404 ページをカスタマイズする

404 ページとは、ユーザーがサイト上で存在しないページにアクセスしようとした際に表示されるページのことです。無効なリンクをクリックした場合、ページが削除されている場合、URL を間違えて入力した場合などに表示されることがあります。

サーバーが返す標準の 404 ページを使用することもできますが、そうしたページは魅力的ではなく、自分のウェブサイトに合わない場合があります。404 ページをカスタマイズすれば、自分のサイトに合わせたページで有益な情報を提供できます。

サーバーへのアクセス権がある場合は、独自の 404 ページを作成することをおすすめします。404 ページをわかりやすくカスタマイズすることにより、探している情報の場所をユーザーに知らせることができます。また、役に立つ他のコンテンツを提供して、サイト内をさらに探すよう促すこともできます。

404 ページは標準の HTML ページにすることもできるため、自由にカスタマイズできます。ユーザーをサイトにとどまらせ、探している情報を見つけるのを助ける効果的な 404 ページを作成するには、次のようにすることをおすすめします。

  • ユーザーに対して、探しているページが見つからないことを明確に伝えます。親しみやすく魅力的な言葉を使用します。
  • 404 ページを、サイトのその他の部分と同じデザイン(ナビゲーションを含む)にします。
  • 最も人気のある記事や投稿へのリンクのほか、ホームページへのリンクを追加します。
  • 無効なリンクを報告する方法をユーザーに提供することを検討します。
  • この 404 ページがどれほどきれいにデザインされ、役に立つものであっても、Google 検索結果に表示したいとは誰も思わないでしょう。404 ページが Google や他の検索エンジンのインデックスに登録されないようにするため、存在しないページがリクエストされたときにウェブサーバーが実際の 404 HTTP ステータス コードを返すことを確認します。
  • アドレス変更ツールを使用して、Google にサイトの移転を通知します。