デベロッパー ガイド

このセクションでは、重要な KML 要素に関する補足情報とその使用方法が記載されたページを紹介します。

KMZ ファイル更新
KML ファイルと関連する画像、オーバーレイ、アイコン、音声ファイルを、1 つのエンティティとして投稿やメール送信が可能な 1 つのユニットにパッケージ化(および圧縮)する方法について学びます。
ツアー
Google Earth 5.0 では、ツアーが導入されました。ツアーは KML で制御され、Google Earth 内で時空を自在に行き来できます。ツアー関連の要素は、Google 拡張名前空間に格納されています。ツアー機能に関する要素は、Google の拡張名前空間に格納されます。
標高モード
Google Earth 5.0 では、Google の拡張名前空間に要素を追加することで、clampToSeaFloor と relativeToSeaFloor の標高モードにより、海面下も表示できるようになりました。この章では、従来の地上モードについても説明します。
時間とアニメーション
KML 内のすべてのアイテムには、時間データを関連付けることができます。TimeSpan または TimeStamp の要素を含むアイテムが KML ファイルに記載されている場合、Google Earth には時間スライダが表示されます。ユーザーはスライダと再生ボタンを使用して、時系列全体を「再生」したり、特定の期間を選択して表示したりできます。
カメラ
Camera 要素を使用すると、アイテムの視点を別の方法で指定できます。Camera は、KML 2.2 で追加されたもう 1 つのアイテムである PhotoOverlay でも使用されます。<Camera> ではビューを 6 段階で自由に制御できるため、カメラを空間に配置して、x 軸、y 軸、z 軸を中心に回転させることができます。
写真オーバーレイ
PhotoOverlay 要素を使用すると、Earth 上に写真を地理的に配置できます。また、この PhotoOverlay を表示する Camera の場所と方向を指定することができます。PhotoOverlay は、単純な 2D の長方形だけでなく、一部または全体を円筒状にしたり、全体を球体にしたりしてパノラマを作成できます。PhotoOverlay の ImagePyramid という子要素を使って、Google Earth 上で大きな写真を効率的に処理できます。
KML の Sky データ
Google Earth では天体データを表示できるようになりました。このページでは、天体を表示するように KML ファイルを設定する方法を説明するとともに、標準的な天体座標を変換して Google Earth の Sky モードで表示するコツをご紹介します。
カスタム データの追加
KML アイテムには、カスタム データの種類に応じて 3 通りの方法でカスタム データを追加できます。新しい ExtendedData 要素を使用すると、独自の型なしデータ、型付きデータ、または任意の XML データを KML アイテムに追加できます。Google Earth では、この情報がファイルとともに保存されます。型なしデータと型付きデータには、スタイル テンプレートとバルーンのエンティティ置換に使用できる表示要素が含まれます。
モデル
3 次元のオブジェクトを、独自の座標空間上にモデル化することができます。このオブジェクトは、COLLADA™ ファイルとしてエクスポートでき、さらに Google Earth にインポートして Earth の地表に配置できます。
リージョン
Region では取捨選択と詳細レベルの動作を指定して、Google Earth に表示されるデータを微調整することができます。Region を NetworkLink とともに使用すると、複数のレベルの解像度でデータを「スマート」に読み込むことで、大規模なデータセットをストリーミングできます(スーパーオーバーレイのセクションをご覧ください)。Region を使用して Google Earth のレイヤをシミュレーションすることもできます。
更新
NetworkLink によって読み込まれたデータを、段階的に更新できます。Google Earth に事前に読み込んだ KML データの変更、追加、削除が可能です。
有効期限
このページでは、HTTP ヘッダーと KML の有効期限を使用することで、KML データが古くならないようにする方法を説明します。

フィードバックを送信...

KML(Keyhole Markup Language)