よくある質問

PageSpeed Insights の UX スコアとモバイル フレンドリー テストの結果の違いは何ですか?
モバイル フレンドリー テスト(MFT)では Googlebot を使用してページをフェッチします。PageSpeed Insights(PSI)では Googlebot を使用しませんが、実際のユーザーがページをフェッチするのによく似た方法でページをフェッチします。

これは、MFT は robots.txt のルールに従い、PSI は従っていないことを意味します。Googlebot によるページ、JavaScript、CSS、その他のリソースのフェッチがブロックされると、MFT ではページがモバイル フレンドリーかどうかを検出できなくなる可能性があります。

ページが Google 検索のモバイル フレンドリー ラベルの対象かどうかを確認するには、モバイル フレンドリー テストを使用する必要があります。
パソコン用のウェブサイト www.example.com とは別に、モバイル用のサイト m.example.com があります。m.example.com のモバイル用ページに相当するパソコン用ページ www.example.com が存在しない場合はどうしたらよいですか?
パソコン用ページのないモバイル専用のページを作成することはまったく問題ありません(それらのページに、対応していないパソコン用ページへの rel="canonical" を含めないように注意してください)。ただし、モバイル専用ページは、既存のパソコン用ページから共有のインデックス登録シグナルを受け取ることができないため、独自に評価を確立する(たとえば独自のコンテンツを掲載する、サイト内やウェブ上の他のページからたくさんリンクされるようにする)必要がある点に注意してください。
一部のページをレスポンシブ デザインにし、それ以外のページを動的な配信にすることはできますか?
はい、1 つのサイトに複数の設定を使用してもまったく問題ありません。ただし、ページレベルの設定が検索エンジンに正しく伝えてられているかどうか(たとえば、レスポンシブなページに @media only screen and (max-width: 600px) {...} と記述されているかどうか、動的な配信ページで Vary: HTTP ヘッダーが使用されているかどうか)を確認してください。レスポンシブ デザインと動的な配信を同時に使用している(たとえば、レスポンシブだが画像を動的に配信する)場合も、そのページはレスポンシブなページとほぼ同じであるためレスポンシブと見なされます。@media only screen and (max-width: 600px) {...} のマークアップはそのまま残し、Google 用に Vary HTTP ヘッダーを使用する場合はそれも記述してください。レスポンシブな画像を使用する場合は <picture> 要素を含めてください。
モバイル用のウェブサイトとネイティブ アプリの両方があります。何か気を付ける点はありますか?
まず、モバイル用ウェブサイトとネイティブ アプリをビルドする際に、「ディープリンク機能」やコンテンツの特定部分へのポインタを提供する URI を使用することをおすすめします(一方、Flash ボールはホーム画面からのみアクセスできます)。ディープリンクや URI を使用することで、検索やソーシャル メディアでの共有を通じたアクセスが増える可能性があります。また、Google 検索からのネイティブ アプリへのトラフィックを増やすには、Google 検索用 App Indexing をご覧ください。

フィードバックを送信...