Eventbrite - Google 検索を活用したイベント検索機能により、トラフィックを 100% 向上

課題

Eventbrite は、世界最大のイベント テクノロジー プラットフォームで、180 以上の国や地域で数百万単位のイベントを推進しています。2015 年、Eventbrite の検索エンジン最適化(SEO)チームは、各イベント クリエイターのイベントをオンラインで見やすく、見つけやすくするために、ウェブサイト上で構造化データを活用する取り組みを始めました。このような技術と経験を持っていたため、2017 年 5 月に Google が新しいモバイル向けイベント検索機能の運用を開始した際、Eventbrite は完全に対応することができました。Eventbrite でプロダクト マネージャーを務める Allen Jilo 氏は、「私たちは SEO チームの取り組みに大きな可能性を見いだしていました」と話します。「そして、Google がイベント検索向けに schema.org マークアップを活用し始めた頃、イベントの検索結果の表示が変わったことに気が付きました。私たちは、イベント検索機能を拡充するために Google と密接に協力したいと考えるようになりました」。

解決策

イベント用の構造化データを活用する新しい検索機能により、ユーザーは、Google 検索や Google マップなどの各種サービスでイベントを簡単に発見できるようになります。また、Google 検索のエンリッチ リザルトでは、高度なインタラクティブ機能を利用できることが多く、ユーザーは、Google 検索を離れることなく、特定の操作(イベントの詳細の表示など)を行うことができます。たとえば、ユーザーが「デンバーで行われるコンサート」を検索すると、エンリッチ イベント リザルトに対応している地域であれば、没入型のイベント検索ページが表示されます。

Eventbrite の SEO チームは、イベント用の構造化データをウェブサイト全体で広範に実装する際、Google のイベント ドキュメントに準拠しました。「基本テンプレートを使って作業できたため、実装時間はそれほどかかりませんでした」と Jilo 氏は話します。SEO チームは、構造化データに微調整を加えるだけで済み、このイベント機能が非常に拡張性に優れていることに気が付きました。現在、Eventbrite に公開されているイベントには、すべて構造化データ マークアップが組み込まれており、アメリカ国内のユーザーは、エンリッチ リザルトを通じて、イベントの表示や検索を簡単に行うことができます。また、Eventbrite は、Search Console構造化データ テストツールを使用して、マークアップ データ内のエラーを取り除きました。

SEO チームは、Google が推奨する構造化データ プロパティを追加した後、さまざまなイベントページに対してテストを行いました。Jilo 氏は「構造化データにより、Google 検索の検索結果内で、イベントの日付や、会場、その他重要な情報をわかりやすく、他の検索結果から目立つように表示できるようになりました」と話します。「当初は、どのようなメリットがあるのか正確にはわかっていませんでした」。

結果

イベント検索結果の例

複数の SEO プロジェクトが進行していると、トラフィックや、コンバージョン、売り上げの増加の原因を正確に判断することが難しくなります。しかし、Eventbrite は、Google イベント検索機能の導入が効果的であったと考えています。Jilo 氏は慎重に言葉を選びながら、「新しい検索機能を導入した翌月、Google アナリティクスによると、Google 検索から Eventbrite のイベント リスト ページに至るトラフィックが前年比で約 100% 増加しました」と話します。「エンリッチ検索機能は、間違いなくトラフィックやチケット売り上げの増加に貢献しています」。

「2~3 週間で、Google 検索のイベント検索結果に明確な違いが現れ始めました」と Jilo 氏は話します。「Google 検索機能は、ユーザーの目をイベントページに引き付けるうえで確実に役に立っています。そして、ページを見たユーザーがコンバージョンを行うことで、各イベント クリエイターのチケット売り上げが増加します」。

構造化データを主要なイベントページに実装してきた Eventbrite は、今後の新しいイベントページ タイプでもこの機能を活用しようと考えています。Jilo 氏は「私たちは、新しいタイプのページでもイベント用の構造化データを追加していく予定です」と話します。「新しい Google 検索機能は、間違いなく私たちを大きく前進させるステップになりました」。

フィードバックを送信...