入札単価

AdWords スクリプトでは、キャンペーン、広告グループ、条件の入札単価を管理できます。このガイドでは、その機能と用途について説明します。AdWords エンティティの入札単価を設定するには、次の 2 つを指定する必要があります。

  • 入札戦略
  • 実際の入札単価(該当する場合)

AdWords スクリプトでは、キャンペーン、広告グループ、各種条件の入札単価に、bidding() メソッドでアクセスできます。

入札戦略

入札戦略とは、AdWords エンティティに適用できる入札単価の構成を示します。入札戦略には、匿名の入札戦略または入札戦略ツールを使う方法があります。キャンペーンまたは広告グループには、bidding() プロパティの setStrategy() メソッドを使って入札戦略を適用します。以下のコードでは、「Test Campaign」というキャンペーンの入札戦略を BUDGET_OPTIMIZER に設定しています。

var campaign = AdWordsApp.campaigns()
    .withCondition("Name = 'Test Campaign'")
    .get()
    .next();
campaign.bidding().setStrategy("BUDGET_OPTIMIZER");

キャンペーンを除き、エンティティへの入札戦略の設定はオプションです(キャンペーンはスクリプトで作成できません)。エンティティに入札戦略を適用しない場合は、親エンティティの入札戦略が使用されます。たとえば広告グループの入札戦略が省略されている場合は、キャンペーンの入札戦略が継承されます。エンティティが独自の入札戦略を使用しているか、親の入札戦略を継承しているかは、getStrategySource() メソッドを使って特定できます。

匿名の入札戦略

匿名の入札戦略はエンティティに直接適用されます。AdWords スクリプトでは、以下の匿名の入札戦略をサポートしています。

名前 説明
MANUAL_CPC クリックに基づく個別の入札単価。クリック 1 回ごとに支払います。
MANUAL_CPM インプレッション数に基づく個別の入札単価。1,000 インプレッションごとに支払います。使用できるのは、「ディスプレイ ネットワークのみ」のキャンペーンだけです。
BUDGET_OPTIMIZER 毎日 / 毎月の予算に基づき Google が自動設定する入札単価。
CONVERSION_OPTIMIZER 投資収益率(ROI)の向上を狙った入札戦略。予算内でコンバージョン数が最大になるよう入札単価が自動調整されます。コンバージョン オプティマイザーの詳細については、コンバージョン オプティマイザーのヘルプセンターをご確認ください。

ツールによる入札戦略

この戦略では、共有の入札単価構成をアカウント単位で定義できます。定義した共有入札単価構成は、特定のキャンペーン、広告グループ、キーワードに適用できます。この機能の詳細については、ヘルプセンターをご覧ください。

アカウントにおけるツールによる入札戦略は、次のように取得できます。

var biddingStrategy = AdWordsApp.biddingStrategies()
    .withCondition("Name = 'My Shared Bidding Strategy'")
    .get()
    .next();

また、この入札戦略を使用しているキャンペーン広告グループキーワードにもアクセスできます。

var adGroups = biddingStrategy.adGroups().get();

入札戦略ツールの使用が匿名の入札戦略よりも優れている点は、同じ入札戦略を共有している AdWords エンティティの掲載結果をトラッキングできることです。たとえば次のコードで、アカウントのクリック統計を取得することができます。

var clicks = biddingStrategy.getStatsFor("LAST_MONTH").getClicks();

これらのエンティティの入札戦略を変更する必要が生じた場合も、関連付けられている共有入札戦略を変更するだけで完了します。AdWords エンティティの入札戦略を個別に変更する必要はありません。

フィードバックを送信...

ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。