実行情報

実行中のスクリプトについての情報

ExecutionInfo オブジェクトのメソッドを通して、実行中のスクリプトの一部の属性にアクセスすることができます。たとえば isPreview() では、スクリプトがプレビューされているのか実際に実行されているのかを調べることができます。 コードのデバッグを合理化するのに役立つ方法です。

// Code that generates a report.
// ...
if (!AdWordsApp.getExecutionInfo().isPreview()) {
  // Do not email the report when in preview mode!
  MailApp.sendEmail("customer@example.com", "Report is ready!", report);
}

また、ExecutionInfo ではクォータの残量を調べることができ、使用できる容量の制限に近づいている場合に適切な判断を下すスクリプトを作成可能です。

スクリプトのアカウントに関する情報

実行中のスクリプトのアカウントの情報は、特に同じ内容のスクリプトを複数のアカウントで使用する場合、よく必要になります。たとえばスクリプトがレポートをメール送付する場合、受取人が送信元のアカウントを識別できる必要があります。この場合、Account オブジェクトの getCustomerId() メソッドが役立ちます。

var accountId = AdWordsApp.currentAccount().getCustomerId();
MailApp.sendEmail("customer@example.com",
    "Report is ready for " + accountId, report);

Account オブジェクトにはこの他に、アカウントの通貨やタイムゾーンを識別できるメソッドが用意されています。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。