事例紹介

adidas は、オブジェクト検出と
トラッキングを使用して、
店舗での買い物体験を拡充。

adidas は、世界で最も広く知られているスポーツ会社の一つです。adidas アプリは、スポーツやスニーカーの本拠地として、スニーカーのドロップやシーズンごとのファッション アイテム、アスリートのアイデアなどにすばやくアクセスできるように。

adidas の小売店では、消費者が自分のサイズに合う靴を購入できるかどうかを知りたいと思っています。adidas の店員はタブレットを使って在庫をリアルタイムに確認していますが、adidas アプリではユーザーが自身を確認できるようになっています。

adidas アプリチームは、消費者がバーコードをスキャンせずに靴を簡単に探せるように、従来のビジュアル検索を選択しています。しかし、お客様が写真を撮るのが近すぎたり遠すぎたりした場合、消費者は不満を感じ、結果が不正確になり、時間が無駄になる可能性があります。

ML Kit のオブジェクト検出とトラッキング API の導入により、チームはシームレスで直感的なエクスペリエンスを作り出すことができました。adidas アプリを Android または iOS で起動して [使ってみる] ボタンを押すと、スマートフォンのカメラがアクティブになり、この API が使用されて、リアルタイムで靴がシームレスに検出され、数秒以内に数百もの商品との画像認識の一致が返されます。

ML Kit は、adidas の場合はスポーツ アパレルやフットウェアなど、対象のオブジェクトをリアルタイムで検出します。これらの検出に基づいて、adidas アプリはクラウドベースの画像認識サービスから画像認識結果をプリフェッチしてから、ユーザーが対象オブジェクトの結果を明示的にリクエストします。これにより、ユーザーが求める結果が表示されるまでの時間が大幅に短縮され、シームレスで快適なビジュアル検索を実現できます。

「ML Kit の Object Detection と Tracking API を使用することで、ユーザーが求めるものを迅速かつ正確に捉えることができただけでなく、『Bring it to me』というシームレスなカスタマー ジャーニーも実現できるようになりました」と、adidas のデジタル リテール プロダクト リード Chris Kettle 氏は述べています。「お客様が靴をスキャンしてサイズを選択したら、店員は店のどこからでもそのペアに出すことができます。この機能は、すべてのお客様にご愛用いただいております。