Occupation

Occupation 構造化データでは、給与推定額の提供者が、各職種の給与範囲と地域別の平均給与、一般的な福利厚生、応募資格、学歴要件などの詳細を定義し、経験レベルや採用組織などの要因に基づいて集計することができます。

職業の給与推定額やその他の情報を定義するには、以下の schema.org タイプと Google 拡張機能を使用します。

次の JSON-LD の例では、構造化データ テストツールで、給与推定額データを含む簡単な Occupation を示しています。

次の JSON-LD の例では、構造化データ テストツールで、給与推定額データを含む OccupationAggregationByEmployer のやや複雑な例を示しています。

ガイドライン

一般的な構造化データの品質に関するガイドライン技術的ガイドラインに準拠する必要があります。また、Occupation 構造化データには、以下のガイドラインが適用されます。

技術的ガイドライン

  • Occupation 構造化データは独立したデータです。Google に提供する他の構造化データと関連付ける必要はありません。
  • 1 つのウェブページに OccupationOccupationAggregationOccupationAggregationByEmployer のいずれかを 1 つだけ追加します。これらのタイプの定義を 1 つのページに複数追加しないでください。
  • 構造化データとページに表示されるデータに一貫性を持たせるようにしてください。以下に例を挙げます。
    • ページに平均給与のみを表示していて、構造化データにもそれらの値のみが含まれている。
    • 年収を 5 桁の概数に丸めた値をページに掲載し、構造化データでも同じ粒度の値を提供する。
  • ほとんどのプロパティは、特に指定のない限り、定義内に 1 回だけ出現するようにします。
  • 地域によって特性が異なる職業の場合は(たとえば、米国北東部の給与範囲は中西部の給与範囲と異なることがあります)、別々のウェブページを作成し、それぞれに Occupation の定義を記述して、異なる occupationLocation を指定します。
  • 給与推定額の構造化データは、リスティング ページ(職業の一覧を表示するページ)には追加しないでください。
  • ページが変更される場合は、サイトマップを毎日更新してください。

コンテンツ ガイドライン

  • すべての仕事の給与範囲と説明が類似している場合は、同様の職業名をグループ化します。職業名は具体的な名称にする必要がありますが、混乱を招くため、詳細にしすぎないようにしてください。次に例を示します。
    • 範囲を広くしすぎない:

      非推奨例: "Clinical, Counseling, and School Psychologists"

      推奨例: "School Counselor"、"Clinical Psychologist"、"Clinical Therapist"、"Doctor of Psychology"

    • 詳細にしすぎない:

      非推奨例: "Home Health Registered Nurse" と "Registered Nurse (RN)" と "RN - Registered Nurse - Home Health - Travel Nurse"

      推奨例: "Registered Nurse"

構造化データタイプの定義

ここでは、給与推定額に関連する構造化データタイプについて説明します。

構造化データが検索結果に表示されるようにするには、必須プロパティを含める必要があります。必須項目が欠落している Occupation は、拡張された検索結果の対象になりません。また、推奨プロパティを使用すると、さらに多くの情報をマークアップに追加できるので、ユーザー エクスペリエンスの向上につながります。

Google の構造化データ テストツールを使用して、マークアップを検証することができます。

Occupation

Occupation タイプでは、給与推定額、必要なスキル、業務内容など、仕事に関する情報を定義します。Occupation の完全な定義は schema.org/Occupation でご確認いただけます。

プロパティ
@context

必須

@context を "http://schema.org/" に設定します。例:

"@context": "http://schema.org/"
@type

必須

@type を "Occupation" に設定します。例:

"@type": "Occupation"
description

Text推奨

職業の説明。

description では、仕事について詳細に記述します(職務、資格、スキル、業務時間、学歴要件、経験に関する要件など)。

その他のガイドライン:

  • description は、最上位のページだけでなく、ユーザーがアクセスする可能性のあるすべてのリーフページに含めてください。
  • description では、職業を一意に識別し、その職業に伴うものを具体的に説明する必要があります。

    非推奨例: “Internship - An internship is a job training for white collar and professional careers.”

    推奨例: “Data Analyst Intern - An internship working with a data analyst. A data analyst extracts insights from data to help make data driven decisions.”

  • descriptionname を同じにすることはできません。
  • description には採用組織を含めないでください。代わりに hiringOrganization を使用します。
estimatedSalary

MonetaryAmountDistribution の配列、必須

特定の occupationLocation におけるこの職業の給与推定額。パーセンタイルのランクに基づいて給与の範囲か推定給与額を指定する必要があります。

次の例は、推定の給与範囲を示しています。

"estimatedSalary": [{
  "@type": "MonetaryAmountDistribution",
  "name": "base",
  "currency": "USD",
  "unitText": "YEAR",
  "minValue": "100000", // Inherited from QuantitativeValue
  "maxValue": "150000", // Inherited from QuantitativeValue
  "median": "124900" // Inherited from QuantitativeValueDistribution
}]

基本給、ボーナス、その他の形式の金銭的報酬を説明するには、estimatedSalary 配列内で複数の給与を定義します。基本給の指定は必須です。その他の種類の報酬は省略できます。例:

"estimatedSalary": [
  {
    "@type": "MonetaryAmountDistribution",
    "name": "base",
    "currency": "USD",
    "unitText": "YEAR",
    "minValue": "100000",
    "maxValue": "150000",
    "median": "124900"
  }, {
    "@type": "MonetaryAmountDistribution",
    "name": "bonus",
    "currency": "USD",
    "unitText": "YEAR",
    "minValue": "0",
    "maxValue": "34500",
    "median": "4450"
  }
]
mainEntityOfPage

WebPage推奨

給与推定額の情報が作成された日付。lastReviewed フィールドは ISO 8601 形式です。例:

"mainEntityOfPage": {
  "@type": "WebPage",
  "lastReviewed": "2017-07-23T14:20:00-05:00"
}
name

Text必須

職業の名称。このフィールドでは自由形式のテキストを使用できます。例: "Software Engineer"

おすすめの方法:

  • このフィールドには職業の名称のみを指定します。
  • name フィールドには、求人コード、住所、日付、給与、会社名は含めないでください。

    非推奨例: Apply now for IT job -FRENCH speaker in Bucharest

    推奨例: Market Specialist, French speaker

  • 簡潔で読みやすい名称を指定します。
  • 「!」や「*」などの特殊文字を過剰に使用しないでください。特殊文字を濫用すると、マークアップがスパム行為のある構造化マークアップと見なされる可能性があります。数値や、「/」、「-」などの文字は使用できます。

    非推奨例: *** WAREHOUSE HIRING NOW!! ON A BUS ROUTE!! ***

    推奨例: Shipping and Receiving Warehouse Associate

occupationLocation

CityState、または Country の配列、推奨

この職業の記述が適用される地域。地域は都市、都道府県、国レベルで定義できます。例:

"occupationLocation": [
  {
    "@type": "City", // Maximum level of granularity
    "name": "Mountain View"
  }
]

地域は都市より詳細にしないでください。

occupationLocation の値は、給与推定額のリストが作成された場所ではなく、その職業が実際に行われる場所です。

1 つの Occupation タイプに複数の地域がある場合は、次の例のように、occupationLocation の配列内に地域を指定します。

"occupationLocation": [
  {
    "@type": "State",
    "name": "Oregon"
  }, {
    "@type": "State",
    "name": "Washington"
  }
]

職業の給与範囲、学歴要件、資格などのデータは、地域によって異なることがよくあります。これを表現するには、複数のページを定義し、各ページに別々の Occupation 定義と異なる occupationLocation を記述します。

MonetaryAmountDistribution

MonetaryAmountDistribution タイプは、金額の統計的分布です。MonetaryAmountDistribution を使用して、Occupation 定義の給与、ボーナス、その他の金銭的報酬データの統計的分布を定義します。

MonetaryAmountDistribution の完全な定義は schema.org/MonetaryAmountDistribution でご確認いただけます。以下のプロパティに加えて、このタイプは QuantitativeValueDistribution タイプのすべてのプロパティを継承します。

プロパティ
@type

必須

@type を "MonetaryAmountDistribution" に設定します。

currency

Text推奨

値の ISO 4217 の 3 文字の通貨コード。例: "USD"、"CAD"

name

Text必須

値のタイプ。基本給の指定は必須です。その他の種類の報酬は省略できます("Base"、"Bonus"、"Commission" など)。

QuantitativeValueDistribution

QuantitativeValueDistribution タイプは値の統計的分布です。

MonetaryAmountDistribution を使用して Occupation 構造化データの統計的分布を定義します。

以下のプロパティに加えて、このタイプは schema.org の QuantitativeValue タイプのすべてのプロパティを継承します。QuantitativeValueDistribution の完全な定義は schema.org/QuantitativeValueDistribution でご確認いただけます。

プロパティ
@type

必須

@type を "QuantitativeValueDistribution" に設定します。

median

Number推奨

中央値。たとえば、この職業の給与の半分はこの値以下です。

percentile10

Number推奨

10 パーセンタイル値。たとえば、この職業の給与の 10% はこの値以下です。

percentile25

Number推奨

25 パーセンタイル値。たとえば、この職業の給与の 25% はこの値以下です。

percentile75

Number推奨

75 パーセンタイル値。たとえば、この職業の給与の 75% はこの値以下です。

percentile90

Number推奨

90 パーセンタイル値。たとえば、この職業の給与の 90% はこの値以下です。

unitText

Text必須

指定された値の頻度。unitText の一般的な値は次のとおりです。

  • "DAY"
  • "HOUR"
  • "MONTH"
  • "WEEK"
  • "YEAR"

OccupationAggregation

OccupationAggregation タイプは Occupation の拡張で、仕事の一時的な集合としてデータを提供します。たとえば、このタイプで集約する場合、その仕事の福利厚生と最低限必要な経験年数を指定できます。Google が提案した schema.org の新しい拡張機能です。

以下のプロパティに加えて、このタイプは Occupation タイプのすべてのプロパティを継承します。

プロパティ
@context

必須

@context を "http://schema.googleapis.com/" に設定します。

@type

必須

@type を "OccupationAggregation" に設定します。

sampleSize

Number推奨

集計された給与データの要因となっているデータポイントの数。例:

"sampleSize": 42
yearsExperienceMax

Number推奨

この職業で受け入れられる最大の経験年数。たとえば、次の例のように、若手の職務では、最大 5 年間の経験年数を指定することが考えられます。

"yearsExperienceMax": 5
yearsExperienceMin

Number推奨

この職業で受け入れられる最小の経験年数。たとえば、次の例のように、上級の職務では、最低 10 年間の経験年数を求めることが考えられます。

"yearsExperienceMin": 10

OccupationAggregationByEmployer

OccupationAggregationByEmployer タイプは OccupationAggregation の拡張で、雇用主別にグループ化された仕事関連のデータを提供します。たとえば、ある職業グループの業種と採用組織を雇用主別に集約した形で指定できます。Google が提案した schema.org の新しい拡張機能です。

以下のプロパティに加えて、このタイプは Occupation タイプと OccupationAggregation タイプのすべてのプロパティを継承します。

プロパティ
@context

必須

@context を "http://schema.googleapis.com/" に設定します。

@type

必須

@type を "OccupationAggregationByEmployer" に設定します。

hiringOrganization

Organization必須

この職業の職位を提供している組織。@context を "http://schema.org/" に設定します。hiringOrganization には会社名を指定してください(例: “Starbucks, Inc”)。採用地の具体的な住所は含めないでください(例: “Starbucks on Main Street”)。例:

"hiringOrganization": {
  "@context": "http://schema.org/",
  "@type": "Organization",
  "name": "Google, Inc."
}

フィードバックを送信...