URL の変更を伴わないサイト移転

このガイドでは、サイトのホスティング インフラストラクチャを移行するときに Google 検索の掲載結果への影響を最小限に抑える方法について説明します。たとえば、ホスティング プロバイダを切り替える場合や、コンテンツ配信ネットワーク(CDN)に移行する場合などです。このガイドでは、ユーザーに表示される URL には影響を与えない移行のみを対象としています。

概要

  1. サイト移転に関するよくある質問と基本情報を確認する。手順の概要とユーザーや掲載順位に与える影響について確認しておきます。
  2. 新しいホスティング インフラストラクチャを準備する。コンテンツを新しいサーバーにアップロードしたり、CDN サーバーと元のサーバーを設定してテストしたりします。
  3. サイト移転を開始する。ドメイン名の DNS 設定を変更して、新しいホスティング インフラストラクチャを参照するようにします。この手順をもって、サイトが実際に移転されたことになり、トラフィックを新しいインフラストラクチャに送信するプロセスが開始します。
  4. トラフィックを監視する。元のホスティング インフラストラクチャと新しいホスティング インフラストラクチャから配信されるトラフィックを監視します。
  5. シャットダウンする。すべてのユーザーが新しいインフラストラクチャからコンテンツを正しく受信しており、元のインフラストラクチャを使用しているユーザーがいないことが確認できたら、元のホスティング インフラストラクチャをシャットダウンします。

新しいホスティング インフラストラクチャを準備する

このセクションでは、サイト移転を実際に開始する前に行う作業について説明します。

新しいサイトをコピーしてテストする

まず、新しいホスティング プロバイダにサイトのコピーをアップロードします。その後、ユーザーがサイトで行う操作をすべてもれなくテストして、サイトが想定どおりに動作することを確認します。その際は、次の点にご留意ください。

  • ウェブブラウザで新しいサイトを開き、サイトのすべての要素(ウェブページ、画像、フォーム、PDF ファイルなどのダウンロード)を確認します。
  • テスト環境を作成して(IP 制限付きアクセスにするなど)、ウェブサイトを本稼働に移行する前にテスト環境ですべての機能をテストします。
  • 新しいインフラストラクチャに仮のホスト名(beta.example.com など)を付けて、公開テストを行えるようにし、ブラウザでアクセシビリティをテストできるようにします。仮のホスト名を付けると、Googlebot がサイトにアクセスできるかどうかをテストしやすくなります。
  • 可能であれば本稼働トラフィックの量を少なくして、新しいサイトをテストします。

Googlebot が新しいホスティング インフラストラクチャにアクセスできるかどうかを確認する

Search Console アカウントをまだお持ちでない場合は、サイトの新しいアカウントを作成して、Google のアクセスとトラフィックを確認できるようにします。新しいサイトに対して一時的なホスト名を作成した場合は、そのホスト名用のアカウントも作成します。Search Console の URL 検査ツールを使用して、Googlebot が新しいインフラストラクチャにアクセスできることを確認します。

DNS レコードの TTL 値を小さくする

サイトの DNS レコードの TTL 値を小さくすると、サイトの移転がより迅速に進むことがあります。これによって、新しい設定が ISP にすばやく適用されるようになります。DNS 設定は通常、指定された有効期間(TTL)設定に基づいて ISP のキャッシュに保存されています。DNS キャッシュの更新を速くするために、サイトの移転の少なくとも 1 週間前には TTL の値を下げることを検討してください(数時間など)。

Search Console の確認状況を確認する

Search Console の所有権確認機能がサイト移転後も引き続き動作するようにします。

Search Console でサイトの所有権の確認に HTML ファイルによる方法を使用している場合は、サイトの新しいコピーに現在の確認ファイルを必ず含めるようにしてください。

同様に、コンテンツ管理システムのテンプレートにメタタグまたは Google アナリティクスを組み込んで所有権の確認を行っている場合は、新しい CMS コピーに同じものを組み込むようにします。

サイト移転を開始する

移転プロセスは次のとおりです。

  1. クロールの一時的なブロックを削除する。サイトの新しいコピーを作成する際、robots.txt ファイルを使用して Googlebot や他のクローラによるクロールを一切許可しないようにしたり、noindex メタタグまたは HTTP ヘッダーを使用してコンテンツのインデックス登録をブロックしたりすることがあります。移転開始の準備ができたら、サイトの新しいコピーではそのようなブロックをすべて解除するようにしてください。
  2. DNS 設定を更新する。サイトを移転するにはまず、DNS レコードを更新して、新しいホスティング プロバイダを参照するようにします。設定の更新方法についてはお使いの DNS プロバイダにお問い合わせください。DNS キャッシュ設定はキャッシュに保存されているため、更新後のレコードがインターネット上のすべてのユーザーに完全に適用されるまでにはしばらく時間がかかります。

トラフィックを監視する

サイトの移転をスムーズに行うため、次の 3 つのことを行うことをおすすめします。

  • 元のサーバーと新しいサーバーのサーバーログに注意する。
    DNS 設定が全体に適用されてサイトのトラフィックが移行するにつれて、元のサーバーのトラフィックが減り、それに対応して新しいサーバーのトラフィックが増えていきます。
  • 公開されている各種の DNS チェックツールを使用する。
    世界中の ISP 各社が、新しい DNS 設定への更新を適切に反映しているかどうかを確認します。
  • クロールを監視する。
    Search Console でインデックス カバレッジ グラフを監視します。

Googlebot のクロール頻度についての注意事項

移転直後に Googlebot のクロール頻度が一時的に下がるのは通常の動作です。その後数週間かけて徐々に上がっていき、最終的には移行前より高くなることもあります。

このような変動が起こるのは、サイトのクロール頻度が多くのシグナルに基づいて決定されており、ホスティングを変更するとこれらのシグナルが変わるためです。Googlebot は、新しい配信インフラストラクチャにアクセスした際、深刻な問題や遅延が発生しなければ、必要な範囲内でできる限り高速にサイトをクロールしようとします。

元のホスティング インフラをシャットダウンする

元のプロバイダのサーバーログを確認し、元のプロバイダへのトラフィックがゼロになったら、元のホスティング インフラストラクチャをシャットダウンできます。これで、サイトの移転が完了することになります。