Provisioning API - 概要

このドキュメントでは、Google アナリティクスの Provisioning API の概要について説明します。

はじめに

Provisioning API を使って新しい Google アナリティクス アカウントを作成し、幅広い顧客に対して Google アナリティクスを利用可能にすることができます。Provisioning API は、正規サービス プロバイダや大企業のパートナーなどを対象としています。

たとえば、新規ユーザー登録手続きの一環として、Provisioning API を使って クライアントの新しい Google アナリティクス アカウントを作成し、追加の Management API リソースを使って プログラムによってアカウントの設定を行い、AdWords にリンクさせることができます。 これらの操作は、すべて自身の管理画面またはレポート画面内で自動化して 開始できます。

概要

サービス プロバイダは Provisioning API を使用して、プログラムによって新しい Google アナリティクス アカウントを作成できます。

Provisioning API を使って新しいアカウントを作成するための要件と大まかな手順を次に示します。

  1. エンドユーザーは、Google アカウントを持っているか、Google アナリティクスのプロビジョニング フロー中にアカウントを作成する必要があります。
  2. Google アナリティクスのプロビジョニング フローは、次の 2 つの手順で構成されています。
    1. エンドユーザーは、自身に代わってアカウントをプロビジョニングする権限をアプリケーションに許可します。
    2. エンドユーザーは、Google アナリティクス利用規約(TOS)とデータ共有設定ポリシーに同意します。
  3. アプリケーションがエンドユーザーに代わってアカウントを作成します。

新しく作成されたアカウントは、アプリケーションによって管理され、アプリケーションからアクセスすることができます。

プロビジョニング フロー全体の詳細については、Provisioning API に関するデベロッパー ガイドをご覧ください。

API アクセス

Provisioning API は招待されたユーザーのみ利用可能です。現在、新しいプロジェクトは受け付けておりません。