API 概要

ガジェットは、HTML を使用し、動的動作に JavaScript、Flash、Silverlight を使用して作成されるミニ アプリケーションです。ガジェットは複数のサイトやプラットフォームで使用されるため、それぞれの環境用に特別なタグやライブラリがあります。それらは中核の Gadgets API を拡張し、機能を追加します。

Gadgets API 拡張

OpenSocial

  • ソーシャル ガジェット作成機能を使用できます。
  • Orkut や iGoogle サンドボックスなど、OpenSocial API をサポートするコンテナ用のガジェットで利用できます。

Maps

  • データを地図に重ねて、地理情報に応じてデータを表示する機能を追加します。
  • Google マップ用のガジェット (マプレット) で利用できます。

Finance API

  • Google Finance から株式情報を取得して表示します。
  • iGoogle 用のガジェットで利用できます。

Ads

  • 動的なリッチ メディア広告を提供するガジェットを作成します。
  • Google AdSense により動作するガジェットで利用できます。

カレンダー

  • カレンダー上で動作するガジェットを作成し、時間に応じて変化する情報を表示します。
  • Google カレンダー用のガジェットで利用できます。

スプレッドシート New!

  • スプレッドシート上のデータをやり取りするガジェットを作成します。
  • スプレッドシート内だけでなく、ガジェットをサポートする別のウェブ ページ (iGoogle など) で利用できます。

サイトとプラットフォーム

ガジェットを使用できる場所は、下記のように増え続けています。

Google のサービス

  • iGoogle
  • Google アプリケーションの開始ページ
  • Google デスクトップ
  • Google マップ
  • Google ツールバー
  • orkut
  • Blogger
  • Google カレンダー
  • Google Spreadsheets API とツール

サードパーティの製品やサイト

  • MyAOL
  • IBM Websphere Portal
  • RedHat JBoss Portal
  • SUN のポータル
  • BEA WebLogic Portal

その他のサイト

  • すべてのウェブ ページ