カスタム ディメンションとカスタム指標

このデベロッパー ガイドでは、Android 向け Google アナリティクス SDK v4 を使って、 カスタム ディメンションとカスタム指標を実装する方法を説明します。

概要

具体的には次のことが可能です。

カスタム ディメンションとカスタム指標には、次の 2 つのフィールドがあります。

フィールド名 説明
Index 整数 カスタム ディメンションまたはカスタム指標のインデックス。このインデックスは 1 から始まります。
Value 文字列 カスタム ディメンションまたはカスタム指標 の値。このフィールドが指標の場合、値は整数と見なされます。 ただし、指標が通貨の種類を表す場合は、固定小数点の 10 進数 と見なされます。

値の設定と送信

カスタム ディメンションの値を設定、送信するには、次のように記述します。

// Get tracker.
Tracker t = ((AnalyticsSampleApp) getActivity().getApplication()).getTracker(
    TrackerName.APP_TRACKER);
t.setScreenName("Home Screen");

// Send the custom dimension value with a screen view.
// Note that the value only needs to be sent once.
t.send(new HitBuilders.ScreenViewBuilder()
    .setCustomDimension(1, "premiumUser")
    .build()
);

カスタム ディメンションの値は、Google アナリティクスの任意のヒットタイプ(スクリーンビュー、イベント、e コマース トランザクション、カスタム速度、ソーシャル インタラクションなど)に付加して送ることができます。データ処理の際に、カスタム ディメンションの既定のスコープが判別され、そのスコープに当てはまるヒットにディメンションの値が結び付けられます。

カスタム指標の値を設定、送信するには、次のように記述します。

// Get tracker.
Tracker t = ((AnalyticsSampleApp) getActivity().getApplication()).getTracker(
    TrackerName.APP_TRACKER);
t.setScreenName("Home Screen");

// Send the custom dimension value with a screen view.
// Note that the value only needs to be sent once.
t.send(new HitBuilders.ScreenViewBuilder()
    .setCustomMetric(1, 5)
    .build()
);

getTracker メソッドの詳細については、高度な設定の説明をご覧ください。

実装に関する注意事項

このセクションでは、カスタム ディメンションやカスタム指標を実装する際のその他の注意事項について説明します。

カスタム ディメンションに関する注意事項

ユーザーレベルやセッション レベルのスコープを持つ値は、過去のヒットにも適用される

  • ユーザーレベルやセッション レベルのスコープ を持つカスタム ディメンションの値は、現在のセッション の過去のヒットを含む、すべてのヒットに適用されます。セッション レベル やユーザーレベルのスコープを持つカスタム ディメンション を、現在のセッションの過去のヒットに適用したくない場合は、 その値をヒットに設定する前に新しいセッションを開始 してください。
  • たとえば、メンバーシップの種類をユーザーレベルのカスタム ディメンションで 指定している状況で、ユーザーがセッションの途中でメンバーシップをアップグレード した場合は、そのカスタム ディメンションに新しい値を設定する前に、新たなセッション を始めるようにします。これにより、アップグレード前のヒットには古いメンバーシップの値が結び付けられ、新しいヒットには新しいメンバーシップの値が結び付けられます。

カスタム ディメンションとビュー(旧プロファイル)フィルタ

  • ユーザーレベルやセッション レベルのカスタム ディメンションの値は、現在以降のセッションのすべてのヒットに適用されます。これは、値を付加したヒットがビュー(旧プロファイル)でフィルタされている場合でも同様です。
  • カスタム ディメンションの値でフィルタを設定している場合は、そのカスタム ディメンションの値のスコープに応じて、ヒットがフィルタされます。 詳しくは、データ処理におけるフィルタとカスタム ディメンションの値の関係の説明をご覧ください。

カスタム指標に関する注意事項

カスタム指標の値はレポートで集計される

  • カスタム指標の値は、Google アナリティクスの既定の指標と同じようにレポートで集計されます。つまり、カスタム指標の値として 1 を設定すると、レポートにはその指標の値を合計した数が表示されます。

カスタム指標とビュー(旧プロファイル)フィルタ

  • カスタム指標の値はいつでも設定できますが、ビューフィルタで除外される可能性があるヒットには設定しないようにしてください。値を付加したヒットがビューフィルタで除外されると、そのカスタム指標の値も除外されてしまいます。 詳しくは、カスタム ディメンションとカスタム指標、ビューフィルタの説明をご覧ください。

自動スクリーン測定で値を設定する場合

  • 自動スクリーン測定機能で送られたスクリーンビューにカスタム ディメンションの値を適用するには、onStart()activityStart() が呼び出される前に値を設定してください。onStart() を実行する時点で値がわからない場合は、代わりに手動でスクリーン測定を行うことをおすすめします。

値として個人情報を送信しない

  • Google アナリティクスの利用規約により、Google アナリティクス サーバーに個人情報を送ることは禁止されています。詳しくは、 利用規約をご確認ください。