school Are you a developer in an agency in the UK, Indonesia or India? Find out more about our free 2 day Progressive Web Apps training .

Timeline ツールの使い方

アプリケーション実行中のすべてのアクティビティを記録して分析するには、Chrome DevTools の Timeline パネルを使います。 アプリケーションで感じたパフォーマンスの問題の調査を開始する場合は、このパネルが適しています。

Timeline ツール

TL;DR

  • ページの読み込み後またはユーザーの操作後に発生したすべてのイベントを分析するには、Timeline 記録を行います。
  • 概要ペインで FPS、CPU、ネットワーク リクエスト数を表示します。
  • フレーム チャート内のイベントをクリックして、イベントの詳細を表示します。
  • 記録のセクションを拡大して、分析を容易にします。

[Timeline] パネルの概要

[Timeline] パネルは 4 つのペインで構成されます。

  1. コントロール。記録の開始や停止、記録中に取得する情報の設定を行います。
  2. 概要。 ページのパフォーマンスの概要を示します。詳しくは後ほど説明します。
  3. フレームチャート。 CPU スタックトレースを表示します。

フレーム チャートには 1~3 本の点線が縦に表示されることがあります。青い線は DOMContentLoaded イベントを表します。 緑の線は最初のペイントまでの時間を表します。 赤い線は load イベントを表します。

  1. 詳細。イベントを選択すると、そのイベントに関する詳細情報がこのペインに表示されます。 イベントを選択していないときは、選択した期間についての情報がこのペインに表示されます。

注釈付き [Timeline] パネル

概要ペイン

概要ペインは 3 つのグラフから構成されます。

  1. FPS。1 秒あたりのフレーム数。緑色の棒グラフが高いほど、FPS も高くなります。 FPS グラフ上部の赤いブロックは時間がかかっているフレームを示し、問題を含んでいる可能性があります。
  2. CPU。 CPU リソース。この面グラフは、CPU リソースを使用しているイベントの種類を示します。
  3. NET。色分けされた各棒グラフがリソースを表します。棒グラフが長いほど、リソースの取得に時間がかかっています。 棒グラフの色が薄い部分は、待ち時間(リソースがリクエストされてから最初のバイトのダウンロードが終わるまでの時間)を表します。 色の濃い部分は、転送時間(最初のバイトのダウンロードから最後のバイトのダウンロードが終わるまでの時間)を表します。

棒グラフは次のように色分けされます。

  • HTML ファイルはです。
  • スクリプトは黄色です。
  • スタイルシートは紫色です。
  • メディアファイルはです。
  • その他のリソースは灰色です。

概要ペイン、注釈付き

記録

ページの読み込みを記録するには、[Timeline] パネルを開き、記録するページを開いて、そのページを再読み込みします。 [Timeline] パネルはページの再読み込みを自動的に記録します。

ページの操作を記録するには、[Timeline] パネルを開き、記録ボタン(記録ボタン)をクリックするか、キーボード ショートカット Cmd+E(Mac)、Ctrl+E(Windows / Linux)を押します。 記録中、記録ボタンは赤く表示されます。ページの操作を実行後、記録ボタンをクリックするか、キーボード ショートカットをもう一度入力すると、記録が停止します。

記録が完了すると、DevTools によって関連性の高い部分が推測され、その部分が自動的に拡大されます。

記録の使い方

  • 記録はできるだけ短時間にします。通常、記録時間が短いほど分析は簡単です。
  • 不要なアクションは避けます。記録や分析の対象とするアクション以外(マウスのクリック、ネットワークの読み込みなど)は避けるようにします。たとえば、ログイン ボタンをクリック後に発生するイベントを記録する場合は、ページのスクロールやイメージの読み込みなどの操作はしないようにします。
  • ブラウザのキャッシュを無効にします。ネットワーク操作を記録するときは、DevTools の [Settings] パネルまたはNetwork cinditionsドロワーからブラウザのキャッシュを無効にすることをお勧めします。
  • 拡張機能を無効にします。Chrome 拡張機能によって、アプリケーションの Timeline 記録に無関係の操作が加わる可能性があります。 Chrome ウィンドウをシークレット モードで開くか、新しい Chrome ユーザー プロフィールを作成して、現在の環境に拡張機能が含まれないようにします。

記録の詳細表示

フレーム チャートでイベントを選択すると、詳細ペインにそのイベントに関する追加情報が表示されます。

詳細ペイン

[Summary] のように、一部のタブはすべての種類のイベントに表示されます。また、特定の種類のイベントにしか表示されないタブもあります。 各種記録について詳しくは、Timeline イベント リファレンスをご覧ください。

記録中のスクリーンショットの取得

[Timeline] パネルでは、ページの読み込み中にスクリーンショットを取得できます。この機能を「Filmstrip」と呼びます。

記録のスクリーンショットを取得するには、記録を作成する前に、コントロールペインの [Screenshots] チェックボックスをオンにします。 スクリーンショットは概要ペインの下に表示されます。

Filmstrip による Timeline の記録

スクリーンショット ペインまたは概要ペインにマウスカーソルを合わせると、その時点の記録のスクリーンショットが拡大表示されます。 マウスを左右に動かして記録のアニメーションのシミュレーションを行います。

JavaScript のプロファイル

Timeline 記録で JavaScript のスタックを取得するには、[JS Profile] チェックボックスをオンにします。 JS プロファイラを有効にすると、呼び出された JavaScript 関数がフレーム チャートに表示されます。

JS Profile を有効にしたフレームチャート

ペイントのプロファイル

記録を取って Paint イベントに対するインサイトを得るには、[Paint] チェックボックスをオンにします。 ペイントのプロファイリングを有効にして、[Paint] イベントをクリックすると、新しい [Paint Profiler] タブが詳細ペインに表示され、イベントについての詳しい情報が表示されます。

Paint Profiler

レンダリングの設定

DevTools のメインメニューを開き、[More tools]、[Rendering settings] の順に選択してレンダリングの設定にアクセスします。この設定は、ペイントの問題のデバッグに役立ちます。レンダリングの設定は、[Console] ドロワーの隣のタブに表示されます(ドロワーが表示されていない場合は、esc キーを押して表示します)。

レンダリングの設定

記録の検索

イベントを表示中に、ある種類のイベントに注目したい場合があります。たとえば、各 Parse HTML イベントの詳細を表示する必要があるとします。

Timeline にカーソルを合わせた状態で Cmd+F(Mac)、または Ctrl+F(Windows / Linux)を押して、検索ツールバーを開きます。Event など、検査するイベントの種類名を入力します。

ツールバーは現在選択している期間にのみ適用されます。選択した期間外のイベントは結果に含まれません。

上矢印と下矢印を使って、時系列に結果を移動します。先頭の結果は選択した期間に発生した最初のイベントを表し、末尾の結果は最後に発生したイベントを表します。 上矢印または下矢印を押すたびに新しいイベントが選択され、詳細ペインにそのイベントの詳細が表示されます。上矢印や下矢印を押しても、フレーム チャートのイベントをクリックしても同じ結果が得られます。

検索ツールバー

Timeline セクションの拡大表示

記録のセクションの 1 つを拡大表示して簡単に分析できるようにします。概要ペインを使って、記録のセクションの 1 つを拡大します。 拡大後には、同じセクションに合わせてフレーム チャートが自動的に拡大されます。

Timeline 記録のセクションを拡大

Timeline のセクションを拡大するには、以下のいずれかの方法を使用します。

  • 概要ペインで、マウスをドラッグして Timeline の選択範囲を広げます。
  • ルーラー領域で灰色のスライダーを調整します。

セクションの選択後、W キー、A キー、S キー、D キーを使用して選択範囲を調整します。 W キーは拡大、S キーは縮小を行います。 A キーと D キーはそれぞれ左と右に移動します。

記録の保存と読み込み

記録を保存または開くには、概要ペイン内またはフレーム チャートペイン内を右クリックして関連オプションを選択します。

記録の保存と開く