Register for this year’s #ChromeDevSummit happening on Nov. 11-12 in San Francisco to learn about the latest features and tools coming to the Web. Request an invite on the Chrome Dev Summit 2019 website

CSSペイントAPI

Powered by Google Translate

Chromeの新しい可能性65 CSS Paint API(「CSSカスタムペイント」または「Houdiniのペイントワークレット」とも呼ばれます)は、デフォルトでChrome Stableで有効になる予定です。それは何ですか?あなたはそれで何ができますか?そしてそれはどのように機能しますか?まあ、読んで、あとで...

CSSペイントAPIを使用すると、CSSプロパティでイメージが必要なときにプログラムでイメージを生成できます。以下のような性質background-imageまたはborder-image通常で使用されているurl()画像ファイルなど、CSSの組み込み関数をロードするためにlinear-gradient() 。それらを使用する代わりに、 paint(myPainter)を使用してpaint(myPainter)を参照できるようになりました。

ペイントワークレットの作成

呼ばれるworklet塗料定義するにはmyPainter 、我々は、使用してCSSペイントworkletファイルをロードする必要がCSS.paintWorklet.addModule('my-paint-worklet.js') 。このファイルでは、 registerPaint関数を使用してペイントワークレットクラスを登録できます。

class MyPainter {
  paint(ctx, geometry, properties) {
    // ...
  }
}

registerPaint('myPainter', MyPainter);

内部paint()コールバック、我々は使用することができますctx私たちがするのと同じ方法CanvasRenderingContext2D私たちからそれを知っているよう<canvas> 。あなたが<canvas>を描く方法を知っている<canvas> 、あなたはペイントワークレットを描くことができます! geometryは私たちがgeometryキャンバスの幅と高さを教えてくれます。 propertiesこの記事の後半で説明します。

初めの例として、チェッカーボードペイントワークレットを作成し、それを<textarea>背景イメージとして使用しましょう。 (デフォルトではサイズ変更が可能なため、テキストエリアを使用しています):

<!-- index.html -->
<!doctype html>
<style>
  textarea {
    background-image: paint(checkerboard);
  }
</style>
<textarea></textarea>
<script>
  CSS.paintWorklet.addModule('checkerboard.js');
</script>
// checkerboard.js
class CheckerboardPainter {
  paint(ctx, geom, properties) {
    // Use `ctx` as if it was a normal canvas
    const colors = ['red', 'green', 'blue'];
    const size = 32;
    for(let y = 0; y < geom.height/size; y++) {
      for(let x = 0; x < geom.width/size; x++) {
        const color = colors[(x + y) % colors.length];
        ctx.beginPath();
        ctx.fillStyle = color;
        ctx.rect(x * size, y * size, size, size);
        ctx.fill();
      }
    }
  }
}

// Register our class under a specific name
registerPaint('checkerboard', CheckerboardPainter);

過去に<canvas>を使用したことがある場合は、このコードを使い慣れているはずです。ここでライブdemo参照してください。


  Textarea with a checkerboard pattern as a background image.

ここで一般的な背景画像を使用するのと異なるのは、ユーザーがテキストエリアのサイズを変更するたびに、パターンが必要に応じて再描画されることです。これは、高密度ディスプレイのための補償を含む、バックグラウンドイメージが常に必要な大きさであることを意味します。

それはかなり涼しいですが、それはまた非常に静的です。私たちが同じパターンを望んでいるのに毎回新しいワークレットを書こうと思っていますか?答えはノーだ!

パラメータ化

幸いなことに、ペイントワークレットは他のCSSプロパティにアクセスできます。追加のパラメータpropertiespropertiesます。クラスに静的なinputProperties属性を与えることで、カスタムプロパティを含むCSSプロパティの変更をサブスクライブすることができます。値は、 propertiesパラメーターを使用してproperties与えられます。

<!-- index.html -->
<!doctype html>
<style>
  textarea {
    /* The paint worklet subscribes to changes of these custom properties. */
    --checkerboard-spacing: 10;
    --checkerboard-size: 32;
    background-image: paint(checkerboard);
  }
</style>
<textarea></textarea>
<script>
  CSS.paintWorklet.addModule('checkerboard.js');
</script>
// checkerboard.js
class CheckerboardPainter {
  // inputProperties returns a list of CSS properties that this paint function gets access to
  static get inputProperties() { return ['--checkerboard-spacing', '--checkerboard-size']; }

  paint(ctx, geom, properties) {
    // Paint worklet uses CSS Typed OM to model the input values.
    // As of now, they are mostly wrappers around strings,
    // but will be augmented to hold more accessible data over time.
    const size = parseInt(properties.get('--checkerboard-size').toString());
    const spacing = parseInt(properties.get('--checkerboard-spacing').toString());
    const colors = ['red', 'green', 'blue'];
    for(let y = 0; y < geom.height/size; y++) {
      for(let x = 0; x < geom.width/size; x++) {
        ctx.fillStyle = colors[(x + y) % colors.length];
        ctx.beginPath();
        ctx.rect(x*(size + spacing), y*(size + spacing), size, size);
        ctx.fill();
      }
    }
  }
}

registerPaint('checkerboard', CheckerboardPainter);

今では、すべての異なる種類のチェッカーボードに同じコードを使用できます。しかし、DevToolsとfiddle with the valuesには、正しい外観が見つかるまで、今すぐに入ることができます。

ペイントワークレットをサポートしていないブラウザ執筆時点では、クロムだけがペイントワークレットを実装しています。他のすべてのブラウザベンダーからの肯定的なシグナルがありますが、それほど進歩はありません。最新の状態に保つには、 Is Houdini Ready Yet?定期的にチェックしてください。その間は、ペイントワークレットのサポートがなくてもコードを実行し続けるためにプログレッシブエンハンスメントを使用してください。正常に動作することを確認するには、CSSとJSの2つの場所でコードを調整する必要があります。

JSのペイントワークレットのサポートを検出するには、 CSSオブジェクトをチェックします。

if ('paintWorklet' in CSS) {
  CSS.paintWorklet.addModule('mystuff.js');
}

CSS側には2つのオプションがあります。あなたは@supportsを使うことができます:

@supports (background: paint(id)) {
  /* ... */
}

よりコンパクトなトリックは、CSSが不明な機能がある場合は、プロパティ宣言全体を無効にし、後でそれを無視するという事実を使用することです。プロパティを二度指定した場合(最初にペイントワークレットなし、次にペイントワークレット)、プログレッシブエンハンスメントが得られます。

textarea {
  background-image: linear-gradient(0, red, blue);
  background-image: paint(myGradient, red, blue);
}

塗料workletのサポートwithブラウザで、第二の宣言background-image最初のものを上書きします。ペイントワークレットをサポートしていないブラウザでは、2番目の宣言は無効であり、最初の宣言が有効なままで破棄されます。

CSSの塗りつぶしポリフィル

多くの用途では、 CSS Paint Polyfillを使用することもできますCSS Paint Polyfill 、CSSのカスタムペイントとペイントワークレットのサポートを最新のブラウザに追加します。

ユースケースペイントワークレットには多くのユースケースがあり、その中のいくつかは他よりも明白です。より明白なものの1つは、ペイントワークレットを使用してDOMのサイズを減らすことです。多くの場合、エレメントは純粋に追加され、CSSを使用して装飾を作成します。例えば、 Material Design Liteでは、リップルエフェクトのあるボタンには、リップル自体を実装するための2つの追加の<span>エレメントが含まれています。たくさんのボタンがあると、DOM要素が非常に多くなり、モバイルでのパフォーマンスが低下する可能性があります。代わりにimplement the ripple effect using paint worklet使用すると、追加要素が0個、塗装ワークレットが1つだけになります。さらに、カスタマイズやパラメータ化がはるかに簡単なものがあります。

ほとんどの場合、ペイントワークレットを使用するソリューションのもう1つのメリットは、ペイントワークレットを使用するソリューションはバイト数が少ないことです。もちろん、トレードオフがあります:キャンバスのサイズやパラメータのいずれかが変更されると、ペイントコードが実行されます。したがって、コードが複雑で時間がかかる場合は、ジャンクを導入する可能性があります。 Chromeはペイントワークレットをメインスレッドから動かすように働いているため、長時間実行しているペイントワークレットであってもメインスレッドの応答性には影響しません。

私にとって、最も興味深いのは、ペイントワークレットが、ブラウザがまだ持っていないCSS機能を効率的にポリフィルすることができるということです。一つの例は、彼らがネイティブにクロムに着陸するまで、ポリフィルconic gradientsです。もう1つの例:CSSミーティングでは、複数の境界線の色を設定できるようになりました。この会議はまだ進行中ですが、私の同僚のIan Kilpatrick wrote a polyfillはこの新しいCSSの動作についてペイントワークレットを使用しています。

「ボックス」外での考えほとんどの人は、ペイントワークレットについて学ぶとき、背景イメージと境界イメージについて考えるようになります。ペイントworkletの一つのあまり直感的なユースケースがあるmask-image DOM要素は任意の形状を持たせます。たとえば、 diamond :


  A DOM element in the shape of a diamond.

mask-imageは、要素のサイズの画像を取ります。マスク画像が透明である領域は、透明である。マスク画像が不透明な領域、要素は不透明です。

今## Chromeで

ペイントワークレットはしばらくChrome Canaryに入っています。 Chrome 65では、デフォルトで有効になっています。先に進んで、ペイントワークレットが開き、あなたが作ったものを私たちに見せてくれる新しい可能性を試してみてください!より多くのインスピレーションのために、 Vincent De Oliveira’s collection見てVincent De Oliveira’s collection

rss_feed Subscribe to our RSS or Atom feed and get the latest updates in your favorite feed reader!