割り当てとレポート機能

このページは、以前の Maps APIs for Work または Maps API for Business ライセンスのユーザーのみを対象にしています。このページの内容は、2016 年 1 月から利用可能になった新しい Google Maps APIs Premium Plan のユーザーには適用されません。

割り当て

Google Maps APIs for Work スイートのクライアント側 API では、購入済みの割り当てに対してページビューが適用されます。 ページビューは次のように定義されます。

  • Google Maps JavaScript API のページへの 1 回の読み込み。
  • Google Street View Image API イメージまたは Google Static Maps API イメージの 1 回のリクエスト。

  • Google Earth API のページへの 1 回の読み込み。

パン、ズーム、マップタイプの変更など、ユーザーがマップで行う操作で追加のページビューが生成されることはありません。

ページビューは、API がページに読み込まれた場合に生成されます。マップの表示に API が使用されない場合でも生成されます。 そのため、API を読み込む <script> タグをページ テンプレートに含めることはお勧めしません。省略可能なユーザー操作に応答する場合にのみマップが表示されるページに API を非同期に読み込むことをお勧めします。

購入済みの割り当てをすべて使い切ったときは、ライセンスをすぐに更新する必要があります。

レポート機能

使用統計情報は、次の 2 とおりの方法で分析できます。

  • 課金の対象となる Google Maps APIs for Work の使用状況についての詳細情報を取得するには、 Google Cloud Support Portal の [Maps: Usage Report] タブから利用できるレポートにアクセスします。

  • ユーザーが Google Maps JavaScript API アプリケーションで行った操作方法を確認するには、Analytics for Google Maps APIs for Workを有効にします。

使用状況レポート

Google Cloud Support Portal では、 Google Maps JavaScript API と Google Maps イメージ API についての詳細レポートが提供されます。

ポータルにログイン後、左側のナビゲーション パネルから [Maps: Usage Report] をクリックします。 チャンネル別および日付範囲別にフィルタをかけることができます。

これらのレポート内のデータは、Google が使用量に応じて課金を決定する際に使用するのと同じデータです。

チャンネル レポート

同じクライアント ID を使用して異なるアプリケーションの使用状況を追跡する場合、リクエストで省略可能な channel パラメータを指定できます。 アプリケーションのさまざまな側面に異なる channel 値を指定することで、アプリケーションの使用方法を正確に判断できます。

たとえば、社外向けウェブサイトでは channelcustomer を設定し、社内マーケティング部門では channelmkting を設定して API にアクセスします。 レポートでは、使用状況が channel 値別に分類されます。

チャンネル レポートは、Google Maps JavaScript API、イメージ API、または任意の Google Maps APIs ウェブサービスを使用するアプリケーションで利用できます。

channel パラメータは次の形式で使用する必要があります。

  • ASCII 英数字の文字列にする必要があります。
  • ピリオド(.)、アンダースコア(_)、およびハイフン(-)の各文字を使用できます。
  • channel パラメータでは大文字と小文字は区別されません。大文字、大文字と小文字の混在、小文字の channel パラメータは同じ文字の小文字に統一されます。

たとえば、CUSTOMER チャンネルの使用状況は、customer チャンネルの使用状況と組み合わされます。

  • channel 値はアプリケーション インスタンスごとに割り当てる静的な値にする必要があるため、動的に生成してはいけません。 たとえば、channel 値を使用して個人ユーザーを追跡してはいけません。

クライアント ID ごとに最大 2,000 個の個別チャンネルを使用できます。

channel パラメータは、次のように script タグの src 値に追加します。

<script src="https://maps.googleapis.com/maps/api/js?v=3&client=gme-yourclientid&channel=YOUR_CHANNEL"></script>

Analytics for Google Maps APIs for Work

Analytics for Google Maps APIs for Work を使って、ユーザーがマップでどのような操作を行っているかを把握できます。これにより、実際の使用統計情報を基に、アプリケーションを改善できます。

Analytics for Google Maps APIs for Work からは、次のような疑問の答えが得られます。

  1. 最もよく使われるズーム レベルとマップ タイプは何ですか。
  2. どの国のユーザーがジオコーディングの結果をリクエストしていますか。
  3. JavaScript サービスはどの程度の頻度で使用されていますか。

Analytics はコードを一切変更することなく有効にできます。また、ユーザーのプライバシーを保護するため、すべてのデータが集約され匿名化されます。

レポート機能は Google Maps JavaScript API と関連サービスで利用できます。

この [*Zoom Interactions*] レポートは、このクライアント ID に関連付けられたサイトの場合、多くのユーザーが 4~7 のズーム レベルを使用していることを示しています。

Analytics へのアクセス

Google Cloud Support Portal にアクセスし、 [Resources] リストから [Maps: Analytics] を選択します。 アカウントに複数のクライアント ID を関連付けている場合は、Analytics にアクセスするたびに、使用するクライアント ID とチャンネルを選択するよう求められます。

クライアント ID に対して Analytics を有効にする

Analytics はデフォルトでは無効になっています。そのため、クライアント ID ごとに有効にする必要があります。 クライアント ID ごとのレポートに初めてアクセスするときに、Analytics を有効にするかどうかを確認するメッセージが表示されます。 このプロセスが完了してから Analytics がデータの記録を開始するまでに最大で 5 分かかる場合があります。

チャンネル機能を利用することを選択し、現状 JavaScript の読み込み時にチャンネルを指定していない場合を除いて、既存のコードを変更する必要はありません。