実行ログ

AdWords スクリプトでは、プレビュー モードでも実際の実行時にも、2 種類の実行ログが表示されます。変更ログと Logger 出力です。

変更ログ

変更ログには、スクリプトが AdWords エンティティに対して行ったすべての変更の内容が表示されます。これには、エンティティの説明、変更の種類、変更前後の値、エラー(発生した場合)が含まれます。

変更ログにフィルタを適用して、エラーのみを表示させることも可能です。

Logger 出力

スクリプト内で Logger.log("Hello world!"); を実行すると、その都度 Logger 出力に「Hello world!」という文字列が現れます。テキストをログするのはスクリプトをデバッグする際に便利な方法ですが、実際の実行時にもしばしば役立ちます。たとえば、次のスクリプトを毎日実行するようスケジュール設定しているとします。

var spreadsheet = SpreadsheetApp.create("Daily Report");
// Populate the spreadsheet.
// ...
Logger.log("Daily report ready!");
Logger.log(spreadsheet.getUrl());

スクリプトを実行するたびに、作成されたスプレッドシートの URL がログに残るため、後で見つけやすくなります。

プログラマーが指定したログ以外に、AdWords スクリプトがエラーや警告を表示する際にも、テキストログが使用されます。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。