ML Kit

デバイス上のオンデバイスの機械学習を使用して、現実世界の問題を簡単に解決できます。

ML Kit は、Google のオンデバイスの機械学習の専門知識を Android アプリと iOS アプリに提供するモバイル SDK です。Google の強力かつ簡単な Vision API と Natural Language API を使用して、アプリにおける一般的な課題を解決したり、まったく新しいユーザー エクスペリエンスを作成したりできます。これらはすべて Google の最高水準の ML モデルを利用しており、無料で提供されています。

ML Kit の API はすべてデバイス上で実行されるため、たとえば、ライブカメラ ストリームをリアルタイムで処理するユースケースが可能になります。これは、機能がオフラインで使用可能であることも意味します。

最新情報

  • テキスト認識 v2 のベータ版をリリースしました。これにより、中国語、デバナーガリー語、日本語、韓国語のスクリプトのサポートが追加され、対応言語が大幅に増えました。また、ML ベースのブロック/段落検出の改善と、全体的な認識精度の向上も実現しました。

  • Google I/O 2021 で ML Kit: モバイルアプリでオンデバイス ML を使用するためのターンキー API を発表しました。このセッションでは、ML Kit の新機能について紹介し、SDK を使用してオンデバイスの機械学習を使ってアプリを構築することがいかに簡単であるかを示します。

  • また、モバイルアプリとウェブアプリのデベロッパーがデバイス上の ML の使用を開始する際に役立つ、新しいデバイス上の機械学習ページをリリースしました。ML Kit などのすぐに使用できるソリューションから、TensorFlow Lite Model Maker などのモデルのトレーニング ツールまで、Google が提供するすべてのソリューションの概要が明確に示されています。

  • ML Kit が一般提供(GA)になりました。ただし、姿勢検出、エンティティ抽出、テキスト認識 v2、自撮りセグメンテーションのベータ版は例外です。

詳細

その他のリソース

ML Kit のターンキー API がニーズを満たしておらず、よりカスタムなソリューションが必要な場合は、デバイス上の機械学習ページにアクセスして、デバイス上の機械学習に関するすべてのソリューションとツールに関するガイダンスをご覧ください。