Chrome Dev Summit 2018 is happening now and streaming live on YouTube. Watch now.

サイトの独自リソースに HTTP/2 を使用する

監査が重要である理由

HTTP/2 を使用すると、ページのリソースの読み込み速度が向上し、データ通信量が削減されます。

HTTP/1.1 と比較した HTTP/2 のメリットについては、HTTP/2 Frequently Asked Questions の一覧をご確認ください。

詳細な技術概要については、HTTP/2 の概要をご覧ください。

監査に合格する方法

Lighthouse のレポートでは、HTTP/2 で提供されていないリソースが URLs の下に一覧表示されます。 この監査に合格するには、これらのリソースをすべて HTTP/2 で提供するようにします。

お使いのサーバーで HTTP/2 を有効にする方法については、Setting up HTTP/2 をご覧ください。

監査方法

このセクションでは Lighthouse による監査方法と監査スコアの算出方法を説明します。

Lighthouse では、指定したページと同じホストにあるリソースがすべて収集され、各リソースの HTTP プロトコルのバージョンがチェックされます。

Lighthouse では、その他のホスト上にあるリソースの提供方法は制御不可能とみなされるため、それらのリソースは報告対象から除外されます。