Nearby の最新情報やお知らせについては、メーリング リストをご覧ください。

適切な API の選択

以下のガイドラインに沿って、アプリに適した Nearby API を選択してください。

Nearby Connections

Nearby Connections API を使用すると、ネットワーク接続にかかわらず、アプリが付近のデバイスに対して簡単にデータ検出や接続、データ交換を行うことができます。Bluetooth、Wi-Fi などのテクノロジーを使用し、アプリが複雑なデバイスの検出と操作に集中できるよう、こうしたテクノロジーの複雑さを隠すように設計されています。

アプリが次の場合、Nearby Connections API を選択する必要があります。

  • インターネット接続を必要とせず、各オペレーションでのネットワークのラウンドトリップ費用なしで、付近のデバイスを検出したいと考えています。

  • コンテンツのストリーミング、または任意のデバイス間でのペイロードまたはファイルの送信が必要な場合。

  • Wi-Fi Aware など、利用可能な場合は最新のピアツーピア テクノロジーを使用したい。

  • Android デバイス間での通信だけが必要です。

Nearby Messages

Nearby Messages API を使用すると、アプリが他のデバイスで登録と受信ができる小さいメッセージを公開できます。メッセージはクラウドを介して送信されます。付近のデバイスは、Bluetooth と近超音波を使用して検出されます。

Nearby Messages API を使用すると、アプリはビーコン プラットフォームを使用して付近の Bluetooth Low Energy ビーコンを検出し、そのビーコンに添付されたメッセージを取得できます。

アプリが以下の条件を満たす場合は、Nearby Messages API を選択してください。

  • インターネットに接続しているときに、付近のデバイスを検出したい。

  • 付近のデバイスから一方向の小さなペイロードを取得したい。Nearby Messages は、デバイス間の双方向通信に適していません。双方向の通信が必要な場合は、Nearby Connections を使用します。

  • 検出したデバイスにおおよその距離のしきい値を設定したい(たとえば、同じ部屋にあるデバイスのみを検出する)。

  • Bluetooth Low Energy ビーコンをスキャンし、ビーコン プラットフォームに登録されたビーコン添付ファイルを取得したい。

  • Android デバイスと iOS デバイス間で通信する場合。