Googleは、黒人コミュニティの人種平等を推進することに取り組んでいます。 方法をご覧ください。
このページは Cloud Translation API によって翻訳されました。
Switch to English

Androidのクイックスタート

ARCoreUnityアプリをAndroidにターゲティングすることから始めましょう。

このガイドでは、開発環境をセットアップしてARCoreサンプルアプリを試す方法を説明します。

要件

ハードウェア

  • ARCore対応デバイス

  • デバイスを開発マシンに接続するためのUSBケーブル

ソフトウェア

  • Unity2017.4.40以降

    • インストール時にAndroidビルドサポートを含めるようにしてください

    • Universal Render Pipeline (旧称Ligthweight Render PipelineまたはLWRP )は、ARCore SDK forUnityではサポートされていません。

    • Unity 2019を使用する場合、次のUnityパッケージが必要です。

      1. マルチプレイヤーHLAPI
      2. XRレガシー入力ヘルパー
  • Unity1.23.0以降のARCoreSDK

  • Android StudioのSDKマネージャーを使用してインストールされたAndroidSDK 7.0(APIレベル24)以降

Unity用ARCoreSDKを入手する

  1. ダウンロードArcoreのSDKは、ユニティ1.23.0以降のために
    SDKはarcore-unity-sdk-1.23.0.unitypackageとしてダウンロードされます。

新しいプロジェクトを作成し、SDKをインポートします

  1. Unityを開き、新しい3Dプロジェクトを作成します。

  2. Unity 2019のみ:[ウィンドウ]> [パッケージマネージャー]を選択し、次のパッケージをインストールします。

    • マルチプレイヤーHLAPICloudAnchorsサンプルで必要)
    • XRレガシー入力ヘルパーTrackedPoseDriverを使用するInstant Previewに必要)
  3. Unity用のARCoreSDKをインポートします。

    1. [アセット]> [パッケージのインポート]> [カスタムパッケージ]を選択します。

    2. ダウンロードしたarcore-unity-sdk-1.23.0.unitypackageを選択します。

    3. [パッケージインポート]ダイアログで、すべてのパッケージオプションが選択されていることを確認し、[インポート]をクリックします。

サンプルシーンを開く

  1. Unityプロジェクトウィンドウで、 HelloARサンプルを次の場所に見つけることができます。
    Assets/GoogleARCore/Examples/HelloAR/Scenes/

プロジェクト設定を構成する

  1. [ファイル]> [ビルド設定]に移動して、 [ビルド設定]ウィンドウを開きます。
  2. プラットフォームの下、アンドロイドを選択して、スイッチのプラットフォームをクリックしてください。
  3. [プレーヤーの設定]をクリックします。
  4. [ Android設定]タブで、次の設定を構成します。
    セクション設定構成
    その他の設定レンダリングAuto GraphicsAPIのチェックを外します
    VulkanGraphicsAPIの下にリストされている場合は、それを削除します。
    マルチスレッドレンダリングマルチスレッドレンダリングを使用するには、このオプションを選択します。

    注意:
    • Android向けにビルドする場合、マルチスレッドレンダリングオプションはARCore SDK for Unity1.17.0以降でサポートされます。ただし、Unity 2018.1以前でこのオプションが有効になっている場合、正面(自分撮り)カメラの使用はサポートされていません。
    • アプリがレンダリングスレッドに高い負荷をかけると、3Dアセットが常に正しくレンダリングされるとは限りません。
    パッケージ名Javaパッケージ名形式を使用して一意のアプリIDを作成します。
    たとえば、 com.example.helloAR使用します。
    スクリプトバックエンド64ビットデバイス用にビルドする場合は、スクリプトバックエンドIL2CPP設定しIL2CPP 。詳細については、 ARCore64ビット要件を参照してください。
    ターゲットアーキテクチャ64ビットデバイス用にビルドする場合は、 ARM64選択します(スクリプトバックエンドIL2CPP設定する必要があります)。詳細については、 ARCore64ビット要件を参照してください。
    最小APIレベルAndroid 7.0'Nougat '(APIレベル24)以降を選択します
    ARオプションアプリの場合、最小APIレベルは14です。
    XR設定ARCoreサポートこのオプションを有効にします。

サンプルアプリをビルドして実行する

  1. デバイスで開発者向けオプションとUSBデバッグ有効にします

  2. デバイスを開発マシンに接続します。

  3. [ Unityビルド設定]ウィンドウで、[ビルドして実行]をクリックします
    UnityはプロジェクトをAndroidAPKにビルドし、デバイスにインストールして起動します。

  4. ARCoreが平面の検出と視覚化を開始するまで、デバイスを移動します。

  5. 飛行機をタップして、AndyAndroidオブジェクトをその上に置きます。

  6. (オプション)使用のAndroid logcatビューログメッセージまたはにAndroidデバイスモニタより包括的デバイスを分析します。

次のステップ