ディスプレイ広告機能

このガイドでは、analytics.js 用の広告向け機能プラグインの使い方を説明します。

概要

Google アナリティクスの広告向けの機能検索広告向けリマーケティング リストを含む)は、Google アナリティクスの [プロパティ設定] > [データ収集] から有効にすることができます。analytics.js の広告向け機能プラグインを使用すると、広告向け機能をプログラムで有効にするだけでなく、Google アナリティクスの UI で設定されたすべての広告レポート機能やリマーケティング機能をオーバーライドして無効にすることができます。

実装

広告向け機能プラグインを有効にするには、require 呼び出しを追加して displayfeatures プラグインを指定します。

ga('create', 'UA-XXXXX-Y', 'auto');
ga('require', 'displayfeatures');
ga('send', 'pageview');

プラグインによって、広告向け機能を有効にするためのリクエストが stats.g.doubleclick.net に送信されます。また、このプラグインでは「_gat」という名前の Cookie が新たに作成されます。この Cookie は 1 分でタイムアウトします。この Cookie にユーザー情報は保存されません。doubleclick.net へのリクエスト数を制限する場合のみ、この Cookie を使用します。

デフォルトの Cookie 名は「_gat」です。この名前は、プラグインを要求する際に cookieName オプションを設定すれば変更できます。

ga('require', 'displayfeatures', {cookieName: 'display_features_cookie'});

通常、3 番目の引数はスクリプトの場所を指定するために使われます。このプラグインは analytics.js に含まれているため、undefined を渡してください。

複数のトラッカーを使用する

複数のトラッカーで広告向け機能プラグインを使用するには、次の例のように、トラッカー名を伴う require 呼び出しを先頭に追加します。

// create a tracker named 'foo' for property UA-XXXXX-Y
ga('create', 'UA-XXXXX-Y', {name: 'foo'});
ga('foo.require', 'displayfeatures');
ga('foo.send', 'pageview');

// create a second tracker named 'bar' for a different property UA-XXXX-Z
ga('create', 'UA-XXXXX-Z', {name: 'bar'});
ga('bar.require', 'displayfeatures');
ga('bar.send', 'pageview');

指定したトラッカーで広告向け機能プラグインを読み込むと、そのトラッカーの名前が Cookie の名前に付加されます。上記の例では、_gat_foo_gat_bar のクッキーが作成されています。

広告向け機能を無効にする

広告向け機能は Google アナリティクスの管理者設定を使って有効にすることができるため、プログラムで無効にしなければならない場合があります。

リマーケティング機能や広告レポート機能などの広告向け機能をすべて無効にするには、allowAdFeaturesfalse に設定します。

ga('create', 'UA-XXXXX-Y', 'auto');
ga('set', 'allowAdFeatures', false);
ga('send', 'pageview');

allowAdFeaturestrue(デフォルト値)に設定すると、displayfeatures プラグインおよび Google アナリティクスで指定されている広告向け機能の設定が適用されるようになります。このフィールドが直接、広告向け機能を有効にすることはありませんので、ご注意ください。

displayfeatures プラグインまたは Google アナリティクスで広告向け機能が有効になっていても、allowAdFeaturesfalse に設定すると、広告向け機能のビーコンは無効になります。