雇用主の総合評価

サイトで採用側の組織についてユーザーによる評価を公開する場合は、EmployerAggregateRating 構造化データをサイトに追加する必要があります。EmployerAggregateRating とは、採用側の組織に対する評価を多数のユーザーから集めたものです。EmployerAggregateRating を追加すると、求職者が仕事を選ぶ際に役立つ情報として、採用側組織に関する評価を提供できます。また、Google の求人情報エンリッチ検索において、ブランドが検索結果の目立つ位置に表示されるようになります。

たとえば、JSON-LD コードを使用した EmployerAggregateRating は、構造化データ テストツールで次のようになります。

Google の求人情報エンリッチ検索では、採用側の組織に関する評価は以下のように表示されます。

検索結果に表示される、雇用者の評価の例

総合評価を追加する

  1. 雇用主の総合評価を掲載するウェブページが Googlebot でクロール可能である(robots.txt ファイルや robots メタタグで保護されていない)ことを確認します。
  2. Google のガイドラインを遵守していることを確認します。
  3. EmployerAggregateRating 構造化データをウェブページに追加します。
  4. 構造化データ テストツールを使ってコードを検証します。このツールにコードを貼り付けて、[テストを実行] ボタンをクリックしてください。
  5. 構造化データを使ったページをいくつかデプロイしたら、Fetch as Google を使用して、そのページが Google でどのように表示されるかをテストします。ページが Google によりアクセス可能であること、robots.txt や noindex、ログイン要求によってブロックされていないことを確認してください。ページの表示に問題がなければ、このツールを使ってページのインデックス登録をリクエストします。ローカル サーバーでホストされているページや、ファイアウォールの内側にあるページをテストする方法については、こちらをご覧ください。
  6. エラーを監視するには、Search Console でサイトの所有権を確認します。エラー率の著しい変化が Search Console で検出されると、メールで通知される場合があります。
  7. ページがインデックスに登録されたら、Search Console の構造化データ レポートを使用して、エラーがないかどうかと、データが適切に処理されているかどうかを確認します。このとき理想的な状態とは、リッチリザルトや構造化データタイプが増加していて、エラー率が上昇していないことです。
    • 構造化データがエラーなしでクロールされている場合は、サイトマップを更新して、該当のページが Google で定期的にクロールされるようにします。
    • 構造化データに問題が見つかった場合は、その問題を修正してから Fetch As Google で再びテストを実施し、レポートの内容がすべて正常になるまでインデックス登録のリクエストを繰り返します。その後、残りのページをデプロイします。
  8. リッチカードや構造化データのレポートを使用して、エラー率を定期的に監視します。こうした監視は特に、新しいテンプレートをリリースした後や、コードを更新した後に必要です。

ガイドライン

求人情報が Google の求人検索で表示されるようにするには、以下のガイドラインに準拠する必要があります。

技術的ガイドライン

  • EmployerAggregateRating 構造化データを追加したページで、評価がユーザーに表示される状態であることを確認してください。このページに評価コンテンツが含まれていることをユーザーがすぐにわかるようにする必要があります。
  • 提供する評価情報は、なんらかのカテゴリや項目リストに関する情報ではなく、特定の採用側組織についての情報とします。たとえば、「最も働きがいのある職場トップ 10」や「テクノロジー企業」は、特定の採用側組織を指すものではありません。
  • デフォルトでは、Google はサイトで 5 段階評価(5 が最も高い評価で、1 が最も低い評価)が使われているものと見なしますが、他の評価方法を使用することも可能です。別の評価方法を使う場合は、最高評価と最低評価を指定でき、Google でその評価が 5 段階の星評価に変換されます。

コンテンツ ガイドライン

  • ユーザーが自分自身の評価をサイトに投稿できるようにして、サイトではそうしたユーザーの評価をホストする必要があります。
  • 評価の数は、ユーザーから提供される実際の評価を反映した値でなければなりません。
  • 評価の総得点は、提供された評価から正確に算出する必要があります。

構造化データタイプの定義

ここでは、雇用主の総合評価に関連する構造化データタイプについて説明します。

検索結果に表示する構造化データには必須プロパティを含める必要があります。また、推奨プロパティを使用すると、さらに多くの情報を構造化データに追加できるので、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。

EmployerAggregateRating

プロパティ
@type @type"EmployerAggregateRating" に設定します。
bestRating

Number(評価システムが 5 段階評価ではない場合に必須)。bestRating を省略すると、5 であると見なされます。

この評価システムで使用可能な最高値。

itemReviewed

Thing必須

評価の対象となっている組織。itemReviewed プロパティは、評価対象の会社を表す schema.org/Organizaton を指す必要があります。たとえば次のようになります。

{
  "@context" : "http://schema.org/",
  "@type": "EmployerAggregateRating",
  "itemReviewed": {
    "@type": "Organization",
    "name" : "World's Best Coffee Shop",
    "sameAs" : "http://www.worlds-best-coffee-shop.example.com"
  }
}

ratingCount

Number必須

サイトに表示される、採用側組織の評価の総数。

ratingValue

Number必須

採用側組織の質の評価を示す数値。

worstRating

Number(評価システムが 5 段階評価ではない場合に必須)。worstRating を省略すると、1 であると見なされます。

この評価システムで使用可能な最低値。

フィードバックを送信...