雇用主の総合評価

サイトで採用企業のユーザーによる評価を公開する場合は、EmployerAggregateRating 構造化データをサイトに追加する必要があります。EmployerAggregateRating とは、採用企業に対する評価を多数のユーザーから集めたものです。EmployerAggregateRating を追加すると、求職者が仕事を選ぶ際に役立つ情報として、採用企業に関する評価を提供できます。また、Google の求人情報エンリッチ検索において、ブランドが検索結果の目立つ位置に表示されるようになります。

検索結果に表示される雇用主の評価の例

JSON-LD コードを使用した EmployerAggregateRating の例を次に示します。


<html>
  <head>
    <title>World's Best Coffee Shop</title>
    <script type="application/ld+json">
    {
      "@context" : "https://schema.org/",
      "@type": "EmployerAggregateRating",
      "itemReviewed": {
        "@type": "Organization",
        "name" : "World's Best Coffee Shop",
        "sameAs" : "http://www.worlds-best-coffee-shop.example.com"
      },
      "ratingValue": "91",
      "bestRating": "100",
      "worstRating": "1",
      "ratingCount" : "10561"
    }
    </script>
  </head>
  <body>
  </body>
</html>

構造化データを追加する方法

構造化データは、ページに関する情報を提供し、ページ コンテンツを分類するための標準化されたデータ形式です。構造化データを初めて使用する場合は、構造化データの仕組みについてをご覧ください。

構造化データの作成、テスト、リリースの概要は次のとおりです。ウェブページに構造化データを追加するための手順ガイドについては、構造化データの Codelab をご覧ください。

  1. 必須プロパティを追加します。ページ上の構造化データを配置する場所について詳しくは、JSON-LD 構造化データ: ページでの挿入場所をご覧ください。
  2. ガイドラインを遵守します。
  3. リッチリザルト テストでコードを検証します。
  4. 構造化データが含まれているページを数ページ導入し、URL 検査ツールを使用して、Google でページがどのように表示されるかをテストします。Google がページにアクセスでき、robots.txt ファイル、noindex タグ、またはログイン要件によってページがブロックされていないことを確認します。ページが正常に表示される場合は、Google に URL の再クロールを依頼できます。
  5. 今後の変更について Google への情報提供を続けるには、サイトマップを送信することをおすすめします。これは、Search Console Sitemap API で自動化できます。

ガイドライン

求人情報が Google の求人検索で表示されるようにするには、以下のガイドラインに準拠する必要があります。

技術に関するガイドライン

  • EmployerAggregateRating 構造化データを追加したページで、評価がユーザーに表示される状態であることを確認してください。このページに評価コンテンツが含まれていることをユーザーがすぐにわかるようにする必要があります。
  • 提供する評価情報は、なんらかのカテゴリや項目リストに関する情報ではなく、特定の採用企業についての情報とします。たとえば、「最も働きがいのある職場トップ 10」や「テクノロジー企業」は、特定の採用企業を指すものではありません。
  • デフォルトでは、Google はサイトで 5 段階評価(5 が最も高い評価で、1 が最も低い評価)が使われているものと見なしますが、他の評価方法を使用することも可能です。別の評価方法を使う場合は、最高評価と最低評価を指定でき、Google でその評価が 5 段階の星評価に変換されます。

コンテンツ ガイドライン

  • ユーザーが自分自身の評価をサイトに投稿できるようにして、サイトではそうしたユーザーの評価をホストする必要があります。
  • 評価の数は、ユーザーから提供される実際の評価を反映した値でなければなりません。
  • 評価の総得点は、提供された評価から正確に算出する必要があります。

構造化データタイプの定義

ここでは、雇用主の総合評価に関連する構造化データタイプについて説明します。コンテンツがリッチリザルトとして表示されるようにするには、必須プロパティが必要です。

EmployerAggregateRating の定義の全文は schema.org/EmployerAggregateRating で確認できます。

必須プロパティ
itemReviewed

Organization

評価の対象となっている組織。itemReviewed プロパティは、評価対象の会社を表す schema.org/Organization を指す必要があります。 次に例を示します。


{
  "@context" : "https://schema.org/",
  "@type": "EmployerAggregateRating",
  "itemReviewed": {
    "@type": "Organization",
    "name" : "World's Best Coffee Shop",
    "sameAs" : "http://www.worlds-best-coffee-shop.example.com"
  }
}
ratingCount

Number

サイトに表示される、採用企業の評価の総数。ratingCount または reviewCount の少なくとも 1 つは必須です。

ratingValue

Number または Text

数字、分数、またはパーセンテージで、アイテムの質の評価を表す数値(例: 「4」、「60%」、「6/10」)。分数または割合を使用する場合、尺度が認識されます。これは、尺度は分数自体または割合で表されているためです。数字のデフォルトの尺度は 5 段階評価(1 が最小、5 が最高)です。別の尺度にする場合は、bestRatingworstRating を使用します。

reviewCount

Number

レビューを投稿した人の数。評価が関連付けられているかどうかは関係ありません。ratingCount または reviewCount の少なくとも 1 つは必須です。

推奨プロパティ
bestRating

Number

この評価システムで使用できる最大値。bestRating を省略すると、5 であると見なされます。

worstRating

Number

この評価システムで使用できる最小値。worstRating を省略すると、1 であると見なされます。

トラブルシューティング

構造化データを実装する際に問題が発生した場合は、以下のリソースを確認してください。