以上で完了です。

開発を始めるには、デベロッパー ドキュメント をご覧下さい。

Google Maps Time Zone API をアクティベートする

まず初めに Google Developers Console で次の作業を行います。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. Google Maps Time Zone API をアクティベートする
  3. 適切なキーを作成する
続ける

スタートガイド

Google Maps Time Zone API は、地表のさまざまな地点のタイム オフセット データを提供します。特定の緯度と経度のペアと、日付におけるタイムゾーン情報をリクエストすると、API はタイムゾーンの名前、UTC からのタイム オフセット、夏時間のオフセットを返します。

リクエストとレスポンスの例

URL 文字列として構成するリクエストを指定して、HTTPS インターフェースから Google Maps Time Zone API にアクセスします。リクエストには、緯度と経度の座標を指定する location、日付を指定する timestamp、および自身の API キーを含めます。

次の例では、2016 年 3 月 15 日の米国ワシントン DC のタイムゾーンを JSON 形式でリクエストしています。

https://maps.googleapis.com/maps/api/timezone/json?location=38.908133,-77.047119&timestamp=1458000000&key=YOUR_API_KEY

この URL をお使いのウェブブラウザに入力して、リクエストをテストできます(‘YOUR_API_KEY’ を実際の API キーに置き換えてください)。レスポンスには、指定した場所と日付 (timestamp) のタイムゾーン データが含まれます。

リクエスト URL の作成と使用可能なパラメータおよびレスポンスの解釈の詳細については、デベロッパー ガイドをご覧ください。

JSON 形式のレスポンス例を次に示します。

{
   "dstOffset" : 3600,
   "rawOffset" : -18000,
   "status" : "OK",
   "timeZoneId" : "America/New_York",
   "timeZoneName" : "Eastern Daylight Time"
}

クライアント ライブラリを使用してコーディングを開始する

クライアント ライブラリでは、認証、リクエスト スロットリング、自動再試行などの一般的なタスクのシンプルなネイティブ実装が提供されているため、Google Maps Web Services API を用いて容易に開発ができます。Google Maps Time Zone API は、Java Client、Python Client、Go Client および Node.js Client for Google Maps Services で使用できます。

認証、割り当て、ポリシー

API をアクティベートして API キーを取得する

Google Maps Time Zone API を使用するには、初めに Google API Console で API をアクティベートして適切な認証資格情報を取得する必要があります。API キープレミアム プランの場合はクライアント ID)はリクエストごとに指定する必要があります。

下のボタンをクリックして手順に従ってください。以下を実行します。

  1. プロジェクトを作成または選択する
  2. API を有効にする
  3. API キーを取得する
キーの取得

認証資格情報の詳細

割り当て

Google Maps Time Zone API に設定されている割り当ての詳細については、使用制限のページをご確認ください。

ポリシー

Google Maps Time Zone API を使用するには、API ポリシーに従う必要があります。

詳細を見る

Time Zone API では、英語(既定値)以外の言語で結果を返すように、言語パラメータも設定できます。その他の例や詳細については、Time Zone API デベロッパー ガイドをご覧ください。

フィードバックを送信...

Google Maps Time Zone API
Google Maps Time Zone API
ご不明な点がありましたら、Google のサポートページをご覧ください。