MLKitFaceDetection フレームワーク リファレンス

顔検出器

class FaceDetector : NSObject

画像内の顔を検出する顔検出器。

  • 指定されたオプションを使用して顔検出器を返します。

    宣言

    Swift

    class func faceDetector(options: MLKFaceDetectorOptions) -> Self

    パラメータ

    options

    顔検出器を構成するオプション。

    戻り値

    指定されたオプションで構成された顔検出器。

  • デフォルトのオプションで顔検出器を返します。

    宣言

    Swift

    class func faceDetector() -> Self

    戻り値

    デフォルトのオプションで構成された顔検出器。

  • 利用できません。クラスメソッドを使用します。

  • 指定された画像を処理して顔を検出します。

    宣言

    Swift

    func process(_ image: MLKitCompatibleImage, completion: @escaping FaceDetectionCallback)

    パラメータ

    image

    処理する画像。

    completion

    顔スレッドが検出されるかエラーでメインスレッドにコールバックするハンドラ。

  • 指定された画像の顔の結果を返します。エラーが発生した場合は nil を返します。顔検出は、呼び出し元のスレッドで同期して実行されます。

    UI をブロックしないように、メインスレッド以外でこのメソッドを呼び出すことをおすすめします。その結果、このメソッドがメインスレッドで呼び出されると、NSException が発生します。

    宣言

    Swift

    func results(in image: MLKitCompatibleImage) throws -> [MLKFace]

    パラメータ

    image

    結果を取得する画像。

    error

    結果の取得時にエラーが発生した場合に設定されるエラー パラメータ(省略可)。

    戻り値

    顔の画像の配列が指定された画像になります。エラーが発生した場合は nil になります。