よくある質問: ライセンスの更新

注: 新規のお申し込み時または新規のお客様は、Google Maps Platform プレミアム プランをご利用いただけません。

この「よくある質問」は、以前のライセンス(Maps API for Business または Maps API for Work)を新しい Google Maps Platform プレミアム プランに更新するお客様が対象となります。このプレミアム プランは 2016 年 1 月にリリースされました。プレミアム プランについて詳しくは、プレミアム プランの概要をご覧ください。

Google Maps Platform プレミアム プランのご紹介

ライセンスの更新

使用モデルについて

使用状況レポートの表示

アプリケーションの開発

サポートの利用

Google Maps Platform プレミアム プランのご紹介

Google Maps APIs for Work ライセンスの変更点を教えてください。

これまで、Google Maps API for Work をご利用のお客様は、Places API、Mobile SDK、Roads API、Geolocation API など、一部の API については、ライセンスと割り当てを個別に購入する必要がありました。新しい Google Maps Platform プレミアム プランでは、1 つの使用割り当てで、一連のサービスに幅広くアクセスできます。また、プレミアム プランには次のような変更点も加えられています。

  • Maps API クレジットという新しいレートが導入され、Maps API へのリクエストはこのレートで割り当てを消費します。
  • ウェブサービス API に対する QPS(1 秒あたりのクエリ回数)の既定の使用制限が引き上げられています。
  • クライアント側リクエストの使用量の課金が新しくなっています。
  • ウェブサービスとクライアント側サービスの無料の QPD(1 日あたりのクエリ回数)共有プールが新しく導入されています。
  • Maps JavaScript API の使用モデルが変更され、ページビューではなく地図の読み込みが使用されるようになります。
Maps APIs for Work ライセンスを新しい Google Maps Platform プレミアム プランに変更するのはなぜですか?

Google マップのサービス内容は、長い年月をかけて新しい API を加えながら、より堅牢になるよう拡張されてきました。このような API により、デベロッパーや企業は新しいアプリケーションやソリューションにマッピングを統合できるようになります。しかし API スイートの拡張に伴い、サービス内容が複雑になっていることも認識していました。新しい Google Maps Platform プレミアム プランを導入したのは、Google が提供しているサービスと利用モデルをわかりやすくするためです。

  • Google の一連のサービスには、カスタマイズ性と拡張性に優れたモバイル対応地図を、アプリやサイトに実装するためのツールがすべて揃っています。使用する API を事前に決めたり、価格や使用制限が異なる API を個別に購入する必要がなくなります。
  • わかりやすくなった使用モデルにより、共通割り当てプールに対するアプリケーションの使用状況の把握と追跡が容易になります。アプリケーションが使用している割り当て数や、円滑な実行を継続するために必要なことを正確に把握できるようになり、契約途中でのアップグレード、割り当ての追加、QPS の引き上げを行う必要性が少なくなります。
新しい Google Maps Platform プレミアム プランに含まれる API を教えてください。

プレミアム プランに含まれる API のリストについては、プレミアム プランの概要をご覧ください。

Places API、Mobile SDK、Geolocation API、Roads API を個別に購入することはできますか?

これらの API は個別に入手できなくなります。プレミアム プランでは、Google の一連のサービスをご利用いただけます。

ライセンスの更新

新しい Google Maps Platform プレミアム プランに更新した方がよいのはなぜですか?

Google Maps API for Work ライセンスでは、更新は提供されなくなりました。ビジネスや組織で以下のいずれかが必要な場合は、新しい Google Maps Platform プレミアム プランに更新する必要があります。

  • 24 時間のテクニカル サポートが組み込まれた SLA
  • Google マップが埋め込まれた製品またはサービスの販売
  • 社内アプリケーションやウェブサイトでの Google Maps Platform の使用
  • 特定の量の割り当て
  • アセット トラッキング アプリケーションでの Google Maps Platform の使用(Places API を除く)
  • 既存の Google Maps API for Work ライセンスで利用できるプレミアム機能
既存のライセンスを、いつ新しい Google Maps Platform プレミアム プランに更新できますか?

現在のライセンスを更新するときに、新しいプレミアム プランに移行できます。現時点では、契約の途中での移行には対応していません。更新の時期になりましたら、新しいプレミアム プランの詳細およびアプリケーションの使用状況に基づく価格見積もりについて、Google の営業担当者または Google マップ パートナーにお問い合わせください。

自動更新をご利用の場合: 前の Google Maps API for Work ライセンスの自動更新がキャンセルされたことを示す通知が、ライセンスの終了日前に送られてきます。ライセンスを新しいプレミアム プランに更新した後、自動更新を再設定できます。

Google Maps Platform プレミアム プランにライセンスを更新するには、Google アカウントが必要ですか?

はい。Google Maps Platform Console にアクセスするには、Google アカウントが必要です。ここで Google Cloud Platform がプロビジョニングされます。Google アカウントの設定の詳細については、Google Cloud Platform Console へのログイン方法に関する記事をご覧ください。

Google Maps API 標準プランにダウングレードすることはできますか?

はい。ニーズが変わり、Maps API 実装が適している場合、ライセンスの更新時にプレミアム プランではなく、従量課金製品の標準プランを使用することを選択できます。詳細については、料金とプランをご覧ください。

使用モデルについて

Maps API クレジットとは何ですか。また、どのように消費されますか?

異なる API ごとに個別の使用制限を設定するのではなく、API を使用するためのすべての割り当てを Maps API クレジット という 1 つのプールにまとめました。ユーザーはこのクレジットを購入します。Maps API クレジットと、さまざまな API へのリクエストでのクレジットの使用レートの詳細については、使用レートと上限をご覧ください。

Google Maps Platform プレミアム プランの使用制限について教えてください。

プレミアム プランの使用量上限について詳しくは、使用レートと上限をご覧ください。

新しい地図の読み込みと、Maps JavaScript API のページビューの違いは何ですか?

以前までは、Maps JavaScript API を使用するアプリケーションは、ページビューに応じて割り当てを消費しました。ページビューは、Maps JavaScript API の <script> タグがウェブページに含まれていた場合に(そのページに地図が実際に表示されたかどうかに関係なく)カウントされます。Google Maps Platform プレミアム プランでは、ページビューではなく地図の読み込み がカウントされます。地図の読み込みは、ウェブページ(new google.maps.Map() の呼び出し)またはモバイルアプリで、マップが実際にインスタンス化された場合のみカウントされます。

この変更の大きなメリットは、Maps JavaScript API タグが、地図を表示していないサイトのページに誤って含まれており、余計な料金が発生していないか確認する必要がなくなることです。この問題は、サイト テンプレートに Maps JavaScript API タグが含まれている場合などに生じることがあります。効率性を高めるため、Maps JavaScript API は不要な場合は読み込まないようにすることをおすすめしますが、誤って読み込んでも料金は発生しません。

Places API のクライアント側リクエストは、ウェブサービス リクエストと同じように課金されますか?

はい。Google Maps Platform のプレミアム プランでは、クライアント側(JavaScript Places ライブラリ経由)と Places API のウェブサービス(サーバー側)リクエストの両方に、Maps API クレジットが 2 ポイント請求されます。以前までは、クライアント側のプレイス リクエストは、プレイスの割り当てに対して報告されませんでした。今後は、クライアント ID を使用して、Google Cloud サポート ポータルでプレイスの使用状況に関する詳細なレポートを取得できるようになります。

プレイスの詳細リクエストに対しては Maps API クレジットが 2 ポイント課金され、プレイスのオートコンプリート リクエストに対しては 0.1 ポイントのみが課金される理由を教えてください。

Places API では、ビジネス データやその他のプレイスデータが保存された大規模なデータベースを使用しています。店舗などは開店や閉店が頻繁に行われるため、このデータベースのデータを正確な状態に維持するには、多くの時間と労力がかかります。そのため、プレイスの詳細リクエストの課金を増やすことが必要でした。プレイス オートコンプリートについては、多くの場合、ユーザーは数文字を入力するだけで、プレイスを見つけることができるため、リクエストごとにわずかなクレジットしか課金されません。

アプリケーションの Maps API クレジット使用量を見積もる方法を教えてください。

クレジット使用量の計算方法の詳細については、クレジットの計算例をご覧ください。

レポートの表示

アプリケーションのリクエストと Maps API クレジットの使用量に関するレポートを表示する方法を教えてください。

Google Maps Platform プレミアム プランで利用可能なレポートツールの詳細については、レポートの概要をご覧ください。

アプリケーションの開発

Google Cloud Platform Console のプロジェクト ID とクライアント ID は、両方発行されますか?

はい。ウェルカム レターには、Google Cloud Platform Console のプロジェクト ID とクライアント ID が記載されています。

提供される Google Cloud Platform Console プロジェクトでは、対象 API がすべて有効になっていますか?

はい。新しい Google Maps Platform プレミアム プランでは、同一の Google Cloud Platform Console プロジェクトですべての API が自動的にプロビジョニングされます。開発者は同じ API キーを使って、1 つのプロジェクトにインクルードされるすべての Maps API にアクセスできます。API キーでは、リアルタイムの使用状況レポートと、過去 30 日間の使用状況の履歴データにアクセスできます。Maps API Analytics、チャネルごとの使用量レポート、過去 30 日よりも前の履歴データのレポートなどの機能が必要な場合は、Places API、Geolocation API、Roads API、Mobile SDK(Android、iOS)を除くすべての API で、API キーの代わりにクライアント ID を使用できます。

新しい使用モデルでは、クライアント側とサーバー側の使用状況に違いはありますか?

いいえ。新しい Google Maps Platform プレミアム プランでは、クライアント側とウェブサービス(サーバー側)のすべてのリクエストで、同数の Maps API クレジットが消費されます。使用レートと制限をご覧ください。

クライアント側リクエストがウェブサービス リクエストと同じように課金されるようになることで、アプリケーションの実装を変更する必要はありますか?

実装を変更する必要はありません。ただし、一般的には、効率を高めるために、可能ならアプリケーションではクライアント側リクエストを使用することをおすすめします。

Google Cloud Platform Console で有効になるサービスに変更はありますか?

はい。Google Maps Platform プレミアム プランでは、Google Cloud Platform Console プロジェクトで、Google Maps Mobile SDK for Work を有効にする必要がなくなりました。ただし、これらのサービスで利用できる同じプレミアム機能には、引き続きすべてアクセスできます。この変更のもう 1 つのメリットとして、Google Cloud Platform Console でこれらのサービスを表示するためにプロジェクト所有者の追加承認を要求する必要がなくなります。

Google Maps Mobile SDK for Work で以前まで利用できたモバイル機能にアクセスする方法を教えてください。

Google Cloud Platform Console では Google Maps Mobile SDK for Work を利用できなくなりますが、コンソールで有効にした標準エンドポイントを使用して、プレミアム モバイル機能(Maps SDK for iOSMaps SDK for Android)に引き続きアクセスできます。プレミアム機能にアクセスするために、コードを変更する必要はありません。サインアップ中に作成されるプロジェクトの API キーを使用し続けるだけで、静的ライブラリを使用できます。静的ライブラリを使用して地図を読み込むだけで、プレミアム モバイル機能にアクセスできることを確認できます。地図の読み込みの詳細については、デベロッパー ガイドをご覧ください。

Android 用の動的ライブラリは、Google Maps Platform プレミアム プランで利用できますか?

はい。プレミアム プランでは、静的ライブラリだけでなく、Android 用の動的ライブラリも使用できるようになります。

サポートの利用

Google Maps Platform プレミアム プランのテクニカル サポートを利用する方法を教えてください。

プレミアム プランには、現在と同じ 24 時間のテクニカル サポートが含まれています。詳しくは、サポートとリソースをご覧ください。

Google Maps Platform プレミアム プランの SLA に変更はありますか?

いいえ。プレミアム プランには、これまでと同じ堅牢なサービスレベル契約が適用されます。詳しくは、サポートとリソースをご覧ください。