アプリやスクリーンのトラッキング

ウェブアプリを作成する際に、Google アナリティクスで特定のスクリーン ビューをトラッキングするには、screen_view イベントを使用します。このイベントは、Android および iOS 向けのネイティブ アプリの Firebase screen_view イベントや、標準のウェブページのページビュー イベントと同様の機能を提供します。

実装

Google アナリティクスにスクリーン ビューを送信するには、次の event コマンドを使用します。

gtag('event', 'screen_view', {<screen_view_parameters>});

<screen_view_parameters> はパラメータと値のペアです。screen_nameapp_name の 2 つのパラメータは必須です。各ペアはカンマで区切ります。たとえば次のコマンドは、「myAppName」という名前のアプリの「Home」という screen_namescreen_view イベントを送信します。

gtag('event', 'screen_view', {
  'app_name': 'myAppName',
  'screen_name' : 'Home'
});

スクリーン ビュー パラメータ

フィールド名 データ型 必須 説明
screen_name string 必須 スクリーンの名前。
app_name string 必須 アプリの名前。
app_id string × アプリの ID。
app_version string × アプリのバージョン。
app_installer_id string × アプリ インストーラの ID。

詳しくは、Google アナリティクスのウェブサイトのビューとモバイルアプリのビューとの違いに関する説明をご覧ください。

app_name パラメータはすべてのアプリイベントで送信する必要があるため、多くの場合、パラメータを config コマンドの一部として追加することをおすすめします。

gtag('config', 'GA_TRACKING_ID', { 'app_name': 'myAppName' });

// The app_name field is now set for the property, so
// screen_view events don't need to include it.
gtag('event', 'screen_view', { 'screen_name': 'Home'});

アプリ専用ビューまたはウェブ専用ビューのフィルタを使用する

ウェブデータとアプリデータを同じプロパティ(GA_TRACKING_ID)に送信した場合、Google アナリティクスでは、そのプロパティのビューで両方のデータセットが表示されます。これにより、アプリビューとウェブビューを組み合わせて使用できます。

アプリとウェブのデータを同じプロパティに送信し、それぞれのデータを別のビューで表示する場合は、フィルタを作成します。たとえばウェブとアプリを組み合わせたビュー(デフォルト)、ウェブビュー、アプリビューを作成できます。

アプリビューのフィルタ

アプリのデータのみを表示するためのカスタム フィルタを作成するには、[Application?] を [yes] に設定します。

Google アナリティクスのフィルタ作成フォーム[フィルタ名] 欄に「アプリビュー」を指定し、種類は [カスタム] を選択します。さらに [一致] を選択し、[フィルタ フィールド] に [アプリケーションかどうか] を、[フィルタ パターン] に [はい] を選択します。[大文字と小文字を区別] には [いいえ] を選択します。
図 1: アプリビューのフィルタ設定

ウェブビューのフィルタ

ウェブのデータのみを表示するためのカスタム フィルタを作成するには、[Application?] を [no] に設定します。

Google アナリティクスのフィルタ作成フォーム[フィルタ名] 欄に「ウェブビュー」を指定し、種類は [カスタム] を選択します。さらに [一致] を選択し、[フィルタ フィールド] に [アプリケーションかどうか] を、[フィルタ パターン] に [いいえ] を選択します。[大文字と小文字を区別] には [いいえ] を選択します。
図 2: ウェブビューのフィルタ設定