プレビュー モード

スクリプトをプレビュー モードで実行した場合、実際のキャンペーン データは変更されません。代わりに、スクリプトが実行された場合に行われていたはずの変更内容が表示されます。これにより、目的の結果が得られることを確認してから、実際にスクリプトを実行したりスケジュール設定したりすることができます。

プレビュー モードは、誤った変更を行う心配なくスクリプトの開発やデバッグができる強力な機能です。

プレビュー モードは、現時点では AdWords 固有の機能です。 他のサービスに対する呼び出しは、通常どおり処理されます。たとえばメールを送信するスクリプトでは、プレビューであっても実際の実行であってもメールが送信されます。 スプレッドシートを更新するスクリプトでも同様です。なお、プレビュー モード中かどうかをスクリプトに判定させることは可能です。詳しくは実行情報をご覧ください。

注意: プレビューでは、オブジェクトの作成、削除、変更は行われません。このため、一部のコードはプレビューでの動作が通常の動作と異なります。

次のスニペットは、プレビュー モードでは通常どおりの動作を示しません。

// Suppose the adgroup has no keywords.
var adGroup = findAnEmptyAdGroup();

// Create a keyword.
adGroup.createKeyword("test");

// Fetch all keywords in the ad group.
var keywords = adGroup.keywords().get();

// In preview mode, will log "false": keyword was not actually created.
// In real execution, will log "true".
Logger.log("Are there keywords in the ad group? " + keywords.hasNext());

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。