Routes API で次世代の Distance Matrix 機能が開始されました(プレビュー版)。

Distance Matrix API リリースノート

これらのリリースノートを登録してください。チャンネル登録

このページは、Distance Matrix API の新しいリリースごとに更新されます。変更履歴には日付別のリリースが一覧表示され、新機能、バグ修正、パフォーマンスの大幅な改善が記載されています。

Distance Matrix API の使用方法については、デベロッパー ガイドをご覧ください。

2015 年 11 月 10 日

機能と改善点

  • API は、過去の平均に基づいて、将来の時間のトラフィックを含む予測移動時間を返すようになりました。これまで、API は移動に要する時間が現時点までの残り時間のみでした。交通状況に基づく予想移動時間を取得するには、出発時刻として「今」または将来の時刻を指定して運転モードを指定します。楽観的、悲観的、または最良の推測(デフォルト)のトラフィック モデルを指定して、移動時間の計算に使用する仮定に影響を与えることもできます。詳しくは、デベロッパー ガイドをご覧ください。
  • スタンダード プランのお客様は、最適な経路と移動時間にアクセスできるようになりました。これまで、この機能は Google Maps Platform プレミアム プランのお客様にのみご利用いただけます。

リリースノートについて

このドキュメントでは、2015 年 11 月以降のリリースについて説明します。Distance Matrix API はその日付より前に存在しており、複数のリリースがありましたが、これらのメモには含まれていません。