スクリーン - iOS SDK

このドキュメントでは、スクリーンの概要と iOS 向け Google アナリティクス SDK v3 を使ってスクリーンビューを測定する方法を説明します。

概要

Google アナリティクスにおいて、スクリーンはアプリ内でユーザーに表示されるコンテンツを指し、スクリーンビューはウェブ向けアナリティクスのページビューと同等の概念です。スクリーンビューを測定すると、ユーザーが最もよく閲覧しているコンテンツや、ユーザーが各種コンテンツをどのように移動しているかを把握できます。

スクリーンビューのフィールドは 1 つだけで、このフィールドの値は Google アナリティクス レポートに表示されるスクリーン名になります。

フィールド名 トラッカー フィールド 必須 説明
スクリーン名 kGAIScreenName NSString はい アプリのスクリーンの名前。

スクリーンビュー データは、主に Google アナリティクスの次の標準レポートに表示されます。

  • スクリーン レポート
  • エンゲージメント フロー

手動スクリーン測定

スクリーンビューを手動で送るには、トラッカーのスクリーン フィールドに値を設定したうえでヒットを送信します。

// May return nil if a tracker has not already been initialized with a
// property ID.
id tracker = [[GAI sharedInstance] defaultTracker];

// This screen name value will remain set on the tracker and sent with
// hits until it is set to a new value or to nil.
[tracker set:kGAIScreenName
       value:@"Home Screen"];

// Previous V3 SDK versions
// [tracker send:[[GAIDictionaryBuilder createAppView] build]];

// New SDK versions
[tracker send:[[GAIDictionaryBuilder createScreenView] build]];

自動スクリーン測定

スクリーンビューを自動的に測定するには GAITrackedViewController クラスを使用します。個々のビュー コントローラを GAITrackedViewController に拡張し、screenName と呼ばれるプロパティを追加して、このプロパティをスクリーン名フィールドの設定に使用します。

//
// MyViewController.h
// An example of using automatic screen tracking in a ViewController.
//
#import "GAITrackedViewController.h"

// Extend the provided GAITrackedViewController for automatic screen
// measurement.
@interface AboutViewController : GAITrackedViewController

@end


//
// MyViewController.m
//
#import "MyViewController.h"
#import "AppDelegate.h"

@implementation MyViewController

- (void)viewDidLoad {
    [super viewDidLoad];

    // Set screen name.
    self.screenName = @"Home Screen";
}

// Rest of the ViewController implementation.
@end