Missed the action at the 2018 Chrome Dev Summit? Catch up with our playlist on the Google Chrome Developers channel on YouTube. Watch now.

サイトで document.write() を使用しない

監査が重要である理由

2G、3G、低速 Wi-Fi など、低速のネットワークに接続している場合は、document.write() で動的に挿入された外部スクリプトによって、メインページのコンテンツ表示が数十秒単位で遅れる場合があります。

詳細は、[Intervening against document.write()][[blog] をご覧ください。

監査に合格する方法

Lighthouse のレポートには、document.write() への呼び出しがリストアップされます。 このリストを確認して、動的にスクリプトを挿入している呼び出しに注意してください。 スクリプトが [Intervening against document.write()][[blog] の導入部分に記載された条件に一致する場合は、挿入されたスクリプトが Chrome で実行されません。 よって、これらの document.write() への呼び出しを変更する必要があります。 解決策については、How do I fix this? をご覧ください。

監査方法

このセクションでは Lighthouse による監査方法と監査スコアの算出方法を説明します。

Lighthouse では、検出された document.write() のインスタンスがすべて報告されます。 なお、Chrome で document.write() が実行されなくなるのは、スクリプトがレンダリングをブロックする場合と動的に挿入された場合のみです。 それ以外のケースでは、document.write() を使用できる場合もあります。