Google Places API for Work スタートガイド

以前の Google Maps APIs for Work または Google Maps API for Business ライセンスを所有している方は、Google Places API を Google Places API for Work として購入済みです。 このセクションでは、この API の使用制限、セットアップ、およびレポート機能について説明します。

このページは、以前の Maps APIs for Work または Maps API for Business ライセンスのユーザーのみを対象にしています。このページの内容は、2016 年 1 月から利用可能になった新しい Google Maps APIs Premium Plan のユーザーには適用されません。

はじめに

Google Places API for Work へようこそ。

Google Places API Web Service を使用すると、幅広いカテゴリのプレイスに関する詳細情報にアクセスできます。 プレイスには、商業施設や有名スポットが含まれており、所有者確認済みのリストやユーザー評価を通して頻繁に更新されています。

Google Places API for Work のユーザーは、プレミアム データで説明されている高度なレビューデータにアクセスできます。

Google Places API Web Service の機能の詳細については、デベロッパー ドキュメントをご覧ください。

このページでは、使用開始に必要な情報を提供し、多数の重要なリソースへのリンクも紹介します。

注: Google Places API for Work は、デフォルトでは Google Maps APIs for Work ライセンスに含まれておらず、別途購入していただく必要があります。 営業にお問い合わせください

注: Google Places API for Work ライセンスには、Google Places API Web Service が含まれています。 Google Places API for iOS または Google Places API for Android は含まれていません。 Places API、Mobile API を対象とした Google Maps APIs for Work ライセンスはありません。 Google Maps Mobile SDK for Work に付属している無料の Google Places API for iOS の使用については、Google Maps Mobile SDK for Work - iOS の概要をご覧ください。

認証

Google Places API for Work には、Google API Console でセットアップ可能な API キーが必要です。 この API の認証では、クライアント ID は受け入れられません。

Google Places API for Work の認証の詳細については、認証と承認をご覧ください。

使用制限

Google Places API for Work の制限は、Google API Console に表示される、API の [Quotas] セクションで確認できます。

サポートを受ける

Google Maps APIs for Work ユーザーは Google Cloud Support Portal に加えて、電話サポートおよびメールサポートを利用できます。 連絡先情報については、サポートとリソースのページをご覧ください。