Missed the action at the 2018 Chrome Dev Summit? Catch up with our playlist on the Google Chrome Developers channel on YouTube. Watch now.

Chromeユーザーエクスペリエンスレポート:新しい国の次元

Powered by Google Translate

Chrome User Experience Report (CrUX)は、実際のユーザーパフォーマンスデータのパブリックデータセットです。我々はレポートをannouncedいるので、最も多く要求されている追加機能の1つは、場所間のユーザーエクスペリエンスの違いをよりよく理解できることです。このフィードバックに基づいて、すべての地域でグローバルな視野を提供する既存のCrUXデータセットを拡張し、別個の国固有のデータセットを追加します。

Map of countries included in the CrUX dataset

たとえば、上のスクリーンショットでは、いくつかの国の4Gと3Gの有効接続タイプの集約密度を比較するクエリを紹介します。興味深いのは、日本で普及している4Gの速度がどのようになっているかを見ることです.3Gの速度はインドでも非常に一般的です。これらのような洞察は、新しい国の次元のおかげで可能になりました。

まず、BigQueryのCrUX projectcountry codecountry_ae (アラブ首長国連邦)からcountry_za (南アフリカ)までのcountry_zaによって整理されたデータセットのリストが表示されます。使い慣れたallデータセットは、まだグローバルな集計パフォーマンスデータを取得するためのものです。各データセット内には、最新のレポート201712から始まる月ごとの表があります。開始方法に関する詳細なウォークスルーについては、更新されたCrUX documentationを参照してください。

この新しいデータを皆様と共有して、ウェブ上でのユーザーエクスペリエンスを向上させる方法でご利用いただけることを嬉しく思います。助けを求めたり、質問をしたり、フィードバックを提供したり、自分の分析結果を共有したり、 CrUX forumに関するディスカッションに参加したりCrUX forumます。 BigQueryの無料層では、あなたの質問に熱意をextra 10 TB freeせることができない場合は、 extra 10 TB freeを提供するプロモーションを実行しています。

rss_feed Subscribe to our RSS or Atom feed and get the latest updates in your favorite feed reader!