API の制限と割り当て

このドキュメントでは、Management API および Reporting API の制限と割り当てについて説明します。

概要

Google アナリティクスは数百万のサイトで使用されています。システムが処理能力を超えるデータを受信しないようにして、システム リソースを安定的に配布するために、API リクエストには制限および割り当てが設けられています。そのポリシーについて以下で説明しますが、これらは予告なく変更される場合があります。

こちらのビデオでは、API 間で共有される Google アナリティクス API の一般的な割り当てと、Management API または Reporting API に固有の割り当てに関する実用的なヒントをご紹介しています。

一般的な割り当て制限

以下に挙げる割り当て制限は、Management APICore Reporting API V3MCF Reporting APIMetadata APIReal Time Reporting API の間で共有されます。

  • プロジェクトあたり 1 日 50,000 件のリクエスト - 引き上げ可能
  • IP アドレスごとに、1 秒あたりのクエリ数(QPS)は 10 件まで。
    • API コンソールには、「ユーザーあたりの 100 秒あたりのリクエスト数」という類似の割り当て制限があります。 デフォルトでは、100 秒あたり 100 件のリクエストに設定されています。設定できる最大値は 1,000 です。「100 秒あたり」と示されていますが、API では、ユーザーあたりの 1 秒あたりのリクエストは最大 10 件に制限されています。
    • アプリケーションがすべての API リクエストを 1 つの IP アドレスから行う(つまり、ユーザーに代わってリクエストを行う)場合は、ユーザーごとに QPS が上限まで割り当てられるように各リクエストで userIP パラメータまたは quotaUser パラメータを使用することを検討してください。詳しくは、標準クエリ パラメータの概要をご覧ください。

Management API

書き込みリクエスト

この割り当ては、書き込み(例: insertupdatepatchdelete)リクエストに適用されます。

  • プロジェクトあたり 1 日 500 件の書き込みリクエスト - 引き上げ可能

書き込みリクエストのエラー

指数バックオフを実装している場合、500 レスポンスまたは 503 レスポンスを受け取ったときに、再試行することができます。この割り当ては、失敗した書き込みリクエストに適用されます。

  • 1 時間あたり 50 件の失敗した書き込みリクエスト。

データ インポート

以下の割り当ては、Uploads リソースにのみ適用されます。

  • 拡張データのインポートに関する全期間のストレージ制限(Collection API および SDK から送信されたヒットデータには適用されません)。
  • プロパティあたり 50 データセット。
  • プロパティあたり 1 日 50 件のアップロード操作。
  • アップロード ファイルあたり 1 GB。
  • 費用データに適用される上限:
    • データセットあたり 1 日 100 MB(ga:date)。たとえば、2014 年 10 月 10 日にまず 50 MB のデータをアップロードし、同じ日に 50 MB を追加でアップロードした場合、そのデータセットについては 2014 年 10 月 10 日の 100 MB の上限に達したことになります。

ウェブテスト

以下の割り当ては、ウェブテストにのみ適用されます。

  • ビュー(旧プロファイル)あたり 12 件のウェブテスト。statusDRAFTREADY_TO_RUNRUNNING のウェブテストは、この制限の対象としてカウントされます。ステータスが 2 日以上 ENDED のテストは、この制限の対象としてカウントされません。

非サンプリング レポート

以下の割り当ては、非サンプリング レポートにのみ適用されます。

  • 非サンプリング レポートの作成リクエストは、一般的な書き込みリクエストの割り当てとしてはカウントされません。
  • API では、管理画面での非サンプリング レポートの作成時と同じ、プロパティごとの 1 日あたりのトークン システムが使用されます。

ユーザー権限

以下の割り当ては、ユーザー権限にのみ適用されます。

  • ユーザーあたり 100 個のリンクされたアカウント。

バッチ処理される書き込みリクエスト(deleteinsertupdateのユーザー権限には、以下の制限が適用されます。

  • バッチ リクエストあたり 300 件のユーザー権限リクエスト。
  • バッチ処理された 30 件のユーザー権限リクエストは 1 件の書き込みリクエストとしてカウントされます。

Provisioning API

書き込みリクエスト

以下の割り当ては、Provisioning API の書き込みリクエスト(createAccountTicket など)に適用されます。

  • プロジェクトあたり 1 日 50 件のリクエスト。

Reporting API

以下の割り当ては、Core Reporting APIRealtime APIMulti-channel Funnel API V3Analytics Reporting API V4 などのすべての Reporting API に適用されます。

  • ビュー(旧プロファイル)あたり 1 日 10,000 件のリクエスト。
  • ビュー(旧プロファイル)あたり 10 件の同時リクエスト。

レポートエラー

この割り当ては、失敗した(5XX)レポート リクエストに適用されます。

  • プロジェクトあたりのプロファイルあたり 1 時間 10 件の失敗したリクエスト。
  • プロジェクトあたりのプロファイルあたり 1 日 50 件の失敗したリクエスト。

割り当ての上限を超えた場合

割り当てを超えた場合、Google アナリティクス API からは、追加のリクエストに対するエラー HTTP status code 403 Forbidden と、続行するには特定のアカウントに割り当ての不足があることを示すメッセージが返されます。詳しくは、利用規約をご覧ください。

追加割り当てのリクエスト

1 日のプロジェクト リクエスト数1 日の書き込みリクエスト数の割り当てのみ増やすことができます。アプリケーションで 1 日の割り当てを追加する必要があれば、以下の手順に従って追加割り当てをリクエストできます。

プロジェクトの使用制限を表示または変更したり、割り当てを増やすリクエストを 行ったりするには、次の手順を実行してください。

  1. プロジェクトの請求先アカウントが まだない場合は作成します。
  2. API コンソールで API ライブラリの 有効な API ページにアクセスし、一覧から API を選択 します。
  3. 割り当て関連の設定を表示および変更するには、[割り当て] を選択します。使用統計情報を 表示するには、[使用状況] を選択します。

引き上げリクエストを送信する前に、情報を確認し、割り当てリクエスト フォームの指示に従ってください。Reporting API V4 の場合、Developers Console の API 名はアナリティクス Reporting API V4 です。他のすべての V3 API(Management API V3、Core Reporting API V3、Real Time Reporting API V3 など)は、Developers Console の [アナリティクス API] という 1 つの API 名の下にあります。

割り当ての管理と、割り当てを使用するためのアプリケーションの調整について詳しくは、Monitoring API およびキャップの使用方法に関するセクションをご覧ください。