Google Maps APIs for Work Usage Dashboard

このページは、以前の Maps APIs for Work または Maps API for Business ライセンスのユーザーのみを対象にしています。このページの内容は、2016 年 1 月から利用可能になった新しい Google Maps APIs Premium Plan のユーザーには適用されません。

概要

Google Maps APIs for Work Usage Dashboard では、Maps APIs for Work アプリケーションの使用状況や稼働状況の監視に役立つ詳細なレポートが提供されます。 特定のクライアント ID を使用したすべてのリクエストに対して、レポートデータが提供されます。

Usage Dashboard を使用すると、アプリケーションに関する以下の項目を素早く、簡単に確認できます。

  • ページビュー、クライアント サービスおよびウェブサービスの使用状況
  • ウェブサービスの 1 秒あたりのクエリ数(QPS)使用状況
  • ドメイン別のページビューとウェブサービスの使用状況
  • ウェブサービスのリクエスト成功率とエラー

過去 1 年間の任意の期間におけるレポートを作成できます。また、データをファイルにエクスポートすると、詳細な分析や共有が可能になります。 すべてのレポートでは、同じ Maps APIs for Work クライアント ID を使用する 1 つ以上のアプリケーションのデータを表示できます。

レポートのメリット

Google Maps APIs for Work Usage Dashboard で提供されるレポートは、アプリケーションの開発、マーケティングおよび購入などの目的に役立ちます。 たとえば、レポートは次の目的で使用します。

  • 異なる期間の使用状況を比較して、傾向を確認したりピーク使用時を特定したりする。

  • ページビューを測定し、購入する QPS の量を決定する。

  • ドメイン全体のページビュー数またはクライアント側サービス リクエスト数を確認して、ブランド、対象ユーザー、その他の要因別に使用状況を比較する。

  • アプリケーションが正しく動作しているかどうかを確認して、問題を解決する。

レポートに含まれる内容

データ クライアント / ウェブ 含まれる API / サービス
ページビュー クライアント JavaScript、Static Maps、Street View
ドメイン別のページビュー クライアント JavaScript、Static Maps、Street View
サービス リクエスト クライアント Geocoding、Directions、Elevation
サービス リクエスト ウェブ Geocoding、Directions、Distance Matrix、Elevation、Time Zone
ドメイン別のサービスリクエスト数 クライアント Geocoding、Directions、Elevation
1 秒あたりのクエリ数(QPS) ウェブ Geocoding、Directions、Distance Matrix、Elevation、Time Zone
サービス リクエスト成功率 ウェブ Geocoding、Directions、Elevation、Time Zone
サービス リクエスト エラー ウェブ Geocoding、Directions、Distance Matrix、Elevation、Time Zone

注: Usage Dashboard には、Google Places API、Google Maps Geolocation API、Google Maps Roads API、および Google Maps Mobile SDK for Work のレポートは含まれません。

Usage Dashboard へのログイン

初回のログイン

Usage Dashboard に初めてログインする前に、Google アカウントを Usage Dashboard にリンクする必要があります。 Google アカウントをまだお持ちでない場合は、この記事で作成方法をご確認ください。

  1. Google Cloud Support Portal にログインします。
  2. 左のパネルで、[Maps:Usage Report] をクリックします。
  3. [Access the new Usage Dashboard] を選択します。
  4. 画面の指示に従って Google アカウントを選択し、必要な場合そのアカウントにログインします。
  5. Usage Dashboard による Google アカウントへのアクセス許可を求めるメッセージで、[Approve] をクリックします。 この承認により、Google アカウントがサポート ポータルのアカウントとリンクされます。

これで、Usage Dashboard が表示されます。

注: Usage Dashboard にアクセスできない場合は、サポートにお問い合わせください。

初期セットアップ後のログイン

Google アカウントを Usage Dashboard にリンクした後は、次の URL で Usage Dashboard に直接アクセスできます。

https://maps-dashboard.appspot.com

Google アカウントにログインしていない場合は、Usage Dashboard とリンクしたアカウントでログインします。

レポートの使用

レポート グラフの表示

Google Maps APIs for Work Usage Dashboard では、使用傾向の時間推移を視覚化するのに役立つグラフィカルなレポートが提供されます。 マウスポインタをグラフに重ねるだけで、レポート内の各 API のデータを表示できます。 次に例を示します。

レポートの期間を変更する

デフォルトのレポートの期間は 7 日間ですが、過去 1 年間の任意の期間のカスタム レポートを簡単に作成できます (ただし [Dashboard] タブのレポートの期間は固定されています)。

注: [Web Services] タブでは、さらにドリルダウンして 1 時間ごとのアプリケーションのリクエスト成功率のデータを表示できます。これを行うには、3 日以下の期間を選択します。

期間を変更するには:

  1. [Page Views]、[Client Services] または [Web Services] タブで、[カレンダー] アイコン カレンダー アイコンの画像 をクリックします。
  2. 日付フィールドをクリックして開始日と終了日を選択します。
  3. チェックマーク ボタン チェックマーク ボタンの画像 をクリックします。

新しい期間が、[Dashboard] タブを除くすべてのタブのデータに適用されます。

注: Usage Dashboard に表示される日付のみのタイムスタンプ(時刻表示がない日付)は、すべて米国太平洋時間タイムゾーンで表されています。 短い期間が選択されたときに [Web Services] タブに表示される、より正確なタイムスタンプ(時間、分、または秒の精度)は、ローカル タイムゾーンで表されます。

レポートデータのエクスポートと分析

他のツールでレポートデータを分析する場合や、レポートデータを共有する場合は、[Page Views]、[Client Services]、および [Web Services] タブの任意のデータをカンマ区切り値(CSV)ファイルにエクスポートできます。

たとえば、データをスプレッドシート プログラム(Google Sheets など)、分析プラットフォーム、またはビジネス インテリジェンス ツールで開いて、傾向分析、ウェブサイト全体のトラフィックとの使用状況の比較、将来の使用状況の推定などを行うことができます。

データをエクスポートするには:

  1. 必要に応じてレポートの期間を変更します。
  2. レポートパネルの左下隅で、CSV ダウンロード ボタンの画像 をクリックします。
  3. ファイルを保存します。

ページビュー レポート

年次および月次データのスナップショットを表示する

[Dashboard] タブの [Page View Consumption] パネルにはアプリケーションに関する次の情報が表示されます。

  • 過去 1 年間の合計ページビュー
  • 1 か月の平均ページビュー
  • 1 日の平均ページビュー

ヒント: 今後 12 か月で購入する必要があるページビューを計算するには、1 か月の平均実行レートを 12 で乗算します。

[Total Request] パネルには、過去 30 日のアプリケーションのページビュー使用状況のグラフが表示されます。

ページビュー使用状況の詳細を表示する

[Page Views] タブをクリックします。 [Total Requests] パネルに、選択された期間内の各日の合計ページビュー リクエスト数が表示されます。 右のパネルには、グラフのデータが表示されます。 必要に応じて、レポートの期間を変更したり、詳細な分析用にデータをエクスポートしたりします。

ページビュー使用状況をドメイン別に表示する

[Page Views] タブをクリックします。 [By Authorized Domain] パネルには、選択された期間の各ドメインおよび各 API の合計ページビュー リクエスト数が表示されます。 アプリケーションのリクエストのチャンネル パラメータを指定している場合、ドメインとチャンネル別の使用状況データの明細が表示されます。

注: レポートには、Google Maps APIs データをリクエストした所定のクライアント ID について Google Cloud Support Portal で登録されているすべてのドメインが表示されます。

必要に応じて、レポートの期間を変更したり、詳細な分析用にデータをエクスポートしたりします。

クライアント サービス レポート

クライアント側の合計使用量を表示する

[Client Services] タブをクリックします。 選択された期間内の各日について、[Client-Side Services Usage] パネルに、アプリケーションの JavaScript 実装により実行された合計リクエスト数が表示されます。 右のパネルには、グラフのデータが表示されます。

必要に応じて、レポートの期間を変更したり、詳細な分析用にデータをエクスポートしたりします。

クライアント側の使用状況をドメイン別に表示する

[Client Services] タブをクリックします。 [By Authorized Domain] パネルに、選択された期間の各ドメインのクライアント側サービス リクエスト数が表示されます。 アプリケーションのリクエストのチャンネル パラメータを指定している場合、ドメインとチャンネル別の使用状況の明細が表示されます。

注: レポートには、所定のクライアント ID について Google Cloud Support Portal で登録されているすべてのドメインが表示されます。

必要に応じて、レポートの期間を変更したり、詳細な分析用にデータをエクスポートしたりします。

ウェブサービス レポート

1 秒あたりのクエリ数(QPS)データを表示する

[Web Services] タブをクリックします。 [Queries Per Second] パネルに、選択された期間の各 API に関する次のデータが表示されます。

  • アプリケーションで使用された平均 QPS
  • アプリケーションで使用された最大 QPS
  • 99 % の確率でアプリケーションが使用する QPS

Distance Matrix API の場合、リクエスト数ではなく、1 秒あたりのエレメント数 (出発地と目的地のペア)が表示されます。

必要に応じてレポートの期間を変更します。

ヒント: QPS データを参考にして、購入する QPS の量を決定します。

ウェブサービス使用状況の詳細を表示する

[Web Services] タブをクリックします。 [Total Requests] パネルに、選択された期間内の各日の合計ウェブサービス リクエスト数が表示されます。 Distance Matrix API の場合、リクエスト数ではなく、1 日あたりのエレメント数 (出発地と目的地のペア)が表示されます。

必要に応じて、レポートの期間を変更したり、詳細な分析用にデータをエクスポートしたりします。

注: 右のパネルには、アプリケーションのウェブサービス リクエストの成功率、およびアプリケーションのリクエストが受信したすべてのエラーが表示されます。

詳細については、「アプリケーションの稼働状況レポート」をご覧ください。

アプリケーションの稼働状況レポート

アプリケーションの稼働状況を把握する

[Dashboard] タブの [Application Status] パネルでは、過去 2 日間のアプリケーションのパフォーマンスを把握できます。 次のアイコンは、Google Maps APIs データに対するアプリケーションのウェブサービス リクエストの成功率を示しています。

icon 説明

良好: 95% 以上のリクエストが成功しています。

警告: 80 ~ 94% のリクエストが成功しています。

アラート: 80% 未満のリクエストが成功しています。

リクエストなし:アプリケーションはこの API を使用していません。

マウスポインタを API に重ねると、詳細情報が表示されます。

ウェブサービス リクエストの成功率の確認

[Web Services] タブをクリックします。 [% Request Success] パネルのグラフに、選択された期間のアプリケーションのウェブサービス リクエストの成功率が示されます。

必要に応じて、レポートの期間を変更したり、詳細な分析用にデータをエクスポートしたりします。

ウェブサービス リクエスト エラーの確認

[Web Services] タブをクリックします。 [% Request Success] パネルの下に、アプリケーションが受信したエラーコードが表示されます(選択された期間でアプリケーションのウェブサービス成功率が 100% 未満の場合)。

必要に応じてレポートの期間を変更します。 分レベルのタイムスタンプの 1 時間ごとのデータを表示するには、3 日以下の期間を選択します。 エラーを詳細に分析してトラブルシューティングを行うには、データをファイルにエクスポートします。

Usage Dashboard には、アプリケーションが Google Maps APIs ウェブサービスをリクエストしたときに受信したと考えられる次のエラーのタイプが表示されます。 解決策については、デベロッパー サイトの Google Maps APIs ウェブサービスのセクションをご覧ください。

エラーコード 説明
OVER_DAILY_LIMIT アプリケーションのリクエスト数が 1 日の上限を超過しました。 このエラーが発生した場合、ウェブサービスはさらなる使用が許可されるまでデータを返しません。
OVER_QPS_LIMIT ウェブサービスに対するアプリケーションの 1 秒あたりのクエリ数(QPS)が 1 秒あたりの制限を超過しました。 このエラーが発生した場合、ウェブサービスはさらなる使用が許可されるまでデータを返しません。
INVALID_SIGNATURE アプリケーション リクエストに無効なデジタル署名があります。 署名および署名の生成方法の詳細については、認証と承認のページの デジタル署名のセクションをご覧ください。
INVALID_REQUEST ウェブサービスは、アプリケーションのリクエストを解析できませんでした。 このエラーは、通常はリクエストに情報が欠落している場合に発生します。
INTERNAL_ERROR アプリケーションのリクエストの処理中にエラーが発生しましたが、ウェブサービスは理由を返しませんでした。

サポートとフィードバック

テクニカル サポートを受ける

Google Maps APIs for Work Usage Dashboard に関して支援が必要な場合は、Google Cloud Support Portal でケースを作成できます。

  1. Google Cloud Support Portal にログインします。
    注: ログイン認証情報がない場合は、ポータルへの アクセスをリクエストできます。
  2. [Cases] タブをクリックします。
  3. [Create New Case] をクリックします。
  4. [Product Name] で、My product isn’t listed] をクリックします。 次に、ドロップダウン リストから [Google Maps] を選択します。
  5. [Group] とケースの [Components] で、[Other] を選択します。
  6. [Priority] を、 優先度の指定に従って設定します。
  7. 説明欄に、問題の概要と再現手順を記入します。 問題が Google Maps APIs for Work Usage Dashboard と関連することを必ず示してください。

フィードバックを送信する

Google Maps APIs for Work Usage Dashboard に関する機能の提案、問題の報告、またはその他のフィードバックの送信を行うことができます。 Google から個人的に返信はできませんが、お送りいただいたフィードバックを基に Usage Dashboard のエクスペリエンスを改善します。

  1. 任意の [Dashboard] タブの右下隅で、[Send Feedback] ボタン フィードバックボタンの画像 をクリックします。
  2. 画面の指示に従います。