広告メディア

ImageAdResponsiveDisplayAd など、一部の種類の広告には画像やその他のメディア要素を含めることができます。ここでは、AdWords スクリプトを使ってメディアのアップロードやクエリを行う方法を説明します。

画像のアップロード

画像をアップロードするには ImageBuilder クラスを使用します。このクラスでは名前と画像データを指定します。データは Blob データ交換オブジェクトとして提供されます。このオブジェクトはドライブ サービスURL 取得サービスなどのサービスを使って作成できます。

次のコードは、外部 URL から画像をアップロードする方法を示しています。

var imageUrl = "http://www.example.com/example.png";
var imageBlob = UrlFetchApp.fetch(imageUrl).getBlob();
var mediaOperation = AdWordsApp.adMedia().newImageBuilder()
    .withName("IMAGE_NAME")
    .withData(imageBlob)
    .build();

この他に、Blob の画像データを Google ドライブからアップロードすることができます。

var imageFileId = "IMAGE_FILE_ID";
var imageBlob = DriveApp.getFileById(imageFileId).getBlob();
var mediaOperation = AdWordsApp.adMedia().newImageBuilder()
    .withName("IMAGE_NAME")
    .withData(imageBlob)
    .build();

メディア バンドルのアップロード

メディア バンドルは HTML5 のアセットを含む ZIP アーカイブで、HTML5 広告の作成に使用できます。ZIP ファイルの構成について詳しくは、フォーマットに関するページをご覧ください。メディア バンドルは MediaBundleBuilder クラスを使ってアップロードし、その際、名前とファイルデータを指定します。画像データの場合と同様に、データは Blob データ交換オブジェクトとして提供されます。

次のコードは、外部 URL からメディア バンドルをアップロードする方法を示しています。

var mediaBundleUrl = "http://www.example.com/example.zip";
var mediaBundleBlob = UrlFetchApp.fetch(mediaBundleUrl).getBlob();
var mediaOperation = AdWordsApp.adMedia().newMediaBundleBuilder()
    .withName("bundle name")
    .withData(mediaBundleBlob)
    .build();

メディアのクエリ

どのタイプのメディアも、MediaSelector を使って AdWords スクリプトでクエリを行うことができます。withCondition() 述語を使って、名前やタイプなどのフィールドでメディアを絞り込みます。たとえば、次のコードでは、アカウントに関連付けられているすべての画像が検索されます。

var mediaIterator = AdWordsApp.adMedia().Media()
    .withCondition("Type = IMAGE")
    .get();
while (mediaIterator.hasNext()) {
  var image = adIterator.next();
}

メディアを使った広告の作成

メディアを含めて広告を作成する例については、コードの例に関するページをご覧ください。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。