは次のようになります。

KEYWORD_TEXT SEARCH_VOLUME AVERAGE_CPC COMPETITION
ケーキ ベーカリー 170 0.485384 0.41
ベーカリー ストーリー 390 0.069918 0.12
... ... ... ...

キーワードの統計情報を取得する

キーワードの過去の統計情報を取得する方法は、キーワード候補を取得する方法と同様です。RequestTypeSTATS に設定する必要がある点のみが異なります。

TargetingIdeaSelector selector = new TargetingIdeaSelector();
selector.setRequestType(RequestType.STATS);

たとえば、特定のキーワードのカテゴリを取得する方法は次のとおりです。

TargetingIdeaSelector selector = new TargetingIdeaSelector();
selector.setRequestType(RequestType.STATS);
selector.setIdeaType(IdeaType.KEYWORD);
selector.setRequestedAttributeTypes(new AttributeType[] {
    AttributeType.KEYWORD_TEXT,
    AttributeType.CATEGORY_PRODUCTS_AND_SERVICES,
});
RelatedToQuerySearchParameter relatedToQuerySearchParameter =
    new RelatedToQuerySearchParameter();
relatedToQuerySearchParameter.setQueries(new String[]
    {"bakery"});
selector.setSearchParameters(
    new SearchParameter[] {relatedToQuerySearchParameter});

広告グループ ID をベースにする

既にキャンペーンと広告グループを設定している場合は、広告グループ ID を SeedAdGroupIdSearchParameter に指定して、ターゲット候補を取得できます。

// Get ideas related to query search parameter.
SeedAdGroupIdSearchParameter seedAdGroupIdSearchParameter =
    new seedAdGroupIdSearchParameter();
seedAdGroupIdSearchParameter.setAdGroupId(…);

selector.setSearchParameters(
    new SearchParameter[] {seedAdGroupIdSearchParameter});

キーワード プランナーへのマッピング

TargetingIdeaService に関するよくある質問の 1 つに、「なぜ TargetingIdeaService の結果はキーワード プランナーの結果と異なるのか」というものがあります。

これは、TargetingIdeaSelector の設定に複数の SearchParameter を使用でき、異なる SearchParameter を使った場合に返される結果が大きく異なる場合があるためです。

適切なネットワークを選ぶ

よくある間違いの 1 つは、NetworkSearchParameter を指定しないことです。たとえば、キーワード プランナーは、Google 検索ネットワーク向けの(他のネットワーク向けではない)唯一の検索キーワード候補となる場合があります。そのような場合、必ず NetworkSearchParameterTargetingIdeaSelector に設定します。たとえば、検索ネットワーク専用のキーワード候補を取得するには、NetworkSearchParameter を次のように設定します。

TargetingIdeaSelector selector = new TargetingIdeaSelector();
…
// Set the network.
NetworkSearchParameter networkSearchParameter =
    new NetworkSearchParameter();

NetworkSetting networkSetting = new NetworkSetting();
networkSetting.setTargetGoogleSearch(true);
networkSetting.setTargetSearchNetwork(false);
networkSetting.setTargetContentNetwork(false);
networkSetting.setTargetPartnerNetwork(false);

networkSearchParameter.setNetworkSetting(networkSetting);

NetworkSearchParameter の設定は、必ず今後のキャンペーンの設定と一致させてください。

フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを使って新しいキーワードを検索する

このキーワード プランナーの機能と同様の機能を実装するには、各入力フィールドを、対応する TargetingIdeaSelector 設定にマッピングします(例: SearchParameter)。

キーワード プランナー AdWords API
宣伝する商品やサービス RelatedToQuerySearchParameter
ランディング ページ RelatedToUrlSearchParameter
商品カテゴリ CategoryProductsAndServicesSearchParameter商品、サービス カテゴリの分類または ID を参照)
ターゲット設定 - 地域 LocationSearchParameter
ターゲット設定 - 言語 LanguageSearchParameter
ターゲット設定 - ネットワーク NetworkSearchParameter
期間(月間検索ボリューム) 選択: AttributeType.TARGETED_MONTHLY_SEARCHES
キーワード フィルタ - 平均月間検索ボリューム SearchVolumeSearchParameter
キーワード フィルタ - 競合性 CompetitionSearchParameter
キーワードの一致と除外 IdeaTextFilterSearchParameter
ExcludedKeywordSearchParameter

最後に、TargetingIdeaSelector.requestTypeIDEAS に設定します。

キーワードのリストを組み合わせて新しいキーワードを取得する

AdWords API が自動的にキーワードの組み合わせを計算することはありません。自動的に計算するには、組み合わせたキーワードのリストをプログラムで決定して、その結果に応じて TargetingIdeaSelector を設定する必要があります。

キーワード プランナー AdWords API
リスト 1 およびリスト 2 プログラムで 2 つのリストを組み合わせて、RelatedToQuerySearchParameter を使う
ターゲット設定 - 地域 LocationSearchParameter
ターゲット設定 - ネットワーク NetworkSearchParameter

パラメータ マッピングは、このような種類のその他の機能と同様です。

キーワード プランナー AdWords API
キーワードを入力してください RelatedToQuerySearchParameter
ターゲット設定 - 地域 LocationSearchParameter
ターゲット設定 - ネットワーク NetworkSearchParameter
期間(月間検索ボリューム) 選択: AttributeType.TARGETED_MONTHLY_SEARCHES

最後に、TargetingIdeaSelector.requestTypeSTATS に設定します。

コードサンプル

各クライアント ライブラリの Optimization フォルダに、コードサンプルの全文があります。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。