警告:このデータは、 Googleユーザーデータポリシーに基づいて提供されています。ポリシーを確認して遵守してください。そうしないと、プロジェクトの停止またはアカウントの停止につながる可能性があります。

ワンタップサインインとサインアップを開始する

アプリにワンタップログインを追加する前に、GoogleAPIとAndroidプロジェクトを設定してください。

GoogleAPIコンソールプロジェクトを設定します

  1. でプロジェクトを開きAPIコンソール、またはお持ちでない場合は、プロジェクトを作成します。
  2. OAuth同意画面ページで、すべての情報が完全で正確であることを確認します。特に、アプリのプライバシーポリシーと利用規約のURLを指定していることを確認してください。
  3. [クレデンシャル]ページで、アプリのAndroidクライアントIDをまだ作成していない場合は作成します。アプリのパッケージ名とSHA-1署名を指定する必要があります。
  4. [資格情報]ページで、WebアプリケーションクライアントIDをまだ作成していない場合は作成します。 [承認されたJavaScriptオリジン]フィールドと[承認されたリダイレクトURI]フィールドは空白のままにすることができます。このクライアントIDは、認証バックエンドサーバーを表します。 (サーバーからGoogle APIを呼び出すときにこのクライアントIDを使用しますが、そうでない場合でも必要です。)

Androidプロジェクトに依存関係を含める

  1. プロジェクト・レベルのではbuild.gradleファイル、(GoogleのMavenのリポジトリが含まれていることを確認してくださいgoogle()の両方でご) buildscriptallprojectsセクションを。
  2. 依存関係を追加Google Playのサービスあなたのモジュールに「認証ライブラリ(アプリケーション・レベル)ビルドファイル(通常はapp/build.gradle ):

    apply plugin: 'com.android.application'
    
    dependencies {
      // ...
    
      implementation 'com.google.android.gms:play-services-auth:20.0.1'
    }
    

オプション:アプリをサイトに関連付ける

あなたが株式のアプリのサインインバックエンドというウェブサイトを持っている場合は、デジタル資産のリンクファイルを作成し、公開し、ユーザーが一つのプラットフォーム上で誰サインが簡単に他の上で署名することができるように。

次のステップ

あなたのアプリにワンタップサインインフローを追加します