割り当てとレポート機能

このページは、以前の Maps APIs for Work または Maps API for Business ライセンスのユーザーのみを対象にしています。このページの内容は、2016 年 1 月から利用可能になった新しい Google Maps APIs Premium Plan のユーザーには適用されません。

使用制限

Google Maps APIs for Work のユーザーには、Google Maps APIs ウェブサービスに以下の使用制限が提供されます。

ウェブサービス 使用制限
Directions 日単位の割り当て。24 時間あたり 100,000 回のリクエストを最低とし、年間契約購入に応じて増加。 1 回のリクエストあたり最大 23 点のウェイポイント。 レート制限は 1 秒あたり 10 回のリクエスト。
Elevation 日単位の割り当て。24 時間あたり 100,000 回のリクエストを最低とし、年間契約購入に応じて増加。 1 回のリクエストあたり最大 512 地点。 レート制限は 1 秒あたり 10 回のリクエスト。
Geocoding 日単位の割り当て。24 時間あたり 100,000 回のリクエストを最低とし、年間契約購入に応じて増加。 レート制限は 1 秒あたり 10 回のリクエスト。
Distance Matrix 日単位の割り当て。24 時間あたり 100,000 個の要素を最低とし、年間契約購入に応じて増加。 1 回のクエリあたり最大 625 個の要素。10 秒あたり最大 1,000 個の要素。
Time Zone 日単位の割り当て。24 時間あたり 100,000 回のリクエストを最低とし、年間契約購入に応じて増加。 レート制限は 1 秒あたり 10 回のリクエスト。
Roads 日単位の割り当て。24 時間あたり 100,000 回のリクエストを最低とし、年間契約購入に応じて増加。 レート制限は 1 秒あたり 10 回のリクエスト。 1 回のリクエストあたり最大 100 地点。

これらの使用制限は、Google Maps APIs for Work の各クライアント ID に適用され、所定のクライアント ID を使用するすべてのアプリケーションと IP アドレス間で共有されます。

1 日の割り当ては、午前 0 時(太平洋標準時)にリセットされます。

使用制限を増やす必要がある場合は、購入情報について Google Maps APIs for Work Account Manager にお問い合わせください。

レポート機能

Google Maps APIs ウェブサービスのレポートは、Google Cloud Support Portal から利用できます。

  1. Google Cloud Support Portal にログインします。
  2. 左側のナビゲーション パネルで、[Maps: Usage Report] をクリックします。
  3. そのページの下部にある [Switchto web services report] をクリックします。
  4. [API type] プルダウンを使用して、レポートを表示するサービスを選択します。

チャンネル レポート

同じクライアント ID を使用して異なるアプリケーションの使用状況を追跡する場合、リクエストで省略可能な channel パラメータを指定できます。 アプリケーションのさまざまな側面に異なる channel 値を指定することで、アプリケーションの使用方法を正確に判断できます。

たとえば、社外向けウェブサイトでは channelcustomer を設定し、社内マーケティング部門では channelmkting を設定して API にアクセスします。 レポートでは、使用状況が channel 値別に分類されます。

channel パラメータは次の形式で使用する必要があります。

  • ASCII 英数字の文字列にする必要があります。
  • ピリオド(.)、アンダースコア(_)、およびハイフン(-)の各文字を使用できます。
  • channel パラメータでは大文字と小文字は区別されません。大文字、大文字と小文字の混在、小文字の channel パラメータは同じ文字の小文字に統一されます。

たとえば、CUSTOMER チャンネルの使用状況は、customer チャンネルの使用状況と組み合わされます。

  • channel 値はアプリケーション インスタンスごとに割り当てる静的な値にする必要があるため、動的に生成してはいけません。 たとえば、channel 値を使用して個人ユーザーを追跡してはいけません。

クライアント ID ごとに最大 2,000 個の個別チャンネルを使用できます。

channel パラメータは、次のようにリクエストの URL に含めます。

https://maps.googleapis.com/maps/api/geocode/json
  ?address=101+Main+St
  &client=gme-yourclientid
  &channel=your_channel
  &signature=your_signature