復元フローのテスト

サポートされているデバイス間の復元フロー

一部のOEMは、カスタムのデバイス間復元フローを構築します。ブロックストアは、Googleのアカウント転送機能を含む復元フローに対してのみ機能します。これは、ユーザーのIDを確認する方法であるためです。 Googleアカウントの転送は、Google Playサービスを備えたすべてのAndroidデバイスで利用でき、以下に説明するフローを介してアクセスできます。

Googleケーブルの復元

Googleケーブルの復元は、Pixel(およびMotorolaとSharpの新しいモデル)デバイスでサポートされています。 Androidのセットアップ中に、下の画面で[次へ]をタップします。

ケーブル復元フロー中の初期画面
ケーブルの間に図1.初期画面が流れを復元します。

プロンプトに従って、ソースデバイスとターゲットデバイス間のケーブルを接続し、復元に進みます。以下の画面に同意して、Googleアカウントをコピーしてください。

新しい電話にデータをコピーします。
図2.データをコピーあなたの新しい携帯電話に。

Googleアカウントが転送されない場合、ブロックストアデータも転送されません。

サムスンスマートスイッチ

ターゲットデバイスがSamsungGalaxyの場合、復元フローに入るには2つの方法があります。1)初期設定から、または2)設定外でSmartSwitchを起動する方法です。

セットアップからフローを開始するには、下の画面で[次へ]をタップし、指示に従ってデバイス間の復元を完了します。

サムスンスマートスイッチアプリ。
図1.サムスンスマートスイッチのアプリ。

Googleケーブルフローと同様に、Googleアカウントの転送に同意することを確認してください。それ以外の場合、ブロックストアデータは転送されません。

、セットアップ外部からの流れを起動スマートスイッチのアプリを検索して、ソース機器は、サムスンのデバイスでない場合(両方のデバイス上で直接それを起動するためには、あなたからそのデバイス上のスマートスイッチのアプリをインストールする必要がありますプレイストア)。ブロックストアデータはアカウントデータの一部として転送されるため、スマートスイッチフロー中に[転送するデータの選択]画面で[アカウント]が選択されていることを確認する必要があります。

転送するデータを選択します。
転送する2. [データ。

テスト中にSmartSwitchを複数回実行すると、その後の転送でその画面で「アカウント」を選択できない場合があります(オプションはグレー表示されます)。これは、ターゲットデバイスにソースデバイスに存在するすべてのアカウントがすでに存在するためです。 1つの回避策は、ソースデバイスに2つのGoogleアカウントを設定することです。1つはブロックストアプログラムに登録されているアカウント(前提条件を参照)、もう1つは別のアカウントです。新しいスマートスイッチの転送を開始する前に、([設定]> [アカウントとバックアップ>アカウントから)ターゲット・デバイス上の第2のアカウントを削除します。これで、「転送するデータの選択」画面で「アカウント」を選択できるようになります。

Androidワイヤレス復元

GoogleケーブルフローをサポートしていないSamsung以外のOEMの場合は、下の画面で[次へ]をタップします。

ワイヤレス復元フロー中の初期画面。
無線復元流れ中の図1.初期画面を表示します。

次に、次の画面が表示されます。

バックアップ元のデバイスを選択します。
図2.からのバックアップにどのデバイス。

「Android携帯からのバックアップ」を選択します。指示に従って、復元フローを完了します。他のフローと同様に、Googleアカウントの転送に同意することを確認してください。

サポートされているクラウド復元フロー

以下は、デバイスのセットアップ中にGoogleクラウドの復元を実行する手順です。

Googleクラウドの復元

Androidのセットアップ中に、下の画面で[次へ]をタップします。

クラウド復元フロー中の初期画面
雲の間に図1.初期画面が流れを復元します。

次の画面(以下のとおり)で、[古い電話を使用できません]をタップして、クラウド復元フローをトリガーします。 (それはあなたのソースデバイスでバックアップアカウントと同じにする必要がある)Googleアカウントにサインを含め、復元雲を通過するプロンプトに従って、から復元するソースデバイスを選択し、など

クラウド復元フローを開始します
図2は、雲が流れを復元開始します。

復元フロー中に、アプリが復元対象として選択されていることを確認します(下の画面)。

復元するアプリを選択します
図は、復元するために、あなたのアプリを選択ます。

その他の注意事項

  • Googleのアカウント転送を含む復元フローは、カスタムOEM復元フローの前に常に最初に実行されます。疑わしい場合は、使用可能な最初のデバイス間復元フローを選択してください。
  • OEMおよびAndroidのバージョンによっては、画面が異なる場合があります。