Core Reporting API - 一般的なクエリ

ここでは、Core Reporting API のクエリの中でも特に一般的なものを紹介 します。定義には、ディメンション、指標、フィルタ、並べ替えのパラメータのみ が含まれます。これらのクエリを使用する場合は、期間、最大結果件数などを 入力する必要があります。

一般的なクエリ

指定した期間のユーザーとページビュー

このクエリでは、指定した期間のユーザーとページビューの総数が返されます。このクエリにはディメンションは必要ありません。
metrics=ga:sessions,ga:pageviews
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

モバイル トラフィック

このクエリでは、携帯端末からのセッションに関する情報が返されます。「モバイル トラフィック」はデフォルトのセグメント ID -14 を使用して定義されます。
dimensions=ga:mobileDeviceInfo,ga:source
metrics=ga:sessions,ga:pageviews,ga:sessionDuration
segment=gaid::-14
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

収益創出キャンペーン

このクエリでは、サイト経由での複数の購入につながったキャンペーンに関するキャンペーン利用状況データとサイト利用状況データが返されます。
dimensions=ga:source,ga:medium
metrics=ga:sessions,ga:pageviews,ga:sessionDuration,ga:bounces
segment=dynamic::ga:transactions>1
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

ユーザー

新規セッションとリピート セッション

このクエリでは、新規セッション数とリピート セッション数が返されます。
dimensions=ga:userType
metrics=ga:sessions
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

国別のセッション

このクエリでは、国別のセッションの詳細がセッション数で並べ替えられて返されます。
dimensions=ga:country
metrics=ga:sessions
sort=-ga:sessions
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

ブラウザとオペレーティング システム

このクエリでは、セッションの詳細が、使用されているオペレーティング システム、ウェブブラウザ、ブラウザ バージョン別に返されます。
dimensions=ga:operatingSystem,ga:operatingSystemVersion,ga:browser,ga:browserVersion
metrics=ga:sessions
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

サイト滞在時間

このクエリでは、セッション数とサイトの合計滞在時間が返されます。これらの値から、サイトの平均滞在時間を計算することができます。
metrics=ga:sessions,ga:sessionDuration
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

トラフィックの参照元

すべてのトラフィックの参照元 - 利用状況

このクエリでは、サイト利用状況データが、参照元別とメディア別に分類され、セッション数の降順で並べ替えられて返されます。
dimensions=ga:source,ga:medium
metrics=ga:sessions,ga:pageviews,ga:sessionDuration,ga:exits
sort=-ga:sessions
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

すべてのトラフィック - 目標

このクエリでは、定義されている最初の目標とすべての目標のデータが、合計目標完了数の降順で並べ替えられて返されます。
dimensions=ga:source,ga:medium
metrics=ga:sessions,ga:goal1Starts,ga:goal1Completions,ga:goal1Value,ga:goalStartsAll,ga:goalCompletionsAll,ga:goalValueAll
sort=-ga:goalCompletionsAll
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

すべてのトラフィックの参照元 - e コマース

このクエリでは、指定された期間にサイトで生じた収益に関する情報がセッション数の降順で並べ替えられて返されます。
dimensions=ga:source,ga:medium
metrics=ga:sessions,ga:transactionRevenue,ga:transactions,ga:uniquePurchases
sort=-ga:sessions
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

参照元サイト

このクエリでは、ドメインのリストとそれぞれのドメインからサイトを参照したセッション数が、ページビュー数の降順で並べ替えられて返されます。
dimensions=ga:source
metrics=ga:pageviews,ga:sessionDuration,ga:exits
filters=ga:medium==referral
sort=-ga:pageviews
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

検索エンジン

このクエリでは、検索エンジンによるすべてのトラフィックのサイト利用状況データが、ページビュー数の降順で並べ替えられて返されます。
dimensions=ga:source
metrics=ga:pageviews,ga:sessionDuration,ga:exits
filters=ga:medium==cpa,ga:medium==cpc,ga:medium==cpm,ga:medium==cpp,ga:medium==cpv,ga:medium==organic,ga:medium==ppc
sort=-ga:pageviews
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

検索エンジン - オーガニック検索

このクエリでは、検索エンジンによるオーガニック検索トラフィックの利用状況データが、ページビュー数の降順で並べ替えられて返されます。
dimensions=ga:source
metrics=ga:pageviews,ga:sessionDuration,ga:exits
filters=ga:medium==organic
sort=-ga:pageviews
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

検索エンジン - 有料検索

このクエリでは、検索エンジンによる有料のトラフィックのサイト利用状況データが、ページビュー数の降順で並べ替えられて返されます。
dimensions=ga:source
metrics=ga:pageviews,ga:sessionDuration,ga:exits
filters=ga:medium==cpa,ga:medium==cpc,ga:medium==cpm,ga:medium==cpp,ga:medium==cpv,ga:medium==ppc
sort=-ga:pageviews
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

キーワード

このクエリでは、セッションの詳細が検索エンジンで使用されたキーワード別に分類され、セッション数の降順で並べ替えられて返されます。
dimensions=ga:keyword
metrics=ga:sessions
sort=-ga:sessions
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

コンテンツ

上位のコンテンツ

このクエリでは、人気のあるコンテンツがページビューの多い順に返されます。
dimensions=ga:pagePath
metrics=ga:pageviews,ga:uniquePageviews,ga:timeOnPage,ga:bounces,ga:entrances,ga:exits
sort=-ga:pageviews
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

上位のランディング ページ

このクエリでは、人気のあるランディング ページが、閲覧開始数の降順で並べ替えられて返されます。
dimensions=ga:landingPagePath
metrics=ga:entrances,ga:bounces
sort=-ga:entrances
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

上位の離脱ページ

このクエリでは、よく使われる離脱ページが、離脱数の降順で並べ替えられて返されます。
dimensions=ga:exitPagePath
metrics=ga:exits,ga:pageviews
sort=-ga:exits
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

サイト内検索 - 検索キーワード

このクエリでは、サイト内検索別のセッション数が、キーワードのユニーク検索数の降順で並べ替えられて返されます。
dimensions=ga:searchKeyword
metrics=ga:searchUniques
sort=-ga:searchUniques
Query Explorer でコードを実行してみましょう。

トップへ戻る