共有ストレージの概要

無制限のクロスサイト ストレージ書き込みアクセスと、プライバシーに配慮した読み取りアクセスを許可します。

実装ステータス

このドキュメントでは、パーティション分割されていないクロスサイト ストレージの提案である Shared Storage API について概説します。

建议 状态
针对内容选择功能的事件级报告 (selectURL()) 至少可继续使用到 2026 年
针对每个网站设定预算
说明
在 M119 中提供
允许从响应标头写入
说明
GitHub 问题
在 M124 中提供。可在 M119-M123 中手动启用
不公开汇总贡献超时
说明
在 M119 中提供
使用开发者工具调试共享存储空间 Worklet
部分
在 M120 中提供
将共享存储空间的存储空间上限更新为 5MB
说明
在 M124 中提供

この API が必要な理由

クロスサイトのユーザー トラッキングを防ぐため、ブラウザはすべての形式のストレージ(Cookie、localStorage、キャッシュなど)をパーティショニングします。ただし、パーティション分割されていないストレージを使用する正当なユースケースも数多くありますが、これは新しいウェブ API の助けがなければ不可能です。たとえば、コンテンツ制作者はクロスサイト識別子に依存せずに、異なるサイト間のリーチを測定できます。

Shared Storage API を使用すると、サイトはパーティション分割されていないクロスサイト データを保存し、アクセスできます。このデータは、漏洩を防ぐために安全な環境で読み取る必要があります。

共有ストレージ データは、次の 2 つの方法で使用できます。

対象者

Shared Storage API は、さまざまな企業にとってメリットがあります。次に例を示します。

  • 広告テクノロジーは、キャンペーンのリーチの測定、フリークエンシー キャップの設定、クリエイティブのローテーションなど、現在すべてサードパーティ Cookie に依存しています。
  • 決済機関は、ユーザーが既存の顧客かどうかを判断し、購入手続きをカスタマイズできます。
  • Web セキュリティ企業は、疑わしい振る舞いや危険な振る舞いにフラグを付けるカスタム・ロジックを構築できます。

まだ対処していないクロスサイト ストレージ ソリューションをお探しですか?ユースケースを共有します

ユースケース

Shared Storage API は、サードパーティ Cookie の既存の使用方法に代わる多くのユースケースをサポートすることを目的としています。これには以下が該当します。

ユースケース 説明 出力ゲート
広告クリエイティブをローテーションする クリエイティブ ID、表示回数、ユーザー インタラクションなどのデータを保存することで、異なるサイトでどのクリエイティブ ユーザーに表示されるかを決定できます。これにより、視聴回数のバランスを取り、特定のコンテンツが過度に飽和しないようにすることで、ユーザー エクスペリエンスの低下を防ぐことができます。 URL の選択
A/B テストを実施する ユーザーをテスト グループに割り当てて、そのグループを共有ストレージに保存すれば、クロスサイトからアクセスできるようになります。 URL の選択
既知のお客様向けのユーザー エクスペリエンスをカスタマイズする ユーザーの登録ステータスやその他のユーザーのステータスに基づいて、カスタム コンテンツや行動を促すフレーズを共有できます。 URL の選択
不正使用対策 不正防止、不正防止、ウェブ セキュリティを担当する組織は、自動ボットでも実際の人間でも危害を加えるために、独自の手法で悪意のあるユーザーを検出することが多くあります。ここでは、さまざまな戦略をテストできます。たとえば、URL 選択の出力ゲートを使用してユーザーの信頼性評価をエンコードしたり、プライベート アグリゲーションの出力ゲートを使用して異常検出用のデータセットを作成したりできます。 URL の選択、Private Aggregation API
ユニークリーチを測定する 多くのコンテンツ制作者や広告主は、自分のコンテンツを視聴したユニーク ユーザー数を知りたいことがよくあります。共有ストレージを使用すると、ユーザーが広告、埋め込み動画、パブリケーションを最初に見たときのレポートを作成し、別のサイトで同じユーザーが重複してカウントされないようにすることができます。これにより、おおよそのユニークリーチを集計したノイズの多いレポートを作成できます。 Private Aggregation API
ユーザー属性を測定する コンテンツ制作者は多くの場合、視聴者のユーザー属性を把握したいと考えています。共有ストレージを使用して、ユーザー属性データがあるコンテキスト(自社サイトなど)内で記録し、集計レポートを使用して、埋め込みコンテンツなど他の多くのサイトに関するレポートを作成できます。 Private Aggregation API
K+ のフリークエンシー リーチを測定 「効果的な頻度」と表現されることもあります。多くの場合、一定回数以上視聴されたユーザーが特定のコンテンツを認識または想起するまでは、広告視聴のコンテキストでよく使用されます。共有ストレージを使用して、コンテンツを K 回以上見たユニーク ユーザーのレポートを作成できます。 Private Aggregation API

このプロポーザルは、将来起こり得る多くのユースケースをサポートする汎用 API を作成することを目的としています。これにより、さらなるテストと変更が可能になり、ウェブ エコシステムとともに成長できます。

共有ストレージの仕組み

共有ストレージを使用すると、ユーザー情報(ブラウザ履歴やその他の個人情報など)を埋め込みサイトと共有したり、データを自社のサーバーに持ち込んだりすることなく、クロスサイト データに基づいて情報に基づいた意思決定を行うことができます。

localStorage や indexDB などの他の JavaScript ストレージ API と同様に、いつでも共有ストレージに書き込むことができます。他のストレージ API とは異なり、共有ストレージの値を読み取ることができるのは、共有ストレージ ワークレットと呼ばれる安全な環境でのみです。

ワークレットは、ビジネス ロジックを追加する場所です。ワークレット内では、共有ストレージから値を読み取り、処理できますが、ワークレットの呼び出し元に正確な値を直接返すことはできません。ワークレットから有用な情報を抽出するために、一連の「ゲート」を利用できます。利用できるゲートは 2 つですが、今後さらに追加される可能性があります。

使用可能な Shared Storage API 出力ゲートは次のとおりです。

  • クロスサイト URL の選択: 保存されているデータに基づいて指定されたリストから URL を選択するワークレット スクリプトを実行し、そのコンテンツをフェンス付きのフレームでレンダリングできます。
  • Private Aggregation API を使用したノイズの多い集計: ワークレットを実行して、Private Aggregation API を介してクロスサイト データを送信し、概要レポートを返すことができます。

Shared Storage API を試す

テストには、URL 選択の出力ゲート用の Shared Storage API と Private Aggregation の出力ゲートを使用できます。コンテンツ選択は Chrome Canary/Dev/ベータ版 M105 以降でテストでき、Private Aggregation API は Chrome M107 以降の Canary および Dev でテストできます。この API をテストするには、chrome://settings/adPrivacy ですべての広告プライバシー API を有効にします。

デモを使用する

デモが利用可能です。また、GitHub でコードを確認できます。

このデモは、広告主、広告テクノロジー、コンテンツ配信会社、さまざまなパブリッシャーのサイトに情報を保存するその他のサードパーティ サービスの視点から構成されています。このデモでは、ユースケースごとに、パブリッシャー Aパブリッシャー B の両方のサイトで同じ第三者のコードが実行されます。ニュース メディアのページにアクセスして、クロスサイト コンテキストでデータがどのように共有されるかを確認します。

このデモには、コンテンツ選択とプライベート アグリゲーションのユースケースが含まれています。

コンテンツ選択のデモでは、広告クリエイティブをローテーションする既知のユーザーに合わせて使用環境をカスタマイズするA/B テストを実施するのユースケースを使用できます。

プライベート アグリゲーションのデモでは、一意のユニークリーチの測定K+ のフリークエンシー リーチを測定)をプレビューできます。ユーザー属性を測定する

DevTools を使用して共有ストレージ ワークレットをデバッグする

表示しているページから開始された共有ストレージ ワークレットを調べるには、DevTools パネルの [Sources] タブに移動し、[Shared Storage Worklet / Script First Statement] イベント リスナー ブレークポイントを追加します。このブレークポイントにより、起動時に最初のモジュール スクリプトの実行や有効期間の短いワークレットを一時停止します。

イベントレベルのリスナーを追加して、共有ストレージ ワークレットをデバッグする。
ブレークポイントは共有ストレージ ワークレットに追加できます。

また、chrome://inspect/#shared-storage-worklets ページには、すべてのページのアクティブな共有ストレージ ワークレットがすべて表示されます。

対応してフィードバックを共有する

共有ストレージの提案は現在検討中であり、変更される可能性があります 使用できます。この API をお試しいただき、ご意見やご感想がございましたら、ぜひお聞かせください。