設定パラメータ

このドキュメントは、Android 向け Google アナリティクス SDK v4 で利用可能な設定パラメータの一覧を記載したリファレンスです。

概要

Android 向け Google アナリティクス SDK v4 では、トラッカーに固有のパラメータとグローバル パラメータを XML 設定ファイルで定義して設定できます。下の表には、利用可能なパラメータがすべて記載されています。

パラメータ

パラメータ用途
ga_anonymizeIp boolean true の場合、IP アドレスを保存する前にアドレスの 下位 8 ビットを削除して、トラッカー オブジェクトから送信された情報を匿名化するよう Google アナリティクスに伝えます。この機能を有効にすると、 地域レポートの精度は若干低下します。デフォルトは false です。
ga_appName string アプリの名前。レポートのアプリ名のディメンションで使用 されます。デフォルト値についてはパッケージをご覧ください。
ga_appVersion string アプリのバージョン。レポートのアプリ バージョンのディメンションで 使用されます。バージョンのデフォルトについてはパッケージをご覧ください。
ga_autoActivityTracking boolean true の場合は表示回数(アクティビティ数)が自動的にトラッキング されます。デフォルトは false です。
ga_dispatchPeriod integer 自動ディスパッチの頻度(秒単位)。デフォルトは 30 分 (1,800 秒)です。
ga_dryRun boolean 値が true の場合は模擬モードになります。模擬モードでは、通常の コードパスがローカルに実行されますが、Google アナリティクス サーバーに ヒットが送られることはありません。このモードではサーバーにデータが記録されないため、デバッグで Google アナリティクス SDK を呼び出す際に便利です。デフォルトは false です。
ga_reportUncaughtExceptions boolean true の場合、アプリで捕捉されなかった 例外がスローされるたびに、Google アナリティクスで自動的に例外が記録 されます。デフォルトは false です。
ga_sampleFrequency string 使用するサンプルレート。0.0~100.0 の値を設定できます。 デフォルトは 100.0 です。
ga_sessionTimeout integer セッションが終わるまでにバックグラウンドでアプリが存在 できる時間(秒単位)。負の値を設定すると SDK で新たなセッションは開始され なくなります。ただし、その場合もセッション タイムアウトは Google アナリティクス管理画面で管理できます。詳しくは、 セッションとキャンペーンのタイムアウトの処理をご覧 ください。デフォルトは 30 秒です。
ga_trackingId string データの送り先の Google アナリティクス トラッキング ID。ID でダッシュを使用する場合は、 デコードする必要があります。値を指定しないことで、トラッキングを無効に できます。