Chrome Dev Summit 2018 is happening now and streaming live on YouTube. Watch now.

操作可能になるタイミング

監査が重要である理由

ユーザーが体感するアプリのパフォーマンスは、ページの読み込み速度に大きく左右されます。 詳細については、Measure Performance with the RAIL Method をご覧ください。

この監査では、ページが表示され、ユーザー操作が可能になるタイミングを特定します。

監査に合格する方法

ページの読み込み時のパフォーマンスを改善する方法ついては、Speed Index の監査に合格する方法で紹介されているリソースをご覧ください。 この「操作可能になるタイミング」のスコアが低いほど、パーフォーマンスが高くなります。

監査方法

このセクションでは Lighthouse による監査方法と監査スコアの算出方法を説明します。

「操作可能になるタイミング」とは、レイアウトが安定して、主要なウェブフォントが表示され、メインスレッドでユーザー入力を処理できる状態になるタイミングとして定義されます。

この測定基準は導入されて間もないため、変更される可能性があることに注意してください。