新しいカードをプロビジョニングする

新しいカードをプロビジョニングするには、ユーザーが自分のデバイスで認証と関連付けのフローを完了し、外部の学生アカウントを Google ウォレット アカウントにリンクする必要があります。この記事では、そのプロセスの概要を説明します。

Android アプリから Google ウォレットに追加する

次のセクションでは、アカウント プロバイダの Android アプリから Google ウォレットにアカウントを保存するフローについて説明します。

ユーザーフロー

次の図は、Google ウォレットの観点からカードをプロビジョニングするユーザーフローを示しています。

最初の画面では、Google ウォレット スピナーへの接続がユーザーに表示されます。2 つ目の画面で、ユーザーは利用規約に同意して続行します。
図 1: ユーザーがカードのプロビジョニングを開始し、利用規約に同意します。

  • ネットワーク接続と初期サービスが完了するまで、ユーザーにスピナーが表示されます。
  • サービスが完了したら、ユーザーは利用規約に同意してフローを続行します。

最初の画面では、保存用の ID スピナーがユーザーに表示されます。2 つ目の画面では、ID がユーザーのスマートフォンに保存され、成功メッセージが表示されます。
図 2: ユーザー プロビジョニングが完了しました。

  • バックグラウンド サービスの処理中は、スピナーがユーザーに表示されます。
  • サービスが完了すると、成功画面が表示されます。
  • Google ウォレット アプリがデバイスにまだインストールされていない場合は、後続の画面に Google ウォレット アプリのダウンロードを求めるメッセージが表示されることがあります。

要点

  • Google では、Android アプリからのアカウントのリンクにのみ対応しています。他のユースケースをサポートする必要がある場合は、Google の担当者にご確認ください。

  • 選択した Google アカウントにカードがすでに保存されている場合、Google ウォレット アプリでカードを開くためのリンクがユーザーに表示され、そこでカードの詳細を確認できます。

  • カードが、ユーザーがログインしているアカウント以外の Google アカウントに保存されている場合、別の Google アカウントがすでにそのカードを保存していることを示すメッセージがユーザーに表示されます。

  • ユーザーが Google アカウントを持っていないカードを追加しようとすると、アカウントの作成を求めるメッセージが表示されます。Google アカウントの作成後も、フローは通常どおり続行されます。

アプリ API

キャンパス ID フローをサポートするアプリは、Google Play 開発者サービス API と統合する必要があります。

ただし、プロバイダ アプリから Google Play 開発者サービスへのメソッド呼び出しは、Google Play 開発者サービスの一般公開バージョンでは使用できません。その代わりに、プロバイダ アプリのデベロッパーは、特定のメソッドを呼び出すためにカスタム モジュールを追加してアクセスを取得する必要があります。

詳しくは、ご利用のプロバイダにお問い合わせください。